« 錦繍の日原を久しぶりに歩く | トップページ | 超遅出でハンギョウ尾根へ »

2018.11.17

錦繍の日原をささやかに愉しむ

B181117a
(イロハモミジ・紅橙緑のグラデーション)

二週間ぶりの山歩き(11/10)もまたまた日原へ足が向いてました。

紅葉も1000m附近まで下がってきましたね。今回も諸般の事情により、情報を交えつつ、さらっといきます。

B181117b
(朝は良い天気!)

B181117d
(オオモミジ)

B181117e
(一番鮮やかな色づきをしていたのもオオモミジ)

予報も良かったし、朝は本当に良い天気。なのでのっけは見頃の紅葉を愛でながらの楽しい道のりで、道中はコミネカエデ、コハウチワカエデ、オオモミジ、そしてメグスリノキやイロハモミジ、チドリノキも良い具合に色づき始めていました。

B181117f

B181117g

B181117h
(素敵な渓畔林の平・チドリノキも色づく)

一旦沢へ降りると、そこはシオジ、サワグルミの緑とチドリノキの黄色に覆われた素敵な小平地。ここでテント張って過ごせたらさぞかし楽しいことでしょう。

そんな一角で周囲の空気と親しむように休憩したら、ここからが本格的な登りのはじまりです。

B181117i
(そんな中をせっせと登って)

B181117j
(メグスリノキ)

B181117k

ちょっと間違えてのっけの登りがかなり急でしたが、おかげでミズナラの巨樹が見つかったのですから運が良かった。しばらくは見頃の紅葉を愛でながらの登りなのですが、なんとこのあたりから曇ってきて、徐々に風が吹きだし、、、

B181117l
(この日のランチ場・風の通らない窪地があって助かった)

B181117m
(5m超のクリの巨樹)

B181117n
(わかりづらいが稜線は雲に覆われていた)

こちらは雨には降られませんでしたけど、稜線にかかる雲が黒かったのでたぶん雨が降っていたのではないでしょうか?

しかもこちらには風が通らない窪地があって、当然この日のランチ場に。ああ晴れてたらもっと気持ちよかっただろうにねえ。。。

B181117o

B181117p

紅葉はこの辺りが一番良かったなあ。。。日差しが欲しかったぜ。

B181117q
(このミズナラの巨樹は知らなんだ)

B181117r

この辺りもいいところ。その先に・・・

B181117s
(これも5m近いケヤキの巨樹)

このケヤキはご無沙汰しておりました。

B181117t
(さて、帰るとしませうか・・・)

今回は前回以上に曇られてしまったのが、紅葉の時期ゆえに少々残念でしたけど、やはり日原はですね、ここでも森を歩く喜びがふつふつと湧いてきました。改めて歩いてみても本当に良いところ。山の紅葉はそろそろ終盤ですけど、できたらもう一回歩きたいなと思っております。
 

|

« 錦繍の日原を久しぶりに歩く | トップページ | 超遅出でハンギョウ尾根へ »

【奥多摩】」カテゴリの記事

コメント

ba_sobuさん、行ってみますか?(笑)

投稿: komado | 2018.11.21 23:28

お二人の会話を耳ダンボでおききしております。
チョ-きょうみしんしん

投稿: ba_sobu | 2018.11.20 05:46

AKIOさん、

あーっ、あそこですね!わかりますわかります。
たしか下へ道が延びてますね。

機会がありましたら行ってみましょう。ありがとうございました。(^^)

投稿: komado | 2018.11.20 00:35

Komadoさん、

もう一本は、篶坂尾根の上段歩道と下段歩道を連絡する経路をそのまま小川谷に下って渡るようです。滝上谷の少し上流あたりで林道に出るようなので、先日は林道を下りながら、それらしき踏み跡を探しましたが、上流で渡った吊り橋から登ってくる道のようなハッキリした道はありませんでした。右岸側からアプローチした方が判りやすいかもしれません。もし行かれたら、レポの写真を楽しみにしています。

投稿: AKIO | 2018.11.19 09:22

AKIOさん、

まぁ林道や橋の方は心配してませんでしたが、自分的に心配しているのはむしろトラバースしている巡視路の方。この日は結果来た道を戻ったんですけど、その理由が某巡視路の危ない地点の橋が架かっているかどうかわからないから。今回は一人ではなかったので安牌をとりました。

もう一本の吊り橋ってワサビ田のある辺りなのでしょうかねえ。。。

投稿: komado | 2018.11.18 23:26

Komadoさん、こんばんは。

オオッ!この写真は例の吊り橋ですね。

小川谷林道が長い間閉鎖されていて情報も無いので、「現在でも問題なく渡れるかな?」と、小生も山行前は若干不安でしたが、行ってみたら全く問題無くホッとしました。まぁ、万一渡れなかったら小川谷を渡渉すれば良いと思っていました。

下流にも、もう一本吊り橋があるようですが、小生は未踏です。

投稿: AKIO | 2018.11.18 21:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15040/67391090

この記事へのトラックバック一覧です: 錦繍の日原をささやかに愉しむ:

« 錦繍の日原を久しぶりに歩く | トップページ | 超遅出でハンギョウ尾根へ »