« 芦川から古の峠みちを辿って八坂へ | トップページ | 峠越え、岩尾根登って小持山へ »

2013.04.10

ちょっと遅出で大丹波川から川苔山を周回

B130410a
(大丹波川・荒天後のおかげか水量が多い)

いやぁ先週末は結構荒れましたね。週末の予報からお山は土曜の朝か翌日曜の午後のどちらかしかない、と踏んで、日曜にしましたけど、結果は正解。今回はお花見なのでぐぐたす型式っぽくまとめてみました。

ということでそんな日曜(04/07)は遅出で大丹波から真名井北稜~川苔山~大丹波川の周回コースをアカヤシオの下見を兼ねて歩いてきました。

B130410b
(芽吹きが見事だ)

さて、今回は遅出でもコースだけは変えたくなかったので奥多摩駅からタクシーで大丹波のヘリポートに出て(¥5250・タクシーはダートに入らない為)からのスタート。10分と歩かずに登山口に着いたら、さっそく大丹波川へ下ります。

沢へ下ると、荒天後の晴天とあって空気は澄んで、とにもかくにも木々の芽吹きが見事なこと!沢の水量も多いし、春のエナジー横溢しまくり。とにかく今の時期はそんな中にいるだけで元気がでます。

B130410c
(コガネネコノメ)

B130410d
(アカヤシオ・咲いているが花付きは良くない)

さっそく尾根に取り付くと、出てきましたよあかやしお。早くも下では盛りを過ぎてます(笑)。でもでも・・・花付きは良くないですね。去年だってあまり良くなかったのに今年もかよ、、、と愕然。

でも今年は天候の変化が激しかったから、今後咲き始める標高の高いところのお花も不作とは言いきれないけど、はたしてどうなることやら。

B130410e
(カタクリ)

B130410f
(アカヤシオの樹下にはイワウチワ)

B130410g
(アカヤシオが咲いているのは真名井北稜1002m峰まで)

B130410h
(1002m峰を過ぎたあたり)

小一時間程で着く1002m峰で真名井北稜と合流してもアカヤシオの花はやはり少なめ。この辺りで見頃に入った感じ。その先の1168m峰附近ではまだ蕾でした。

歩き出しは晴れていたのに、この辺りから曇ってきて、赤杭尾根と合流する頃にはなんと雨。でもそれもほんのひとときで、川苔山を前にすると再び晴れてきたのは良かったんですけど、風が強くなったのには参りました。それでも寒さに震える感じでないんですけどね。

B130410i
(アセビ・盛りは過ぎたがまだ咲いている)

B130410j
(川苔山山頂・貸し切り)

B130410k
(遠望は利かないが、日原の山はクッキリ)

荒天でも雨後で午後も遅くなると人気の川苔でもさすがに誰もいません。天気が天気なのでさすがに遠望は利きませんが、近くの尾根山はクッキリ。午後でもこんなにくっきり見えるのも珍しいですね。

それでもそろそろ歩き出そうとしたときに1人上がってきたのはさすがに川苔。丁度良いタイミングでもあったのでそのまま踊平へ向かいました。

B130410l
(マンサク、間に合ったー!)

咲いているか心配してたけど、間に合って良かった。もちもち今年お初です♪

B130410m
(武甲山・大持山方面)

B130410n
(稜線の防火帯は間伐?が入ってスッキリした)

B130410o
(踊平付近・アカヤシオはまだ蕾)

こちらの稜線を歩くのは丸一年ぶりでしょうか。一年の間に防火帯は整理されたようでエラくスッキリしていました。この辺りのアカヤシオはもちろん蕾。残念ながらこちらも花付きは宜しくない感じですね。

稜線は風が強いので踊平に着いたら、早々に大丹波川の方へ下ります。

B130410p
(ハナネコノメ・大丹波川上流部で咲き始め)

B130410q
(バイケイソウも顔を出し始めた)

B130410r
(ツルネコノメソウ)

B130410s
(ハシリドコロ)

B130410t
(フイリヒナスミレ)

B130410u
(ナガバノスミレサイシン)

B130410v
(日差しが入ったのはこの辺りまで)

植林帯を抜けると、さっそく咲き始めのハナネコノメが出てきて、ここから下はお花見ロード。

ただ午後遅いので日差しが入らないのが辛いところだけど、これはしょうがない。この時間でも明るいだけありがたいと思わないといけないですね(笑)。

B130410w
(ヒトリシズカ)

B130410x
(ヤマエンゴサク)

B130410y
(マルバスミレかと思ったらシコクスミレでした)

B130410z
(ヨゴレネコノメ)

B130410aa
(ニリンソウ・曲ヶ谷出合附近でこんな感じ)

ニリンソウはさすがにまだまだで曲ヶ谷出合附近でこんな感じ。結局咲いていたのは下流で一株見かけただけでした。

曲ヶ谷出合附近のアカヤシオもお花は少々寂しい感じ。でもここへ来てはじめて、というかようやく気がついたのですが(笑)ミツバツツジの花が全く見あたりません。今の時期、右岸にはアカヤシオ、左岸にはミツバツツジが咲いているものなんですけど。今年のミツバツツジはかなりの不作のようですね。

B130410ab
(曲ヶ谷出合・水量が多くて見事)

B130410ac
(コチャルメルソウ)

B130410ad
(ヤマネコノメソウ)

B130410ae
(マルバコンロンソウ)

B130410af
(エイザンスミレ)

B130410ag
(林道に出た頃には綺麗に晴れていた)

荒天後で水量が多いせいか途中徒渉チックな箇所があって驚きましたが、うまく飛び石で渡れて一安心。登山口に戻ってみればおおよそ5時間弱と日没前に戻れて、その上目的のお花にもみんな逢えて、無計画な割にかなりうまくいった感じです。

こうもうまくいったんですからタクシー代5千円も惜しくは?ありません??(笑)林道に上がる頃には再びスッキリ晴れ上がって、そんな空のような晴れ晴れとした気分で上日向へ向かったのでした。あー、思い切って歩いて良かった!
  
・・・・・☆
 
◆ 2013.04.07 (Sun)   晴 後 曇 一時 雨
大丹波へリポート 12:00- 大丹波川登山口 12:10- 1002m峰 13:05- 赤杭尾根合流 14:00- 川苔山 14:20/14:30- 踊平 15:10- 獅子口 15:30- 曲ヶ谷出合 16:25- 登山口 16:50- 奥茶屋 17:25- 上日向 17:50
 

|

« 芦川から古の峠みちを辿って八坂へ | トップページ | 峠越え、岩尾根登って小持山へ »

【奥多摩 2013】」カテゴリの記事

コメント

kbさん、

いやいやこうやって午後歩けたのはやはり日が延びましたからね。それが大きいですよ。しかもこちらのバスはなぜか17時以降に3本もあるので(笑)それも大きかった。

こちらはこれからお花の顔ぶれの変化を楽しめますね。

投稿: komado | 2013.04.11 23:51

短い時間でこんなにも沢山の花を見つけ楽しんで
歩かれるのはさすがですね。
真名井北陵のシロヤシオは以前に見て凄かったのですが
アカヤシオやイワウチワも楽しめるなんて知りませんでした。
 いつか機会があれば行きたいですね。

投稿: kb | 2013.04.11 10:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ちょっと遅出で大丹波川から川苔山を周回:

« 芦川から古の峠みちを辿って八坂へ | トップページ | 峠越え、岩尾根登って小持山へ »