« 常念山脈の末端部を歩く 2 | トップページ | エンマゴヤ尾根を再訪する »

2018.10.06

秋の花を探しに、ある草原へ

B181006a
(ただただ広すぎて・・・)

またまた少々ご無沙汰しておりました。いや、山は今でも一応月二回ほどは歩いているんですよ。でもお彼岸の山行きが諸般の事情により表向きにできないので、ならばその前の週の某草原(バレバレですけどね・笑)のお話でもちょこっとしてみましょうか!と。

B181006b

こちらはいろいろな方からお話は聞いていたのですが、いざ入るとなるといろいろ手続きがあったり、当日も場所がわからなかったり(笑)、いろいろ迷ったりしながらやっとこ草原に来ることができて一安心。

でも実際来てみると本当に広くて広くて・・・途方に暮れそうで困ってしまいましたけど、とりあえずぼちぼち回ってみることにしてみると・・・

B181006c
(フシグロ)

適当に降りたところにいたのは初めましてなフシグロ。本当に小っちゃいお花ですけど、この形は明らかにマンテマの仲間。それだけでおおーって感じでテンション上がってたのは秘密です(笑)。調べてみると三国山稜辺りにもいらっしゃるとか。世附の山はまだ歩いてるけどあちらへは本当に上がってませんからねえ。

B181006d
(タチフウロ・色が濃い)

タチフウロも色が濃いのが印象的。8月の某草原も同じ感じだったんだけど、タチはいるのに見かけても不思議ではないカイフウロがまったくいないのは野焼きが関係しているのでしょうかね?

B181006e

この中から貴重になってしまったお目当てのお花を探り当てるなんて無理でしょ・・・って思ってしまいますよね?

B181006f
(ヤマトリカブト)

B181006g
(テンニンソウ)

以前なら夏の御坂の稜線で普通に見ていたテンニンソウのお花も何年ぶりだろう・・・。

B181006h


B181006i
(フジアザミ)

ご当地のフジアザミはさすがの存在感。今はこの花を自生地でなかった日原辺りで見かけるのは、林道工事の土砂に紛れてやってきたから、らしいです。

B181006j
(先月歩いた草原が見える)

B181006k
(ハバヤマボクチ)

B181006l
(トモエシオガマ)

トモエシオガマもかつては南大菩薩の稜線では普通に見かけた花。個人的にシオガマといえばかつてはトモエでしたからね。今はハンカイシオガマになっちゃうけど。

B181006m
(キクアザミ)

キクアザミは初めましてのお花。総苞片が綺麗に重なっていて、アザミというよりトウヒレンの仲間ですけど、この端正さに惹かれました。

B181006n
(凄い雲だ!)

B181006o

草原を適当に探ってみるのはいろんな花がいて本当に楽しいんだけど、う~んお目当てのお花はなっかなかみつかりません、というか広すぎて途方に暮れていたというのが正直なところでしょう(笑)。

でもでもあるきっかけから「最後」と決めたこの草原は、今までと植生がちょっと違っててこれは・・・

B181006p
(マツムシソウ)

低山系のマツムシソウもお久しぶり!かつてはお盆過ぎると南大菩薩の草原はこの花で埋まってたんですよ。信じられへんでしょ?(笑)

B181006q
(オケラ)

オケラも御坂で見かけるのは背が低いので、こんな背の高いオケラははじめて!

B181006r
(まだいらっしゃいましたか)

かの草原にもいらっしゃったこの方もなんとか健在。

マツムシソウはいるし、足下にはある植物がたくさんいて、これはかつての某所に近い雰囲気!!もしかしたら・・・とひとり夢中で草原を彷徨ってると・・・

B181006s
(ヒメヒゴタイ)

見つけた瞬間絶叫した!(笑)。こんなの某所で放し飼いの紅い山シャクヤクを見かけた時以来かも。そこまで貴重なお花ではないけど、個人的にヒメヒゴタイは大好きな花だし、この花こそかつての南大菩薩を象徴する花だと思っているからね。しかも13年ぶりだし!!

でもこの状態は花ではなく蕾なんです。これが開花するとえええって感じでして・・・(笑)。こんなこと言っちゃいけないんだけど。

B181006t
(また参りますわん)

ということでキセキ的に初訪でお目当てのお花に逢えて、もう文句のつけようがない有り難い一日でした。ここはいろいろ調べてみると、いろいろありそうだし(笑)、なんかいろいろプランが上がってね、来年が本当に楽しみになりましたよ。

かねてよりいろいろご教授頂いたり、ご協力頂いた方々には本当に感謝です。ありがとうございました。
 

|

« 常念山脈の末端部を歩く 2 | トップページ | エンマゴヤ尾根を再訪する »

【御坂・天子・富士】」カテゴリの記事

コメント

れれちゃん、

お話を聞いてから数年は経ってると思いますがようやく行けました。鑑札はたしか200円か500円か忘れてしまいましたが、高い覚えはなかったかも。お花のような自然観察よりもれれちゃんのような?山菜キノコ目当ての人の方が多いような気がしました。

今年二箇所歩いて、あの辺りの面白さにようやく気がついた思いです。巾着さんも来年はお目にかかりたいですね。

投稿: komado | 2018.10.07 21:05

komadoちゃん、おはよーさんです。
お目当ての花…ヤッタネ♪
悶絶しちゃう姿を想像しちゃいましたよーcatface

季節は違うけど、私も行ったことがありまして、
山ウドがワシャワシャと採り放題、もう大絶叫でしたわww
入山料って今も500円?少し値上がりしたかしら?

8月の某草原とやらにも、フシグロはいるんですよ~
(まだ捜索中だけど、千葉県にもいらっさるらすぃ)
今度、巾着(まだ見てないよね?)と共に探してみてねwink

投稿: れれちゃん | 2018.10.07 07:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15040/67243781

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の花を探しに、ある草原へ:

« 常念山脈の末端部を歩く 2 | トップページ | エンマゴヤ尾根を再訪する »