« さぁ~て | トップページ | ブナ美しき、菰釣山~屏風岩山 »

2007.03.26

綱子川の山稜を巡る

B070326a
(灌木が芽吹きはじめた・峰山の下りしな)

さて週末は二年ぶりにミツマタ山行を予定していたんですけど、どうも週末の天気がよろしくありません。今年の花の進行を考えるとミツマタはおそらく見頃なんだろうけど、日曜は確実に雨の感じ。

そして土曜(03/24)も午後から雨だと云うしコースに藪も絡めてあったのでここは泣く泣くヤメにして、早朝から歩けて何かあってもすぐに逃げられる山と・・・ということでここのところ掲示板の方でも随分話題に上っている道志の東端に近い峰山や入道丸、そして大平山など、綱子川を巡る山稜を一気に歩いてきました。

B070326b
(414m峰北東にある神社)

やはり藤野は近いですね。極端な早起きしなくても奥牧野行きの一番バスを楽に捉えられます。貸し切りのバスを小津久で降りてもまだ6時半過ぎ。目の前にいっちゃんさんの道標があって尾根上には明瞭な切り開きが延びていました。

道は地形図にも書かれている神社までおおむね破線通りについていて、千羽鶴やお面も置かれてあった神社に参拝してから先を行くと、若干灌木が被る箇所があるものの踏跡は明瞭で楽に行けます。

B070326c
(峰山より・左は大室山、右端は入道丸)

じきに414m峰で舟久保からの登山道と合流するとグッと歩きやすくなり、その先で合わさる大鐘からの道はしっかりした完全な登山道で、あとは峰山を目指す段取り。キブシやカンスゲはようやく今年お初でした。

峰山に上がり山頂の古峯神社に参拝してから南の切り開きに出ると、あらなんと富士山が。朝からほとんど曇っていて富士なんて全く期待していなかったのに、これはちょっと嬉しかったです。

B070326d

その上、峰山から下り出すと日も差し込むようになり、灌木の芽吹きがはじまった雑木林の尾根が一気に明るく、そして春らしくなります。ダンコウバイは盛りを過ぎたけどまだまだ健在、そしてこれまたお初なタチツボスミレに喜んでいたらそのまま小舟の方へ行ってしまい、慌てて引き返してなおも尾根道を辿ります。

そして送電塔に出ると右手には行く先の入道丸に県界尾根が間近に見えますが、結構遠いな。でもこの辺り目立たないけどフサザクラが満開ですぐ先のピークに上がると石砂山からの東海自然歩道と合流。

B070326e
(道志主稜・東海自然歩道501m峰附近にて)

自然歩道と合流してから501m峰を越え天神峠へ下るまでが雰囲気の良い雑木のみちだったのに、南側の採石場の音が凄くてそれが惜しかったと云うよりちょっと残念。その雑木道も天神峠の直前で植林に変わり、自然歩道と離れて舟山(587m)に登ってみるとそこには祠がありました。

舟山から急降下して西の車道へ下るとここで舟山を捲いてきた東海自然歩道ともお別れ。とはいえ西方向へも道標があって取り付いてみれば至って明瞭な道筋が延びていました。ここで再び雑木の道のもと春の花々との再会を果たしているうちにあれれここは道標のある十字路、平野峠に出てしまいました。

B070326f
(今回のランチ場は西の県界ピーク)

時間はまだ10時半過ぎだったのですが、向かいの入道丸は植林に覆われていてどうも休めそうな感じではないので、ここでなおも主稜を西へ行くとすぐ先に雑木の良いピークがあり、そこで早めのランチと相成りました。

今回は行程的にもう余裕ありありだったので思いっきりのんびりしようと思ったら、なんと日差しがいつのまにやら遮られ、暗い雲が覆い、そして風も吹きはじめたので慌てて切り上げて再出発。入道丸への尾根が分かれる東の県界ピークに戻ってから北へ延びる県界尾根の急斜面を下ると右から平野峠の道と合流。15分ほどで入道丸に出ます。

B070326g

峰山の方から県界尾根を見ると植林ばかりのように見えたのですが実際は雑木林も多く、雰囲気は悪くありません。綱子峠を過ぎるとさすがに藪が絡んできましたけどさほどのこともなく、ダンコウバイやキブシ、フサザクラにマンサクなどなど目立たない春の花々を見つけながら、そして愛でながらの道のりは楽しいです。

大平山を過ぎて416m峰に着けばさてここからが本番だ、と思っていたら尾根上は防火帯のように切られていてビックリ。綱子川対岸の舟久保の辺りを見下ろしながら歩くと尾根は一度急な局面に差し掛かりますが、緩くなって雑木の広がりに変わるともうそこは尾根の末端でした。その先は切り立っておりそのまま綱子川へ降りられなかったので広くなった周囲をよく見てみると、そこから西方向へ広い道筋らしきものが下っており、試しに辿ってみたら無事綱子川に降り立ちました。

B070326h
(県界尾根416m峰附近は防火帯?が切られていた)

そこはすぐ下が秋山川との出合になっており、対岸に渡ると薄い踏み跡がついていて一安心。登り切ると舟久保と奥牧野を結ぶ道に出ました。途中で見かけた神社で道中の無事を感謝して、立派で素敵な木の吊り橋(前川橋)で秋山川を渡ればすぐ先が奥牧野のバス転回場。終わってみれば余計な車道歩きの少ない山行きでもありました。(^^)

道志でもムギチロ以東は初めて訪れましたが、雑木林も多くお花も見られてなかなか楽しい山行き、というかこの日がボクにとって本当の意味での春山初日になりました。こちらの方はどうしても早春に集中しちゃってるけど、機会があったら他の時期にも歩いてみたいですね。

・・・・・☆

ということで、この日のREPはこちらをご覧くださいませ。<(_ _)>
 

|

« さぁ~て | トップページ | ブナ美しき、菰釣山~屏風岩山 »

【前道志・道志・丹沢 2007】」カテゴリの記事

コメント

かずさ~ん。バラモ尾根は月夜野からの登山道ではなく、南の県界尾根のようですよ。あと金波美峠~大タギレ~鳥居立も尾根を伝ってちゃんと歩けますから、ここはエアリアではなく地形図(大室山)か地形図のサイトで等高線とよ~くにらめっこして尾根を追ってみてね。(^_-)---☆

ボクはネスパより東尾垂の湯の方がきになるな~。かけ流しというのが。。。

投稿: komado | 2007.03.29 23:17

>妙な所から稜線に上がると、空白区間ができやすい・・(笑)。

tawaさんのこのおことば、心理^H^H真理をついてますね。道志もあと今倉~赤岩が残っていますが、実は丹沢も・・・(汗)犬越路と檜洞はまぁ理由がつけられなくはないけど、塔の岳と龍ヶ馬場があいてるってやっぱりフツーじゃない。。。

阿夫利山はまた行きたいと思っている山なので、その時は金剛山経由で歩くつもりです。(^^)

投稿: komado | 2007.03.29 23:11

そう、綱子川は出合からして両岸が迫って廊下状になっていたので、一古沢から見ればそのように見えたのでしょう。なので県界尾根から川に降りられる箇所も限られていました。

ぼくも綱子川から秋山川の方が明るく河原も広そうで気持ちよさそうだなと思っていたんですけど、バスの時間が近かったので今回は泣く泣く割愛。今度訪れる機会があったらあちらの方も様子ももっとしっかり見たいと思っています。

でもba_sobuさんもあそこのピークでランチをとられていたとは・・・やっぱりあそこはヒルメシクイノ頭だ(笑)。

投稿: komado | 2007.03.29 23:06

>平野峠とムギチロがあいてるんだあ。
バラモ尾根はどお?甲斐の山山に載ってますよ~。
月夜野~平野峠のことをバラモ尾根っていうんだよね?
甲斐の山山の記載がいまいち理解できないです。
平野山の場所もわからないよ~。

金波美峠~大タギレ~鳥居立って尾根伝いに下る道ないのかあ?
林道使うのやだなあ。

阿夫利山経由でネスパを夢見ております(笑)

投稿: かず | 2007.03.28 22:24

妙な所から稜線に上がると、空白区間ができやすい・・(笑)。私は、金波美峠と鳥居立(の少し東)の間が空白です。次回阿夫利山に行かれる際は、金剛山(632m)に寄って見てください。

投稿: tawa | 2007.03.27 23:48

↑の投稿の送り主です 

投稿: ba_sobu | 2007.03.27 23:43

>そこから西方向へ広い道筋らしきものが下っており、試しに辿ってみたら無事綱子川に降り立ちました。

なるほど。。。。。そうかそうか

一古沢側から この尾根にのぼるトリツキ調査とかいっちゃて
河原におりて、対岸の尾根を眺めていたことありました。
尾根の末端は崖で 登りようがないなぁ・・と思っていたのですが
そういうことだったのですね。

ゴミなど散乱して、いい河原なのにと惜しい気がしました
古い道祖神もありましたので、昔の道だって絶対あるはずだけどと
探したんですが・・・

あと 平野山近くのランチ場 わたしも同じ場所でした
すてきな場所ですよね(^^)

平野峠とムギチロの間かぁ
わたしは 大たぎれ近辺がすっぽりぬけています

それからね、綱子峠から綱子に出て長々歩く車道は
帰りに使うのなら 意外といい感じですよ (^^)


投稿: | 2007.03.27 23:41

tawaさん、かずさん、こんばんわ。

去年も確か石砂山の辺りはいろいろ盛り上がった覚えがありますが、今年のこの辺りの山の盛り上がりは去年以上でしたね。おかげさまでボクも県界尾根を歩くいいきっかけになりましたし、山行き自体も大変楽しかったです。本当にありがとうございました。

県界尾根は416m峰がああだし(笑)新旧マークもあるので尾根の下降に難はないと思います。それより綱子川を渡る方が時期によっては面倒になるかも知れませんね。ちなみに土曜は楽々飛び石で渡れましたが雨が続くと徒渉になる鴨です。

>tawaさん
休憩場所、一緒でしたか。やはりあそこになっちゃいますよね。峰山から廻ると入道丸の辺りは植林だからもうそれを見ただけで休む気がしなくなる。だからちょっと早かったけどあそこになってしまいました。でも、あの辺りの林が魅力的だったからムギチロの方へ引きこまれそうでした(笑)。

>かずさん
こちらの足とりはあまりないけど、ネクストは大タギレあたり??阿夫利山も今の時期歩いて楽しみが多かったなぁ。。。

ぼくはこれで平野峠とムギチロの間がぽっかりあいてしまったのでどうやって歩こうか思案中でございます。

投稿: komado | 2007.03.27 22:39

実は、この日晴れたら、県境を北上と思っていたのですよ~。
もし行っていれば、バッタリでしたね。
大平山をさらっと越えておりますが、あんな切り開きがあったのですね。
komadoちゃんの足取りをたどる山歩きが続きそうですよ~(笑)

投稿: かず | 2007.03.27 19:59

以前、御報告しましたように私もV字に歩いていますが、小津久から入って、県境を端っこまでとはサスガですね(416mの先はあんなになっているとは驚きです)
読んでいてニヤリとしたことがありまして・・実は、ランチ場が同じでした!

投稿: tawa | 2007.03.26 22:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 綱子川の山稜を巡る:

« さぁ~て | トップページ | ブナ美しき、菰釣山~屏風岩山 »