« 八丁池を繞る歩道をくまなく歩く | トップページ

2018.01.31

大岳山へ軽く雪遊び

B180131a
(大岳山山頂・積雪は10cm程)

関東の雪は春の知らせとは言え、近年にない寒さが続いていると山の楽しみはまだまだ冬モード。ということで今回(01/28)は遅出で大岳山を良い子に歩いてきました。

降雪があった上に、先の週末は土曜の方が天気が良かったせいでしょうか?御岳の人の少なさは自分的にはテンションがかなり上がります(笑)。本当に閑散とした参道を登り、参拝はパスして(遅出だったので)毎度のごとく神苑の森に入ります。

B180131b
(神苑の森・トレースなし)

B180131c
(日向は雪が溶けている箇所もあった)

神苑の森はもくろみ通りトレースなし。積雪も10cmほどと快適に歩けるレベルです。気分よくさくさく歩いているとあっという間に天狗の腰掛け杉に出てしまいました。

普段ならここから先は人だらけの道も、この日は本当に静か静か。すれ違ったのも10人いなかったような。。。

B180131d
(綾広ノ滝)

B180131e
(程よい積雪具合といったところでしょう)

今回は尾根通しではなく、巻道を行ったのは、この時期の綾広の滝の様子を見てみたかったから。実際見てみると凍り具合は↑↑こんな感じ。ここは日の入る滝なのでしょうね。

芥場峠に上がると雪もグッと増えて、スノウハイクらしくなってきました。

B180131f
(大嶽神社)

B180131g
(空が明るくなってきた)

雪の静けさを楽しみつつゆるゆる小一時間ほど登ると、大嶽神社に到着。さっそく参拝して、山頂へ向かいます。

山頂への登りで数名とすれ違ったので、山頂はさすがに人が多いのかな?と思って山頂に着くと、そこには先客さんが一人だけ。天気も良いし、なんか得した気分です(笑)。ハイシーズンでもこのくらいの人出だったら大岳山ももっと歩いても良いんだけどね。

B180131h
(南尾根を降り・・・)

B180131i
(サントリー天然水の森ですか・・・)

思いも掛けず晴れてくれたこともあって山頂からの展望も楽しめて(富士はダメだったけど)少しのんびりしたら、下山はそのまま南に降ります。

おおよそ一年ぶりにこの辺りを歩いて気がついたのが↑↑のサントリー天然水の森と記されたプレートがあったこと。コレって稜線南側の林を管理していると言うことなのでしょうかね??

B180131j
(白倉分岐)

B180131o
(植林の手入れが進んでいるようだ)

山頂から20分程下ると白倉への分岐に到着。今回は素直に白倉への道を下ります。というのも10数年ぶりだったこともあるけど、「大嶽神社への参道」を意識して歩いてみたかったからなのです。

実際に下ってみるとさすがに植林メインになるものの、かなり手入れが入っているのはサントリーの森効果?かどうかは正直わかりません(笑)。

B180131l
(大嶽神社参道の白倉口)

こういうのは参道らしくて良いですね。ここに一丁目石がありました。

B180131m
(白倉の里宮にも参拝しました)

登山道が終わって白倉の集落に降りると大嶽神社の里宮があり、今回初めて里宮にも参拝。「大嶽大口真神」のお札はここで扱ってたのですね。

参拝を終えたらあとは白倉のバス停へ・・・

B180131n
(払沢ノ滝・9割方凍っていたが人出が多すぎた)

なんですけど、ここまで来たら払沢の滝を素通りするわけにはいきませんよね!バスがなかったので、てくてく歩くこと40分程で払沢の滝に着きました。

んが、肝心の滝を目の前にしてこの人出!!観光地だということを完全に忘れてました(笑)。人の多さに興ざめだし、バスの時間にも余裕がなかったので、手前から凍った滝をカメラに収めて、さっさときびすを返したのでした。。。
 
・・・・・☆
 
◆ 2018.01.28 (Sun)   曇 時々 晴
御岳平 11:15→ 綾広ノ滝 12:05- 大岳山 13:15/13:30- 白倉分岐 13:50- 白倉大嶽神社 14:45- 白倉BS 14:55- 払沢ノ滝 15:30- 払沢の滝入口BS 15:45
 

|

« 八丁池を繞る歩道をくまなく歩く | トップページ

【奥多摩】」カテゴリの記事

コメント

AKIOさん、

企業の森っていろいろあるけど、最低限手入れはして欲しいですよね。企業名は勘弁してあげますけど(笑)世附奥地の某所にもそういう放置された林があって、通りがかる度にあれはなんなんだろうといつも疑問に思ってしまいます。

払沢の滝は昔からというか少なくとも20年近くは完全結氷の予想とかやっていてそれなりには知られていたはずですけど、あそこまでなったのはそんな昔じゃないような気が・・・。自分的にはユーシンの人の多さの方が意外でしたよ(笑)。

投稿: komado | 2018.02.01 23:20

Komadoさん、こんにちは。

最近は雪の季節に奥多摩へ行っていないので、写真は懐かしく拝見しました。

企業や団体名を付けた○○の森というのは、最近いろいろなところで増えていると思います。林道なども少し整備されたり、ちょっと駐車できるスペースができたり、われわれハイカーも少しだけ恩恵にあずかっています。

払沢の滝の人出はすごいですね。丹沢のユーシンブルーのように、雑誌か何かに載ったのでしょうかねぇ?

投稿: AKIO | 2018.02.01 14:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15040/66340269

この記事へのトラックバック一覧です: 大岳山へ軽く雪遊び:

« 八丁池を繞る歩道をくまなく歩く | トップページ