« 富士急・5枚回数券はいかが? | トップページ | 三年ぶりの御前山 (^^;;; »

2006.06.28

深々と歩く御坂の山山

B060628a
(黒岳山頂直下にて・林床の花はユキザサ)

今週末は珍しく土曜に好天の予報が出ていましたね。でもいろいろあって山行きは日曜になってしまいました。(^^ゞ

ということで日曜(06/25)はおおかたの予想通り、夏の花の様子見を兼ねて御坂の主稜筋へ。本当に久しぶりに黒岳南尾根を登路にとり、あとは主稜を西へ大石峠まで歩いてきました。

B060628b
(黒岳南尾根下部にて)

黒岳南尾根を末端から歩くのはおそらく5年ぶりのこと。今回も初訪の折りと同様、長崎から取付こうと思ってのですが、バスで寝過ごしてまい(笑)、長崎からの尾根(馬乗石山を通る尾根)の西隣の尾根から取付きました。

下に県道が通っていることもあり、のっけの急斜面を慎重に登って尾根が緩めば一安心。あとは灌木の薄く被る尾根をひたすらに詰めていきます。

B060628d
(今日のお花 その1・たかね?ぐんないふうろ)

藪は間もなく途切れて、スッキリとしたアカマツ混じりの雑木林に変わると、林床には緑の下草も現れ、ヤブレガサはすでにつぼみを付け始めてスタンバイ。素敵なミズナラの疎林もあるし、こんな林の様子を見るたびに あぁやはりここは御坂なんだなぁ。。。と思いながら歩いているような気がします。

1156m峰を過ぎ、露岩混じりの急登介して1376m峰に上がると、ここからが南尾根の核心部。といっても行程が難しい訳ではなく、明るい自然林のもと、ヤマツツジの残花も鮮やかな巨岩・露岩を右に左に、そして岩の間をすり抜けるように行くのがなんとも小気味よい感じ。

B060628c
(黒岳南尾根・烏帽子岩(ではない)附近にて)

そして烏帽子岩で展望はないながらもやはり上がって(手がかりが少ないので岩が濡れている時は要注意です)、周囲に露岩がなくなるとまもなく広瀬からの道と合流。そしてクサタチバナの咲く広い尾根をひと登りで板取沢からの道を合わせれば、黒岳への最後の登りが始まります。

地図を見れば一本調子の登りが続くこの辺りも、黒木混じりのブナの自然林にカラマツ植林、そして開けた露岩帯と意外にバラエティに富み、林床の下草もいろいろ変わるのが実は楽しい。テンニンソウで埋まった緑の広がりも久しぶりだし、ニッコウキスゲもつぼみを付けてそろそろ咲きだしそうな雰囲気。

B060628h
(黒岳山頂直下にて)

そして周囲が明るくなるとポンと山頂直下の展望台に飛び出し、山頂までは一頭足。山頂の広場こそごく一部でアヤメが咲いているぐらいですが、周囲の美しい自然林を散策すれば下草のユキザサが満開。ユキザサ自体は地味なので、晴れているときよりこういうガスった天気の時の方が却って目立つというか引き立つ感じで好ましいと思うのです。

とはいえお花はここからが本番。山頂の散策を終えて稜線を西へ行くと、アヤメにグンナイフウロ(もしかするとタカネかも)、キンポウゲ、ヤグルマソウなどが次々と現れ、ヤマツツジにウツギの類(ってなんだよ!それ・笑)も多く、緑の中に彩りが増えていくのを見るのは天気が今ひとつでもウキウキしますネ。

B060628e
(この辺りはミヤマカラマツ・不逢山附近にて)

アヤメにグンナイフウロが満開だった破風山でいそいそランチをとり、花をボーっと眺めながら休んでいるととうとう雨が降りだしてきました。破風山からなおも西へ向かうとグンナイフウロは見かけなくなり、代わりに??ミヤマカラマツやヤマオダマキ、そして不逢山の辺りでようやく咲き始めたニッコウキスゲとの再会を果たして大石峠へ降り立ちます。

大石峠の草原はいちおうアヤメにニッコウキスゲ、キンポウゲがメインですが、まだまだ緑の方が優勢な感じ。それでもアヤメやキスゲといった派手な花が咲いていると少し華やいだ雰囲気になりますね。

B060628f
(今日のお花 その2・あやめ)

そんな草原で雨の降る中、またまたボーっと佇んでから、今回は大石へ下山。峠みちは藪っぽい箇所が一部刈り払われており、今シーズン中に全て手入れがされるのかも知れません。

林道に出ると、ピンクの鮮やかなシモツケにも逢えて気分も良かったのですが、それも間もなく見ることになる若彦トンネル絡みの工事でぶち壊し。工事絡みの標識等を見ていると、どうやら来年の4月には開通しそうな感じです。このトンネルが開通した暁には吉田から芦川へのバス路線ができることを密かに祈っているのですが、まぁ夢物語でしょう(笑)。

B060628g
(大石峠にて)

本格的に夏の御坂へ通い出してから今年で4年目になります。以前は毎度毎度同じ稜線に、咲く花もだいたい予想できてくると歩いていてつまんなくなるのかな~?と漠然と思っていましたが、これがなんのなんの・・・というか通う度にずぶずぶ深みにはまっていく感じ。なんか藪山と一緒だな。

とにかくその変化に心が浮き立つし、たとえありふれた花でも今年も逢えたことに心から感謝している自分がいるうちは、御坂に限らず夏の花めぐりはやめられないのでしょうね。

とにかくこれからの夏の御坂は本当にお勧めです。御坂なんて・・・歳くってからでも歩けるから所だから・・・といって先延ばししていると、そのうちシカにみんな食われちゃういますよ~(笑)。

・・・・・☆

ということでこの日のREPはこちらをご覧くださいませ。<(_ _)>
 

|

« 富士急・5枚回数券はいかが? | トップページ | 三年ぶりの御前山 (^^;;; »

【御坂・天子・富士 2006】」カテゴリの記事

コメント

タカさん、kuroさん、こんばんわ。
御坂のアヤメは櫛形と違って群生しているのではなく、ポツポツ途切れずに見られる感じなので「スゲー」って感じではないですけど、量としたら結構なのもだと思います。

近年アヤメとニッコウキスゲはこちらで済ませちゃってます。でもアヤメ前の櫛形もいろいろ楽しみがありそうですね。


>いつも元気に感謝して歩きたいね★

ホント!(^^)
自分だけじゃなくて自分のまわりのみんなが元気じゃないと山歩きはできませんからね。個人的に山歩きのペースが上がってきてから、こういう事にフト気がついたのです。

いつもひとりで歩いていても、実際はひとりじゃ歩けないんですよね。

投稿: komado | 2006.07.03 19:19

そうだね、ところがどっこいだね、いつも元気に感謝して歩きたいね★

投稿: kuro | 2006.07.01 20:04

アヤメを見ると、櫛形山が懐かしい。

投稿: タカ | 2006.07.01 08:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 深々と歩く御坂の山山:

« 富士急・5枚回数券はいかが? | トップページ | 三年ぶりの御前山 (^^;;; »