« 石尾根南面の素晴らしき尾根歩き | トップページ | 奥世附歩道の探訪 その4・水ノ木沢と梅ノ木沢の間を繋ぐ »

2011.01.19

城ヶ尾歩道の完全な完歩へ

B110119a
(まさに白水ノ沢右岸尾根の主、幹周り5mを優に超えるミズナラの大木)

はい今週ももちろん「週刊・世附の廃道」、刊行でございます。(^^)

今回(01/16)は一応完歩としていた城ヶ尾歩道の信玄平~白水ノ沢~白水ノ沢右岸尾根の間(この間は奥野歩道かも知れないし、白石歩道かも知れないけど)の不明部分を確認・トレースしてから、白水ノ沢右岸尾根を登って城ヶ尾山に上がり、鳥ノ胸山への尾根を北へ浦安峠、雑木ノ頭と辿って水晶橋に戻るコースを歩いてきました。

B110119b
(朝の城ヶ尾峠)

今回はかなり珍しくお車でサガセ東沢のゲートがある水晶橋に出てからのスタートだったんですけど、この日はとにかく寒くて、全てを着込んで歩いてもコレが寒くて寒くてなっかなか体が温まりません。

それでも城ヶ尾峠に着いた所で天気は快晴だし、これから南面かつ峠より低い所を歩くし、スズタケの藪歩きもあるので、ここで軽装になったんですけど、峠から信玄平へ下り始めても吹き付ける風は冷たく、体は温まるどころかなおも冷えてくるばかり。

B110119c
(信玄平への道すがらより)

B110119d
(城ヶ尾歩道・4つの林班界である「い・ぬ・り・ろ」地点)

本当は歩き出しの時点で帽子にシェルの手袋をつけて信玄平まで行けば良かったのでしょうけど、それもあとの祭り。信玄平で寒いながらも少し休憩してから奥野歩道と反対に密かに西へ延びている城ヶ尾歩道に入ります。

信玄平から涸沢を渡って↑↑の立木に「い・ぬ・り・ろ」と書いてある4つの林班界地点までは丁度1年前(本当に!)に歩いており、今回はここから白水ノ沢へ下り、白水ノ沢右岸尾根上までの城ヶ尾歩道の道形を確認するのが目的。

B110119e
(城ヶ尾歩道・白水ノ沢に降り立った所)

なのでさっそく西へ下り始めるとまもなく去年見つけた道形が見つかり、さっそく辿ってみたんですけど、「緩くトラバースするもの」と思い込んでいたその道形は結構急降下しながらもトラバース気味に延びていたのは意外で、じきに白水ノ沢が間近になる頃道形が突然途切れて、あれれ??と思っていたら、あとはザレを下って白水ノ沢に降りる段取りでした。

そして白水ノ沢に降りたち、沢の周囲を見渡してみて愕然・・・。そこは去年右岸尾根の方から白水ノ沢へ降りた時とまったく同じ場所(白水ノ沢930m圏二俣)で、今さっき降りてきたザレは去年見た様子から「ここから道が延びていることはないだろう」決めつけていた斜面だったのでした。

B110119f
(城ヶ尾歩道・白水ノ沢右岸側も道形が!)

ということはやはり去年の時点で城ヶ尾歩道をキッチリ辿っていたのかというと、さにあらず。とりあえず確認のために上流側の大滝を確認してから降り立った場所に戻り、そこから登り気味にトラバースしている踏跡を無視して、施業図通りに白水ノ沢に沿って緩く下ってみると、まもなく登り気味にトラバースしている明瞭な道形を発見!

これは・・・と思ってさっそく辿ってみると、スズタケが被るものの道形は明瞭に右岸斜面を登っていて、やはりこれが城ヶ尾歩道でした。やった!やった!

B110119g
(城ヶ尾歩道・白水ノ沢右岸尾根に近づくとこんな所も)

道形はしばらく行くと右岸尾根の素敵な緩斜面を交えつつ行くようになり、この辺りは長い城ヶ尾歩道のハイライトの一つに入るでしょう。

あと道中4m近い大ブナや、右岸尾根に上がる手前辺りでは丹沢ではかなり珍しいであろう5mを優に超えるミズナラの大木(トップの写真)に出逢えたのも大収穫でした。

B110119h
(白水ノ沢右岸尾根のひとコマ)

そして道形はまもなく右岸尾根の主尾根を乗り越し、主尾根を西の枝尾根との間の緩斜面に出た所で城ヶ尾歩道の「完全な完歩」達成!この主尾根と西の枝尾根の間も歩道の候補が3つほどあったのですが、それも今回歩いて解決しました。

この辺りから雲が少々出はじめたし、主尾根と枝尾根の間は広い緩斜面になっていてランチの適所だったので、時間は早めでしたが今回はここでランチ。去年は道を探しまくってこの辺りでのんびりできなかったので、この辺りでのんびりできたのも嬉しかったです。ちょっと寒かったけど(笑)。

B110119i
(白水ノ沢右岸尾根のひとコマ・Part2)

これから後は右岸尾根を白石沢出合へ下ってから、白石歩道~城ヶ尾歩道経由で「この場所」に戻り、それから右岸尾根を登って城ヶ尾山へ向かう八の字周回の予定だったんですけど、この時点でもうお昼だし、このペースでは帰りが遅くなってしまいそう。

なのであれこれ考えた末、ここから直接城ヶ尾山へ登ったら甲相国境稜線を西へ行き、鳥ノ胸山への尾根を浦安峠・雑木ノ頭まで辿って水晶橋へ戻る、というこれも八の字周回なルートに変更しました。

B110119j
(城ヶ尾山への登りはスズタケが健在だが、すでに落葉が始まっている)

白水ノ沢右岸尾根を歩くのは下りに採った3年前の初訪以来でしたが、改めて登りで歩いてみると意外に自然林も多く、緩斜面以外にもいろいろ見所がありますね。

ただご多分に漏れずこの辺りもスズタケが枯れ始めているようで、以前はスズタケがわしわし茂っていた尾根上部はまだ葉っぱこそ残ってはいるものの、落葉が徐々に始まっているようでさほどの労なく尾根上を歩けるようになっていました。

B110119k
(高原状の室久保川側より加入道山・大室山)

そして城ヶ尾山に上がったら、あとは基本的に登山道。鳥ノ胸山への尾根は初めて歩きましたが、こちらもなかなかいい雰囲気ですね。特に↑↑の室久保川側の様子が高原のようで、少々丹沢らしからぬ光景が印象的。

この尾根も一度通しで歩かなければいけないなぁと思いつつ、冷え切った手をさすりながらあとは一路水晶橋を目指したのでした。

B110119l
(雑木ノ頭への道すがら)

とりあえず城ヶ尾歩道完歩記念として過去のリンクをつけておきます。
新緑か紅葉の時期にでも城ヶ尾歩道を通しで一気に歩きたいな。(^^)

☆大栂南東尾根~大栂東尾根
【2010.04.03】
☆大栂東尾根~イデン沢(菰釣沢)~イデン沢940m圏二俣右俣右岸斜面
【2010.01.10】【2010.11.14】
☆イデン沢940m圏二俣右俣右岸斜面~菰釣山シキリ尾根~カワゴノ沢
【2010.03.20】
☆カワゴノ沢(フジモク沢790m圏二俣左俣)~カモオキ沢出合~中ノ丸南尾根~白石沢
【2010.03.27】
☆白石沢~白水ノ沢右岸尾根~信玄平
【2010.01.16】【2011.01.16】 
 
 
城ヶ尾歩道・・・当然の事ながらすでに廃道状態で、これまた当然の事ながら全く万人向けではありません。歩くのはもちろん個人の自由ですけど、歩くにあたっては「地形図とコンパスのみ」で確実な地形判断をできることが必須のスキルです。そして廃道歩きは後々のフォローのことを考えると尾根・沢・藪などの総合的なスキルも求められる、と心得てください。相変わらずしつこいぐらいに余計な世話を焼いているだけなのかもしれませんが、念のため。
 
・・・・・☆
 
◆ 2011.01.16 (Sun)   晴 後 曇
水晶橋 07:45- 城ヶ尾峠 08:35/08:50- 信玄平 09:25- 白水ノ沢 09:55/10:20- 白水ノ沢右岸尾根 11:10/12:20- 城ヶ尾山 13:20/13:35- 浦安峠 14:20- 雑木ノ頭 15:00- 水晶橋 15:45
 

|

« 石尾根南面の素晴らしき尾根歩き | トップページ | 奥世附歩道の探訪 その4・水ノ木沢と梅ノ木沢の間を繋ぐ »

【前道志・道志・丹沢 2011】」カテゴリの記事

コメント

ドブ鼠さん、

ご無沙汰しております。
さっそく拝見しましたけど、確かに去年の四月はニアミスですね。世附で人に会うことは滅多にないので、人を見かけた時はもしかしたら・・・と思っているんですよ。(^_-)

世附はドブ鼠さんの仰るとおり歩道も尾根・沢も本当に楽しいです。そもそも歩く人間を選ぶ所もそうですし、残された自然も魅惑的ですネ。城ヶ尾歩道では結果として二本の5mを超える大木に出逢えましたし。

奥世附歩道の中段歩道、気になりますが施業図を見る限り殆どが植林下なのがアレですね。。。山伏歩道からの分岐が明瞭だったので歩くとしたらそちらからかも。まぁその前に上段のしんどいのを辿らないと・・・(笑)

投稿: komado | 2011.01.26 18:49

かずさん、

いやぁ、白水ノ沢の辺りは初訪の折りの様子から道形を見つけるのは諦めていたんですけど、それでも左岸の植林側のトラバース道が気になっていたので、今回歩いてみて本当によかったです。

今回は城ヶ尾歩道を歩き始めてある意味一番嬉しかった山行きかも。風邪の方はいかがですか?早く直して元気に歩く姿を見たいですよ。(^^)

投稿: komado | 2011.01.26 18:37

komadoさん
世附の歩道は楽しいですね。
信玄平からは植林帯で径を見失い適当にトラバースして、凄い笹漕ぎになりました(No424)。
コメントはしていませんが、大栂付近ではニアミスでした(No559)。
奥世附歩道はやりがいがあると思います、少し違いますが中段歩道?、樅ノ木沢右岸尾根には明瞭な径が横断していました。

投稿: ドブ鼠 | 2011.01.25 20:48

完歩おめでとう!!!
白水ノ沢から道形を見つけたのは、そうとう感動感激したでしょ~?
廃道歩きは、これがおもろい!
この道は廃道になってからどれくらいたつのだろう?って考えるだけでワクワク!

城ヶ尾歩道はこれで終わりだろうけど、別の歩道があるんでしょ?
まだまだお楽しみはこれからやね。

道を切り開いた先人達に感謝&尊敬
どこかでクシャミしているかもね。(笑)

僕は先週から風邪引いてまんねん。
暖房をけちっていたからさ。
komadoちゃんも気をつけてね。
山に行きたくてウズウズ~。
ハハハ…、ハクショ~ン大魔王♪
これ打ってる間も咳が止まら~ん。(笑)

投稿: かず | 2011.01.20 22:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 城ヶ尾歩道の完全な完歩へ:

« 石尾根南面の素晴らしき尾根歩き | トップページ | 奥世附歩道の探訪 その4・水ノ木沢と梅ノ木沢の間を繋ぐ »