« 不逢山の「陰と陽」 | トップページ | 夏の御坂は花の御坂 »

2004.08.13

三頭山中尾根の古道

b040813a.JPG
(古の姿をとどめる岫沢<クキサワ>の加茂神社)

今日(08/13)は久しぶりの三頭山。今回は三頭山周辺で名前の付いている尾根群のおそらくラストと思われる中尾根を歩いてきました。

ちなみに新しいエアリアでは中尾根の表記がなくなってしまったので、いちおうどの尾根かと言いますと、三頭山の北面、ヨシスキ沢上流のボウメキ沢と入小沢に挟まれた尾根です。

この尾根は今年の2月に御堂指尾根を歩いた時から気になっていた尾根で、宮内敏雄「奥多摩」によると、岫沢から鞘口峠へ行く道の途中で西に別れ、御堂指尾根を越えボウメキ沢に降り中尾根に取り付く・・・という道の記述があり、今回はそのルートをトレースするのが目的でした。

b040813b.JPG
(1072m峰南鞍部からボウメキ沢への下りしな)

ただ、ここで問題になるのがルートのこと。私の持っている一番古いエアリア('91)でも破線はなく、道が御堂指尾根のどの部分を越えているのか正確にわからないので、今回はやや遠回りだけど与しやすそうな1072m峰南の1020m圏最低鞍部を越えるルートをとってみました。

b040813c.JPG
(三頭山中尾根にて)

実際には植林もあり、かなりの部分仕事道が通っていて、藪も少なく比較的快適に歩けました。尾根越え谷越え三頭山まで4時間弱。三頭山へ登るのに4時間かけるなんてアホらしいと思われる向きもあるかも知れませんが、個人的にはある意味奥多摩の秘境?ともいえる奥多摩湖南岸の雰囲気もわかり、大変楽しかったです。(^^)

・・・・・☆

ということでこの日のREPはこちらをご覧くださいませ。<(_ _)>

・・・・・☆・・・・・☆

あっ、あとこの「花のひかり」がなーんと週間ココログガイドで紹介されるそうです~(笑)。

なんでこんなの紹介するんでしょうねぇ・・・ロクな文章書いてないし・・・。だいたいこのページがniftyさまにどう理解されているのかもかなり気になる所です。実際どう書かれるんでしょうねぇ。。。ま、来週の月曜(08/16)に更新されるそうなので興味のある方は覗いてやってください。

# おそらく理解されてないと思う。ぜったい(笑)。
 

|

« 不逢山の「陰と陽」 | トップページ | 夏の御坂は花の御坂 »

【奥多摩 2004】」カテゴリの記事

コメント

涼さん、こんばんわ。

リンクの連絡、ありがとうございます。
涼さんのサイトを拝見しましたが、すごいですね。というか私はああいう文を書けないのでひたすらにあこがれてしまいます。(^^ゞ

本の紹介も興味深いものが多く、面白い。これからもちょくちょく覗かせてもらいますね。

こちらこそよろしくお願いいたします。

投稿: komado | 2004.08.20 19:18

はじめまして、涼 と言います。

週間ココログから来ました。
以前はよく山歩きをしたものです。

リンクフリーということで、MyblogListに登録させて頂きました。 よろしくお願いいたします。

投稿: | 2004.08.18 11:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三頭山中尾根の古道:

« 不逢山の「陰と陽」 | トップページ | 夏の御坂は花の御坂 »