« シャクナン尾根を通しで歩く | トップページ

2019.06.26

くまなく歩いて、くまなく愉しむ御巣鷹山

B190625a (茶臼山への登りしな)

意外によく降る今年の梅雨の、貴重な晴れとなった16日はこの時期は久しぶりになる三ツ峠。人気の山を例によって人を避けるように御巣鷹山あたりを中心にぐるりと回ってきました。

観光客が増えて一昔前とは様相が一変した河口湖駅前も、駅から出る天下茶屋行きのバスはさすがにハイカーばかり。でも登山口のバス停から登山口まで(ややこしいいい方ですね)歩けば、人が多いのはここまで。

B190625b(稜線の登山道もすでに緑)

登山口で準備を終えたら、さっそく茶臼山の南西尾根に取り付きます。人がいないと本当にホッとする。そして涼風と言うには少々寒く、ちょっと強めの風が抜ける尾根根上ではエゾハルゼミが大合唱。こういう音ってあまりうるさく感じないのが不思議です。

すっかり緑一色となった中をゆるゆる歩いて行くと、ヤマツツジや終わりかけのトウゴクミツバツツジがちょこっとだけ。ヒメイワカガミはここでも花をつけた様子が見られませんでした。

B190625c(ユキザサ)

例によって歩いてるんだか休憩してるんだかよくわからないようなペースで登っても稜線の茶臼山には一時間ほどで出られますが、目的の御巣鷹山はまだまだ登りが残ってます。

さっそく御巣鷹山へ向かうと、さっそく咲き始めのクサタチバナにユキザサ、マイヅルソウがちらほら。一気にペースダウンして。。。(笑)

B190625d(どう成長したらこういう樹形になるのだろう・・・)

そして確認したはずが忘れ手しまった↑↑この木。たぶんブナだったはずだけど、どう育ったらこういう形になるのでしょうね?(笑)

B190625e (ムラサキツリガネツツジ・盛り)

頭上ではサラサドウダンも見られましたが、やはり↑↑こちらのムラサキツリガネツツジの方が圧倒的に目を引きます。秩父山系では見られないし、ウラジロヨウラクの仲間自体がこちらでは珍しいですからネ。

B190625f(キバナコマノツメ)

御坂で見られるもう一つの黄色いスミレ、キバナコマノツメも今年はお目にかかれました。

B190625g(御坂の主稜線もクリアに見える)

とのんびり歩きすぎてしまい、御巣鷹山に着いたのは13時前。アンテナ施設で占められて趣のかけらもない山頂なので、普段なら絶対に休まないのですが、この日は風が強くて壁になっているアンテナ施設の脇でランチ。ハイカーがぼちぼちやってくる割にいい場所が確保できたのは幸いでした。

休憩を終えたら来た道を戻り、見回り道へ。展望の岩場からカシヤ穴の間が相変わらずの難所になっているので詳細は避けます。通行の際にはくれぐれもご注意のほどを。でもなぜにそこを歩くかと言えば、

B190625h(シロバナフウリンツツジ)

B190625i (コヨウラクツツジ)

シロバナフウリンツツジやコヨウラクツツジ、ウスギヨウラクなど、なかなか見られない釣り鐘型のツツジに逢えるから。あとキバナウツギもちょっと嬉しかったかな。

逆コースだったら、このカシヤ穴の中を通るのも安全で、アリだと思いますよ。

B190625j(カシヤ穴/猫穴)

B190625l(径は見た目ほど荒れてはいない)

カシヤ穴を越えれば相変わらず径は狭いものの安心して歩けます。

御巣鷹山をぐるりと回って、北口登山道(通行可能かどうかは不明)と合流すればひと頑張りで、御巣鷹山の草原に出ます。

B190625m(囚われの花)

B190625n(御巣鷹山を振り返る)

この時期は何年かおきに訪れているのですが、徐々にではあるけど草原のお花が年々減っているのはしょうがないのかなあ。。。

それでも開運山の方へ向かえば、まだ花がぼちぼち見られてちょっとホッとしました。とはいえのんびり歩いたせいで、もういい時間になってしまったので開運山は捲きました。

B190625o(三ツ峠山荘より)

四季楽園や山荘の脇を通るのも人が少なければ、あんがい悪くないものです。山荘のベンチに観光客が見られたのも時代ですねえ。

T_p1010919(ゲレンデにも寄ってみました)

夕方近くになってまた晴れてきたのでゲレンデにも寄ってみたら、山頂付近の雲が一瞬だけとれて、富士がその姿を見せてくれたのはラッキーでした。終わりよければ・・・ということで良い気分で下山できたのですが、下山を終えてからの帰りのタクシーがちょっとだけ往生しました(笑)。登山口ではケータイが通じないのね。バス停のある旧国道まで出てようやく繋がって一安心しました、というちょっとマヌケなお話。

 
・・・・・☆
  
◆ 2019.06.15 (Sat)   晴 時々 曇
河口湖駅 09:05→ 三ツ峠登山口BS 09:40- 登山口 09:50/10:00- 茶臼山(1513m峰)11:05- 御巣鷹山 12:50/13:40- 四季山荘 15:30- 登山口 16:45
 

|

« シャクナン尾根を通しで歩く | トップページ

【御坂・天子・富士】」カテゴリの記事

コメント

AKIOさん、

花の三ツ峠も徐々にお花が減っているので、相対的に?5~6月の大幡側がの魅力が際立ってしまった感じでしょうか。。。でも釣り鐘型の時期は一つの好機だと思いますので。ぜひどうぞ!

投稿: komado | 2019.06.28 00:00

Komadoさん、こんにちは。

囚われの花は仕方がないでしょうが、これだけ釣鐘型のツツジを1日で見ることができるのは素晴らしいですね。来年以降に行ってみたいと思います。

投稿: AKIO | 2019.06.27 16:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シャクナン尾根を通しで歩く | トップページ