« 今年初の日原入り。 | トップページ | 大羽根峠・・・長作側の入口 »

2004.02.17

光の春

b040215a.JPG
(う~ん、どうも空気の澄んだ感じが出ないなぁ・・・)

麦山浮橋が18日から一時撤去されるという話を聞き、15日に急遽、御堂指尾根から三頭山~大長作沢~長作と歩いてきました。

詳細?はREPに記すことにして(笑)、この日は空気の澄み方と日のひかりの力強さが印象的というか本当に爽快で、本格的な春の訪れを感じた一日でした。光の2月、とはよくいったものですネ。(^^)

◆ おまけ・・・長作(小菅村)の御鷹神社
長作といえば重要文化財にもなっている長作観音堂が有名??ですが、私が長作を訪れると必ず寄るのがこの御鷹神社。たしかガイドマップ等ではムササビの森とかいっていたと思うけど・・・

b040215b.JPG b040215c.JPG
       こ~んなツガや           こ~んなケヤキの
3mをゆうに超える巨木が「林立」する社叢がとにかく見事。というかこんな社叢を持つ神社を他には知りません。朝一のバスで飯尾から来て余裕がなくても、一度は立ち寄られることをお勧めします。

|

« 今年初の日原入り。 | トップページ | 大羽根峠・・・長作側の入口 »

【奥多摩 2004】」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ

光の2月 という言葉が大好きです。凛とした真冬の風に光だけが眩しくて・・光だけが春を予感させてくれるので。でも ことしは気温もすでに春そのもののよう~。花粉が少なく、春風を思いっきり吸い込めて・・アア、こういうのも久しぶりだな、ナンテ思うこのころです。


ところで

投稿: ba_sobu | 2004.02.19 15:22

鵜野森さん、こんばんわ。

あそこは行く価値ありますよ。(^^)
棡原、西原、長作・・・鶴川沿いの集落は明るく独特の雰囲気があってバスの車中も楽しいですし。今度長作を通りがかった時は近所の民家を尋ねて神社のお札を購入してみようと思っています。

あと文中で社叢の木をケヤキとしていますが「甲斐の山山」ではブナと書かれてありますね。ぱっと見、あの樹皮の割れ方はケヤキにしか見えないので「何、すっとぼけたことを・・・」と思っていたのですが、去年ヨモギ平を訪れた時、ケヤキのように割れた樹皮のブナを初めて見て愕然としました。あぁ、ブナもこおいう割れ方するんだ~って。

でも落ち葉を見るとケヤキのような気がするのですが。。。

投稿: komado | 2004.02.18 22:32

おはようございます。御鷹神社、長作には何度か行きましたが、
観音堂の方にばかり目が向いてしまい、こんなに樹相豊かな
神社があるとは知りませんでした。
機会を見つけて行ってみる価値がありそうですね。

投稿: 鵜野森通信 | 2004.02.18 10:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 光の春:

« 今年初の日原入り。 | トップページ | 大羽根峠・・・長作側の入口 »