« 夏の小金沢連嶺をゆるゆる歩く | トップページ | 花の稜線・白馬岳から朝日岳へ 1 »

2011.07.13

富士山の巨きさを感じる山歩き

B110713a
(宝永山が見えてきた・御殿場口大砂走りの下りしな)

しかし梅雨が明けた途端怖ろしく暑い日が続きますね。先週末は天気も良いし遠出も考えたんですけど、天候が若干不安定そうだったので、ここで思いついたのが近年計画にありながら流れに流れていた富士山のこと。

ということで日曜(07/10)に歩いてきました。今回は河口湖五合目から吉田口を登り、長らく懸案となっていた大砂走りのある御殿場口を降りるコースです。

B110713b
(御坂主稜線と八ツと奥秩父・五合目より)

よくよく考えてみれば富士を歩くのは13年ぶりのこと。近年山ブームになっているので河口湖駅からのバスの人出が気になっていたのですが、まだ時期が早いせいか?御坂方面のバス待ちの時に見かける時と変わらないぐらいで想像よりも少なかったのは意外でしたが、それでも五合目に着くとさすがに凄い人出でした。

河口湖への車中はまだピーカンだったのが、この頃になると雲が出はじめてきたので、まだまだ良好だった↑↑の展望を楽しんでからそそくさとスタート。歩き出しこそスタンプラリーなんかもやっていたみたいで親子連れが多かったものの、それも7合目の手前辺りで終わると、あとはもちろん人はそれなりに多いながらものこれまた意外に少ないなぁ、と言う印象。

B110713c
(フジハタザオ)

でも7月下旬に登山競争があるせいなのかどうか知りませんが、ランナーさんが多いですね。抜かれまくっていたせいもあるでしょうけど、下手するとハイカーと変わらないぐらいの人が入っているような印象すら受けました。

そうこうしていると7合辺りから黒い雲がかかってきてイヤな予感がしていたらじきに雨が。。。それでもザックカバーだけで傘無しでもなんとか歩ける程度だったのは助かりました。というか登りでピーカンに晴れられた方が却ってしんどいので、これは幸運だったのかも。

B110713d
(八合附近より来た道を見下ろす)

それからも突然雨が降ったと思えば晴れて時折展望が開けるのを繰り返す感じで、周囲が開けるともう雲の上にいるのがわかって、それだけでちょっとテンション上がっちゃいます。

ただ8合目を過ぎた辺りからさすがに空気が薄くなるせいか身体というか下肢が重くなってきて、これが低山体質のボクにとってはなかなかしんどく、あとはヘロヘロしながら登っていくしかありません。それでも時折展望が開けた時のこの高度感は富士山独特のもので新鮮ですねぇ。

B110713e
(吉田口山頂・さすがに盛況)

本八合とか五勺とか8合目がやたらに長かったことをすっかり忘れてゲンナリしたものの、そこを越せばもう頂上が見えていることもあって、あっけなく山頂に到着。さすがにこの辺りは凄い人出で大盛況ですね。

この時点でお腹がかなり減っていんですけど、お札は奥宮で買おうと思っていたのでうどんさんもそちらの方で・・・ということで、一息ついただけで剣ヶ峯へ向かうと一気に人が減ってビックリ。

B110713f
(剣ヶ峯へ向かいます)

寄るつもりだった白山岳は鞍部の分岐にロープが張られて通行止めだったのでそのまま先を行きます。雪はもう少しあるかな~と思っていたけどかなり溶けてましたね。道も剣ヶ峯直前のトラバース箇所で残雪が残っているぐらいで通行に支障がない程度。

そんな訳でお鉢が静かだったので剣ヶ峯も思いの外人出が少なく、これなら川苔や御前山の方が全然多いでしょ~~~

B110713g
(剣ヶ峯より)

なんて思ってのんきに奥宮の方へ下ったら、トイレこそあいていたものの奥宮も山頂の小屋もまだ閉まったままでした(笑)。どうやらこの日は富士宮口がまだ通行止め(14日に開通とのこと)だったからのようで、こんなことなら吉田口の山頂で全ての用事を済ませておけば良かったです。。。

しょうがないので手持ちのパンを一つ残して全部お腹に収めたら下山開始。というか個人的にはここからが本番で、これから御殿場口の大砂走りを下るのが個人的にこの日最大の楽しみだったのです。

B110713h
(御殿場口・砂礫の中をひたすらに下る)

富士宮口が表向き通れない上にマイナーな御殿場口ですから、下りはじめると人がごっそりと減りますね。まだガスに捲かれ気味ですが、天気が回復傾向という事もあって、広い斜面を下るのはなかなかの快感です。

そしてようやく青い空が見えてくると登山道と下山道でもある大砂走りとの分岐に出て、そのまま大砂走りを下り始めたんですけど、深い砂礫が良いクッションとなってすいすい下れてコレは楽しいわ~。(^^)

B110713i
(宝永山)

B110713j
(宝永火口と来た道を振り返る)

下るにつれ徐々に晴れていき、様々な形の雲を見下ろしながら、だだっ広いとしか云いようがない広大な斜面をひたすらに下る道のりは、まさにこの日のハイライト。しかも朝はこちらでも雨が降ったようで、砂礫の表面以外は湿っていたお陰でホコリも立たず、ベストコンディションだったと思います。

そしてこちらも楽しみにしていた宝永山はそのフォルムと云い、火口のスケールと云い、実際目の当たりにした姿は想像以上で、雲海を楽しめた事もあって感動的ですらありました。

B110713k
(大砂走りのひとコマ)

宝永山の北の鞍部から大砂走りへ直接下れるショートカットは手持ちのエアリア(2005)には載ってなかったけど、今は載っているのでしょうか。ここの往復が意外にしんどかったのでコレもちょっと有り難かったです。

再び砂走りに戻ったら、あとは一気に五合目を目指す段取り。下るにつれ、ただのなにもない砂礫の斜面にイタドリやフジアザミの緑がぽつぽつ現れてくるとそろそろゴールも間近で、宝永山と同様に長らく気になっていた双子山も今回その姿を間近に見られて感慨も一入。ここは秋になったら歩きたいなぁ。

B110713l
(双子山が見えてくると五合目も近い)

そんな楽しい砂礫下りにもちょっと飽きてきた頃、大石小屋に出て、そこからひと下りで御殿場口の五合目でした。こちらは標高が低いせいなのでしょうね。自販機とトイレしかない普通に駐車場と云った風情で他の登山口とはえらい違いです。そんな訳で帰りのバスも乗客はボクを含めてわずか3名だったのでした。

御殿場口は以前から歩きたかったコースではありましたが、今回の山行きはその下りの好ましさにつきる一日でした。正直上の方はもうどうでも良いのですが(笑)、宝永山とか下の双子山の辺りは涼しくなった秋に再訪したいですね。さすがに足許はホコリだらけでしたけど、あのスケール感が忘れられないです。
 
・・・・・☆
 
◆ 2011.07.10 (Sun)   晴 後 曇 一時 雨
河口湖駅 07:20→ 河口湖口五合目 08:40- 八合(太子館)10:40- 吉田口頂上 12:30- 剣ケ峯 13:00/13:10- 浅間神社奥宮 13:20/13:30- 七合目・大砂走り分岐 14:30- 宝永山 14:50/15:00- 御殿場口新五合目 16:00
 

|

« 夏の小金沢連嶺をゆるゆる歩く | トップページ | 花の稜線・白馬岳から朝日岳へ 1 »

【御坂・天子・富士 2011】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 富士山の巨きさを感じる山歩き:

« 夏の小金沢連嶺をゆるゆる歩く | トップページ | 花の稜線・白馬岳から朝日岳へ 1 »