« 過去の記事(アーカイヴ)は・・・ | トップページ | カロー谷から滝入ノ峰を登り降り »

2011.01.03

新雪踏みつつ下段歩道、材木小屋尾根へ

B110102a
(材木小屋尾根上部緩斜面のひとコマ)
 
 
あけましておめでとうございます。
今年もみなさん無事に山歩きができることを心より祈っております。
 
 
・・・・・☆

年末はクリスマスの連休に山へ行けなかったせいか山納めは先の世附ではなく、暮れも押し迫った大晦日(12/31)に猟師はいないだろうと踏んで、ちょっと久しぶりの日原でした。

と言う事で今回は4年ぶりに下段歩道から材木小屋尾根に上がり、タワ尾根を金袋山まで下ったら、これまたかなり久しぶりに金袋山から上段歩道・伏木窪の掛小屋跡へ繋がる水源林巡視路~上段歩道で日原に戻るコースを歩いてきました。

B110102b
(下段歩道・雪がうっすら)

さすがに大晦日にもなると電車もバスもガラガラですね。二番バスはボクを含めて3名のみとまぁ気持ちいいぐらい(笑)。そんな訳で歩き出しからお山は貸し切りが決定したようなものです。

モノレール軌道が敷設されてから上段・下段歩道を歩くのは初めてでしたけど、行きは下段歩道なので歩きづらいのも少しの我慢。まもなく人形尾根上の分岐に上がると、長らく通せんぼされていた下段歩道の方にも障害物はなく、噂通り改修された雰囲気が漂っています。

B110102c
(下段歩道・篶坂ノ丸東尾根の掛小屋)

そんな訳で実際歩いてみても新雪の上に落ち葉が積もって足許を慎重に探りながら行くような箇所はあるものの、のっけからして当時改修された4年前よりも歩きやすくなっていました。

初訪の折りは難所だった鈴坂窪の枝沢もまた新たに架け替えられたのか新しい桟道が何事もなくかかっていて、狭いながらも恐怖の高捲きをこなしていた頃なんて今は昔ですね。

B110102d
(下段歩道・犬麦谷との分岐附近)

まもなく想像よりもしっかり残っている篶坂ノ丸東尾根の掛小屋を過ぎると、じきに材木小屋尾根を乗越し、そしていつのまにか日陰ながらも素敵な緩斜面が広がっていてただただビックリ。

この辺りってこんなに良い所だったけなぁ・・・と思いつつゆるゆる行くと、緩斜面の切れる辺りが古い道標の残る犬麦谷の分岐でした。足下に見下ろす緩斜面の様子に日陰ながらもこの辺りちょっと歩き回りたい気持ちになりかけましたけど、それは別の機会にして、ここから材木小屋尾根(の枝尾根)に取り付きました。

B110102e
(材木小屋尾根の1178m峰への登りしな)

尾根に取り付けば後は登るだけなんですけど、新雪と落ち葉の下は凍っていてこれがかなり登りづらい。雪の中を歩くなんて久しぶりだし、上段歩道に上がるまでは急な登りが続くので、この間の登りがこの日一番のしんどい箇所だったかも。

そんな登りをこなし、尾根が緩むと二重山稜状になってまもなく1178m峰、上段歩道を通過。そしてもうひと登りで植林を抜けると、ようやくかの素敵な緩斜面に飛び出しました。

B110102f
(材木小屋尾根上部緩斜面のひとコマ・Part2)

B110102g
(材木小屋尾根上部緩斜面のひとコマ・Part3)

ここまでくれば時間もあるし、しばらくはこの緩斜面をゆるゆる歩きまわっていると、ラッキー!尾根の南側(トップの写真)はすでに雪がない箇所が広がっていてランチ場はココしかないでしょう!と言われている気がしたので、早めでしたが初訪の折りと同じくこの辺りでランチにしました。

しかしこの日は朝からそれなりに寒く、吹き抜ける風はかなり冷たかったのに、この辺りはそんな寒さとは無縁でひたすらに暖かく、積もった落ち葉の心地よさと相まって思わずお昼寝。この日の予定を考えれば二、三時間寝たって余裕がありますし。

B110102h
(緩斜面はまだまだ続きます・^^)

とはいえ寝ている間に雲がかかったか、ちょっと寒くなって目が覚めたので、そのまま起きて歩き出すことに。

なおも続く真っ白な緩斜面に気をよくしつつ、ゆるゆる登っていくとやがて篶坂ノ丸に飛び出しました。

B110102i
(篶坂ノ丸山頂)

B110102j
(タワ尾根・金袋山附近)

近年のタワ尾根はかなり人が入っているので誰か入っているかな?と思ったら、山頂には足跡が無く、タワ尾根も貸し切りだったようです。

あとは周囲の自然林を愛でつつ適当に歩きつつ金袋山へ向かいます。

B110102k
(金袋山~上段歩道の巡視路)

のんびり歩いても20分ほどで金袋山に着いたら後はどう下山するか、なんですけど、毎度毎度タワ尾根を降りるのもなんだし、今回久しぶりに下段歩道を歩いたので、これまた久しぶりに上段歩道の掛小屋跡に降りる巡視路から上段歩道を降りることに。

掛小屋跡に降りる巡視路は花のひかりを始めてからは初めてでしょうか。やはりのっけの伏木窪左岸尾根上部の緩斜面を横切る辺りが素晴らしいですね。午後なので日陰なのが惜しかったけど。

B110102l
(上段歩道・掛小屋跡より先はモノレール軌道が通っている)

道も鈴坂窪の枝沢を前にして折り返す箇所辺りが若干歩きづらいぐらいで、あとはすいすい。

そして掛小屋跡に降り立つと、すぐ下は工事現場になっていて堰堤をつくってらっしゃるのでしょうか。あんな風になっていたんですね。あと帰りの上段歩道は覚悟していた割にはある程度の道の幅が確保されていて思ったよりは歩きやすかったけど、人形尾根を下り始めるとさすがに軌道が道を突き抜けていてかなり歩きづらかったです。

ここのモノレールは水源林に方々設置されているのとは違って簡素なものなので、工事が終わった暁にはおそらく撤去されることでしょうけど、これは予想が当たって欲しいなぁ。。。
 
・・・・・☆
 
◆ 2010.12.31 (Fri)   晴 時々 曇
奥多摩駅 07:25→ 東日原 07:50- 人形尾根取付 08:30- 掛小屋(篶坂ノ丸東尾根)09:15- 犬麦谷分岐 09:40/09:50- 上段歩道 10:30-(途中休憩60分)- 篶坂ノ丸 12:10/12:30- 金袋山 12:50- 掛小屋跡(上段歩道)13:15- 人形尾根取付 13:55- 東日原 14:30
 

|

« 過去の記事(アーカイヴ)は・・・ | トップページ | カロー谷から滝入ノ峰を登り降り »

【奥多摩 2011】」カテゴリの記事

コメント

kbさん、

あけましておめでとうございます。

写真はカメラが撮ってくれるからともかくとして、7年も続けているのに文章の方は上達しないまま。それなのに見て頂いて本当にありがとうざいます。

今年もあまり代わり映えしないと思いますけど(笑)、どうぞよろしくお願い致します。

投稿: komado | 2011.01.04 11:43

明けましておめでとうございます。
魅力のあるコースと写真そして山行文何時も楽しみにしています。
なかなか単独では歩けませんがこのブログを参考にして
機会を見つけて後を追い歩いてみたいです。
今年もよろしくお願いします。

投稿: kb | 2011.01.04 10:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新雪踏みつつ下段歩道、材木小屋尾根へ:

« 過去の記事(アーカイヴ)は・・・ | トップページ | カロー谷から滝入ノ峰を登り降り »