« アカヤシオ、下見で幸いでした。(^^) | トップページ | 新緑うずまく倉沢をぐるりと »

2010.04.26

アカヤシオの下見を兼ねて川苔山の辺りをうろうろ

B100426a
(ウスバ尾根下部・植林下の露岩の急登が続く)

・・・ということで今週(04/25)も結局アカヤシオの下見になってしまいました。(^^ゞ

今回は川乗橋からウスバ尾根の末端が延びる逆川の出合に出て、ウスバ尾根に取り付き、尾根をウスバ乗越まで登ったら、足毛岩に寄って川苔山へ上がり、日向沢ノ峰へ。そのあとは有間山への稜線上にある51号鉄塔(新秩父線)へ降り、そこから巡視路を東へ都県界尾根上の50号鉄塔に出て、そこから適当に西の日向沢林道へトラバース。林道を歩いて踊平に戻ったら獅子口経由で清東橋へ下るという、周辺のアカの様子見目的な少々ややこしいルートで歩いてきました。

B100426b
(ウスバ尾根末端より逆川出合を見下ろす)

さすがに4月下旬にもなると奥多摩もハイカーが増えますね。7時台のバスも続行便が出る盛況ぶり。でもこの人出でかの川苔谷の道を歩くのはかなりキツいものがあるので、今回は逆川の出合に出たらさっさとウスバ尾根に取り付いてしまいました。

ウスバ尾根はほぼ植林オンリーの尾根で、個人的には川苔山への冬期ルート(要はドカ雪が降った時用)としてとっておくつもりだったんですけど、今回ばかりはもうしょうがない。実際に歩いてみても、末端部分を除けばほぼ全編植林で、趣に欠けると言わざるを得ないですね。

B100426c
(足毛岩のアカヤシオは咲き始めたが・・・)

それでも川下側からダイレクトに上がれるので効率はたいへん良く、逆川の出合から足毛岩・川苔山まで二時間かからず歩けるのが唯一の魅力かも知れません。

そして足毛岩に着いたらさっそくアカヤシオの調査ですけど、さすがに咲き始めてはいたものの、花付きはあまり芳しくないです。それでもここでようやく今年マトモに咲いている花に出逢えたので、ここで休憩をかねつつカメラに収めたら、次は川苔山へ向かいます。

B100426d
(川苔山山頂)

着いた時間が少し早かったせいか、川苔の山頂は先客さんが二人のみだったのはラッキーでした。そうそう山頂のベンチも新しくなったんですね。コレは広くてなかなか快適でした。

それでもさすがに川苔。10分もしないうちにハイカーが続々と上がってきたので、早くもおいとまの時間です(笑)。防火帯の尾根を辿って日向沢ノ峰を目指しますが、こういう晴れた日の防火帯歩きはやっぱり楽しいですね。これで道中のアカヤシオの花付きも良ければいいのですが、こちらの方はまだ蕾の上に、花付きは足毛岩よりも宜しくない感じです。(-"-;)

B100426e
(防火帯は楽しいですね・日向沢ノ峰北峰付近)

キリも頃合いも良かったので日向沢ノ峰の南峰でランチにしたのですが、ここでなんとカセージンさんが通りがかって、アカはやっぱり良くないねぇ などなど、しばしお話。天気も良いし、もうあとの行程にも余裕があるので久しぶりにかなり長居していました。

休憩を終えたら、今度は北峰に出てからこれもかなり久しぶりに有間山方面へ下り、51号鉄塔へ。去年、都県界尾根上の50号鉄塔から51号側にアカヤシオのピンクがポツポツ見えたので、アカの生え具合が気になっていたのでした。

B100426f
(51号鉄塔より都県界尾根を望む)

実際にこちら側に来てみるとアカはぼちぼちいましたけど、やっぱり花付きは良くなかったです。鉄塔からの展望を楽しんだら、東へ延びる送電塔の巡視路を辿って都県界尾根上の50号鉄塔を目指します。

この巡視路は初めてでしたが、有間山への尾根もそうだけどスズタケが枯れたりなくなったりして、この辺りもずいぶんスッキリしましたね。エアリアからも破線が消えた白岩沢の径路は、スズタケが枯れたせいでもう道形がわからなくなっていました。

B100426g
(日向沢林道の崩落地点)

都県界尾根の方も当然ながらアカの花付きは良くなかったので(マンサクがまだ咲いていました)、調査は50号鉄塔まででお終い。そしてここから南側に見える日向沢林道へ斜面を適当にトラバースしながら行ったら、コレが上手い事ピタリと林道終点に着いてちょっといい気分でした。

しかし、そんな気分もじきに着いた↑↑の崩落地で吹っ飛びます。当然そのままトラバースはできないので下捲きましたが、これとて常時落石のある斜面の間隙を突いてのトラバースを強いられる大変宜しくないというか、要は甚だ危険な作業でした。まぁここを歩く人なんてほとんどいないでしょうけど。。。

B100426h
(コガネネコノメ)

崩落地を何とか捲き終えたら、ほどなく踊平トンネルに到着。見るばかりだった踊平トンネルもようやく歩けましたが、このトンネルって本当に短いんですね。

あとは踊平に上がって東の獅子口方面へ下り始めます。この道は何年ぶりに歩くのだろう・・・というぐらいに久しぶりだったんですけど、この時期はお花が多いんですねぇ。ヨゴレネコノメや咲き終わりのハナネコノメから始まって

B100426i
(道ばたにはニリンソウが咲き始めていた)

獅子口辺りではコガネネコノメ、ツルネコノメ、ニリンソウ、コチャルメルソウ、エイザンスミレ、ヤマエンゴサクなどなど、そして道の両側を咲き始めのニリンソウが彩るところなんかもあって、なんとも楽しい道のり。

そして久し振りなフタバアオイにより機嫌を良くして、下るにつれ芽吹きが始まる周囲の木々にも心躍らせつつ下っていると、なんと最後の最後で

B100426j
(なんと大丹波川でアカヤシオとは!)

これには↑↑びっくりしました。ここにもいるんですねぇ!咲いている箇所こそ一部分(曲ヶ谷出合附近の岩場)のようですけど、しかも雪をうまく逃れたのか、花付きも充分に綺麗に咲いている様子は、足下のニリンソウもそっちのけでしばし眺めてしまう始末。

踊平までは折角の好天なのに少々ガッカリ気味な気分だったのが、この道だけで大逆転。まだまだ神サマに見捨てられてはいなかったようです。(^^) とはいえアカヤシオに限って言うと900m以下と1100m以上では花付きに明確な差があるのは確かなようで、これはかの2006年の状況を思い出してしまうんですよねぇ。。。

・・・・・☆
 
◆ 2010.04.25 (Sun)   晴 時々 曇
奥多摩駅 07:25→ 川乗橋 07:35- 逆川 川苔谷出合 08:05/08:10- ウスバ乗越 09:20- 足毛岩 09:30/09:45- 川苔山 10:10/10:20- 日向沢ノ峰 11:15/12:20- 新秩父線51号鉄塔 13:35- 50号鉄塔 13:00- 日向沢林道終点 13:15- 踊平 13:45/14:05- 獅子口小屋跡 14:15/14:40- 曲ヶ谷出合 15:25- 登山口 15:50- 清東橋 16:35
 

|

« アカヤシオ、下見で幸いでした。(^^) | トップページ | 新緑うずまく倉沢をぐるりと »

【奥多摩 2010】」カテゴリの記事

コメント

リブルさん、

そうなんですよね。だからウスバ尾根は今まで歩かなかったんですけど、端から見て植林でも実際歩くと楽しいこともあったりするから、決めつけるのはよくないですね。

でも今回ばかりは想像通り。ただいい点を上げれば林の管理を都に任せている所なので手入れがきっちりされていて、倒木等のかの大雪の影響が全く見られませんでした。

あと白をふくめ今後のツツジはほんとうにどうなっちゃうんでしょうねぇ。。。

投稿: komado | 2010.04.29 22:15

奥多摩の方は結構天気良かったのですね。
ウスバ尾根は確かに植林が多いですね。

この冬に大丹波へ行った時は大雪でしたが、あそこにアカヤシオがそんなに咲いているなんて思いもしませんでした。
今年のシロヤシオはどうなのかな...。

投稿: リブル | 2010.04.27 23:48

Hgさん、

いやぁ大丹波川があそこまで楽しいとは想像以上でした。頻繁に入られている理由がよくわかりましたよ。(^^) この日は踊平についた時点でこのまま川苔谷を下ればホリデー快速に間に合うな、とちょっと思いかけていたぐらいだったのをこらえて下って本当によかったです。

きばなのあまなはこの時期逢いたいお花の一つなんですよ。じつは坪山の帰りに普通のを見かけたときも本命はキバナだったんですけど、昔は奥多摩にも群落があったんですね。是非とも復活してくれないかなぁ。。。

投稿: komado | 2010.04.27 23:41

yamyamさん、

こちらこそご無沙汰しております。
曲ヶ谷の出合に出る手前、出合の辺りにピンクの塊が見えたので、こんな所にオオヤマザクラ??と思って近づいてみたらアカヤシオだったのでした(笑)。

でも稜線が稜線だったので、あそこを歩いたお陰で本当に救われましたよ。でもアカに限らず今後のツツジの咲き具合が気がかりですね。

秩父の方はおそらく今年も同じルートでしょう。足下のお花で言えば山よりも麓に近い方に実は楽しい所がいくつかあったりします。

投稿: komado | 2010.04.27 23:32

こんばんわ~。
周辺のアカ状況、だいたい分かりました(^_^)
まともなのは曲ヶ谷出合附近くらいでしたか。
尾根筋のは時ならぬ雪でかなりやられたようですね。

大丹波川沿いの道は、最近花がかなり復活してきて、また楽しくなりました。
自分も3月末から3回入りました。
狙いは一つ、あそこは以前ニリンソウもそうですが
キバナアマナの群落があり、ニリンソウやカタクリもボチボチ復活し始めていますのでこちらもと期待しているのですが、今の所は・・・・
因み消えた主な原因はシカ、ではなく20年くらい前の大水と考えています
アカの時期とも重なりますので、来年行く機会があったらこちらも注意して見てくださいませ。
そして見つけたら是非ご一報を^^;

投稿: Hg | 2010.04.27 22:12

komadoさんおひさしぶりです♪
あそこのアカヤシオ見つけましたか!あんな所にあるとはさぞビックリされたことでしょう!!
あの辺りにはここだけでなくたくさんアカヤシオがありますよ。
ただ、目の前で見ることができるような木はほとんどありませんので、遠くから観賞するだけです。
そして、この木は水辺に一番近いうちの一本だし陽の当たる時間は短いし、標高のわりには毎年遅く咲くようです。
今年は曲ヶ谷に残雪が豊富だったので、特別開花が遅かったのではと思っています。

大丹波川の径路♪
春の沢沿いの花を楽しむにはいい路ですよね。この季節ワタクシは毎年通っています。毎週歩いてもいいくらいです(*^_^*)

秩父のあのお山♪
今年は普通の登山道を歩いてみようかと思っています。
案外こちらもお花を楽しめるようですよ。

ではでは♪♪

投稿: yamyam | 2010.04.27 21:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アカヤシオの下見を兼ねて川苔山の辺りをうろうろ:

« アカヤシオ、下見で幸いでした。(^^) | トップページ | 新緑うずまく倉沢をぐるりと »