« 御坂の主稜線、ようやく完歩 | トップページ | 春の佳き山行き・・・大持山~伊豆ヶ岳 »

2007.04.17

あかやしお、なんとか下見 (^^;;;

B070417a
(橋立川の道すがら)

そおいえば「花のひかり」を始めてからこちらの方を歩くのははじめてだった事に気がつきました。(^^ゞ ということで先週の日曜(04/15)は気がつけば丸四年ぶりだった大持山の辺りをアカヤシオの下見を兼ねての訪問。今回は橋立川からオクスヤマ沢右岸尾根を登路にとって小持山に上がり、大持山~鳥首峠~橋小屋ノ頭~蕨山~大ヨケノ頭と縦走して落合へ降りるコースを歩いてきました。

今回も大日堂行きの一番バスで鍾乳洞前に出たので歩き出しも6時半過ぎという早いスタート。橋立川沿いの林道なんて15年は歩いていなかったんじゃないかなぁ(実は武甲山もそれぐらい訪れていない)。大岩のもとにある橋立鍾乳洞の様子は何となく覚えていたけど、その先で林道はダートに変わり歩いていてももう初めてのような感覚です。

B070417b
(スゲ沢分岐にて)

芽吹きに満開のヤマザクラ、そして咲き始めたヤマブキを愛でながらの林道歩きも小一時間で終わり、林道終点から登山道に入るとすぐに長者屋敷ノ頭へ向かう登山道を左に分けますが、ここは直進してなおも沢沿いに延びる道を辿ります。

長者屋敷の分岐を過ぎるとじきにエアリアで「スゲ沢」とされている沢を桟道で渡り、両岸の迫った箇所を通り抜けてもう一度沢を渡ると河床が広がって右岸側が皆伐された小広い場所に出るのですが、そこにはなんと「スゲ沢分岐」と書かれた道標があってビックリ。ということはこの直前で渡った沢もスゲ沢??さて、どちらが本当のスゲ沢なのでしょうか。

B070417c
(オクスヤマ沢右岸尾根上部にて)

分岐から「武甲山」と書かれた方の道はおそらく長者屋敷ノ頭とシラジクボを結ぶ捲き道に出る道だと思われます。でも沢沿いにも道が延びているようなのでここはもちろん直進。コガネネコノメの咲きだした道はすぐ先で左岸に移り暫くはそれなりに雰囲気のある径路と云うよりは河床歩きが続きます。そして再び右岸に移る頃から右岸側が植林になりましたが雰囲気はそんなに悪くなく、沢には桟道も見受けられて、一応径路も延びているようです。

そしてまもなく出る明瞭な二俣(厳密に言うと三俣だが)がオクスヤマ沢の出合で、ここに延びているのがオクスヤマ沢の右岸尾根。一息ついてから植林と雑木林に分けられた急な尾根をせっせと登っていきます。

B070417d
(大持山からウノタワへの下りしな)

じきに曰くありそうでなさそうな6~7m程の巨岩(上まで登れました)を見てアセビの茂る箇所を過ぎると、尾根が左へカーブする辺りから植林帯に入り、それをすぐに出るとそこはもうシラジクボと小持山を結ぶ稜線の直下。急ながらも妙に広がりのある斜面を登り詰めてポンと稜線に出れば、小持山へはもう一投足。

まずは久しぶりに間近に見た武甲山に挨拶して、周囲のアカヤシオを見てみると・・・あれれ、まだ蕾だよ。しかも蕾はまだ少々堅く、今年は花の咲き方が早かったのでアカヤシオはもう咲いていると思いこんでいただけにかなり意外でした。

B070417e
(ウノタワの広い鞍部)

ということで大持山までの道すがらもアカヤシオが咲いているわけがなく、確実と思いこんでいたカタクリもまだ蕾。これには参ったなぁ・・・と思いつつ大持山はハイカーがポツポツ上がっていたので半ば素通りしてウノタワへ向かいます。

ひと下りして横倉山を過ぎると、ここからがウノタワの辺りまでが奥武蔵で唯一??にして随一と思われるブナの立派な木が並ぶ自然林のプロムナード。下りきったウノタワでここは↑のように本当に広くて気持ちのよい鞍部で、少々早かったのですが今回はこちらでランチ&お昼寝とあいなりました。(^^)

B070417f

休憩を終えたら鳥首峠に下り、橋小屋ノ頭へ向け登り返します。カタクリは鳥首峠の前後でようやく咲き始めな状態で、今回はとりあえず逢えたことに正直ホッとしました。あとこの辺りのピークにはまだまだT.yui氏の標識が健在なんですね。

鳥首峠から一時間程で橋小屋ノ頭に着き、ここでタタラノ頭には寄らず逆川乗越へ降りると、以前慣れ親しんだボロい掘っ建て小屋が撤去されて周囲は随分とスッキリしていました。ここから緩く登り返して蕨山の山頂に寄ってから展望台へ向かうと確かにこの周辺にもアカヤシオがポツポツいました。んが、こちらのも綻びかけてはいたもののやはり蕾。

B070417g
(滝入ノ頭附近だったと思う)

ここで逢えなければもう万事休す。今回は下見の腹づもりだったのに咲いたアカヤシオに逢えないで終わるのか・・・とガックリしながら帰路につきます。藤棚山を過ぎてしばらく下ると、尾根南側に真新しい林道が出来たせいか尾根上の様子もエラく変わっていて、そんな様子に驚いていたら行く先になんかピンクの塊が。。。

どうせミツバツツジだろう、と思って近づいたらなんとそれはアカヤシオ(笑)。アカはここにもいやがったのか!結局大ヨケノ頭までそこそこあって、花の盛りはやや過ぎていたものの今シーズン初のアカヤシオ、充分堪能しました。(^^)

B070417h
(アカヤシオ、大ヨケノ頭附近では盛りをやや過ぎた)

大ヨケノ頭に着き、ここから通せんぼされた南の落合方面へ下り始めるとすぐに先程の真新しい林道に出るのですが、切り立っていてそのまま林道へは降りられません。山頂で通せんぼしていたのはこの為のようです。でもここで大ヨケノ頭に上がる手前にあったマーキングのことを思い出し、西へトラバースしてみると林道へ下る踏み跡を見つけて無事林道に着地。尾根に向かうとそこには小さいながらも真新しい道標がありました。

さっそく下り始めるとこちらにもアカヤシオがミツバツツジと混じる感じでまだありましたが、それもしばらく下るとミツバツツジだけに。そしてそのころから道は尾根を左に外れて電光形に降りはじめ、しばらく降りると再び尾根に復帰。ここは急な斜面の下降を避けるためにつけられた道のようですね。

B070417i
(落合への道すがら、正面は仙岳尾根)

やがて下の県道の音が聞こえてくると有馬小屋跡に出て、古の遺物などをカメラに収めてからひと下りで県道に降り立つとこの日の山歩きはおしまい。でもバスの時間が間近なのでこの日の山行きを反芻するヒマはなく、いそいそ着替えをして再び県道に出ると、あ~っバスが目の前を通り過ぎて行く・・・思わず大声を上げてバスを停め、無事車中の人となりました。

しかし今シーズンは暖冬の影響で開花の進行がかなり早かった(ミツマタはモロにその典型)のに、今回歩いてみたらなんと例年並みになっていて本当に驚きました。おそらく3月下旬以降順調に気温が上がらなかった影響でしょうか。これから咲く花は今までの早春のような感覚でいるとタイミングを外してしまいそうです。しかも今週はかなり寒いし、もしかしたら一昔前の例年並みになったりして。。。(笑)

・・・・・☆

ということでこの日のREPはこちらをご覧くださいませ。<(_ _)>
 

|

« 御坂の主稜線、ようやく完歩 | トップページ | 春の佳き山行き・・・大持山~伊豆ヶ岳 »

【奥秩父・秩父・奥武蔵 2007】」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ。
実は今シーズンは西上州のどこかへは行ってみようと思っていました。
『家の串』ですか、もしかしたら行く鴨?です。
ありがとうございましたm(__)m

投稿: yamyam | 2007.04.20 18:44

いや、奥多摩では岩茸石山だったかな?高水三山のどれか。以前kandaさんの報告がありました(^^)。

これはもう何度も云っていることなんですけど、ボクは長沢背稜・都県界尾根を境にして北関東/南関東の山と分けているんですけど、アカヤシオが同じくその稜線付近を境界にしているのは単なる偶然ではないような気がします。

でもアカを楽しみたかったら本場の北関東へ行かれた方がいいと思いますよ。いろは坂でも普通に見られるぐらいですから。そおいや昔のFYAMAのREPでは「爆咲地帯」とかそんな言葉をみると、どんな様子なんだろう。。。といつも想像してしまいます。

北関東はなかなか行かれないけど、松浦本に載ってしまった(という云い方をさせてください今回だけは・・・)家の串のは一度見てみたいですね。FYAMAで「袈裟丸なんか目じゃない」と言わしめたアカヤシオ、一体どんな天国なんでしょう。

投稿: komado | 2007.04.19 23:49

隠れた名所??じゃ大袈裟でしたね(-_-;)
o、昨年は少し遅すぎたので今年は花期に。。
komadoさんが歩いて見ているのはsですよね。
隣のgも岩がちな尾根なのでもしかしたらある鴨?
あとk滝周辺にもあるんじゃないかなぁ?と思っているのです。

アカヤシオのある標高。今まで調べていたんですが、下は福島県では600mでもあるようです。奥多摩だと900m位から??
上は栃木県でも1600m位まではあるようですね。そうすると奥多摩ではもう少し上までありますか??そうだとすればもう少し西も調査してみようかな。

ba_sobu さん、これで想像してみて下さいm(__)m


投稿: yamyam | 2007.04.18 23:09

そおいや、アカヤシオの花期に真名井北稜を歩いたことがないわ。。。しかし「近年の早め」ならあの時期に咲きだしても不思議ではないので、この三週間程で一気に遅くなったんでしょうね。

あの辺りでアカがいるのは小持~大持附近と蕨山の展望台(ここは初めて確認)でその間は不思議といないんですよね~。まぁもしかすると武甲や武川の辺りにはいるのかも知れないけど花期にはあるいたことがないので。。。見たことないけど伊豆ヶ岳にもいるらしい。

でもなんとか咲いているのに逢えたお陰で、だいたいの時期が予測できたのはやっぱり大きいです。ボクの本チャンはもちろんいつもの所ですけど、今シーズンは長沢背稜のも見れたらいいなぁ。。。とは思っています(^^)。隠れた名所はoかな??

投稿: komado | 2007.04.18 19:25

>私もしばらくは奥多摩のアカヤシオの名所&隠れた名所?行ってみようと思っています

こっそり 教えてくらはりませ。 

投稿: ba_sobu | 2007.04.18 01:00

こんばんわ。
アカヤシオ。ってことなので秩父だろう?とは思ってました。
私は土、日と川苔山。土曜日はウスバ尾根を登ったししていたのでアカヤシオには逢えませんでしたが、日曜日は出逢いが確実な真名井北陵を途中からですが登りました。

寒い頃に蕨山~鳥首峠、歩いたのですがあの辺りにもアカヤシオあったのですね。ツツジ系は多そうだなぁとは思ってたのですが、当時種類はわかりませんでした。でも、先週では蕨山でも標高が高すぎたんでしょうね?

私もしばらくは奥多摩のアカヤシオの名所&隠れた名所?行ってみようと思っています!!

投稿: yamyam | 2007.04.18 00:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あかやしお、なんとか下見 (^^;;;:

« 御坂の主稜線、ようやく完歩 | トップページ | 春の佳き山行き・・・大持山~伊豆ヶ岳 »