« 2017年3月 | トップページ

2017.04.26

アカヤシオの下見を兼ねて大持山へ

B170426a
(新緑萌える・橋立川の径路)

二週連続で山歩きなんて久しぶりですねえ(笑)。さすがに今は新緑が楽しい時期ですのでできることなら平日でも歩きたいぐらい。

ということで先の日曜(04/23)はアカヤシオの様子見を兼ねて久しぶりに奥武蔵秩父方面。この日のために??ずーっと取っておいてあった妻坂沢左岸尾根を登路に取り、大持山・小持山と回った後はこれまた久しぶりにスヤマ沢右岸尾根を下るコースを組んで歩いてきました。

B170426b
(ヒトリシズカ)

当初は名郷歩きだしの予定でしたが寝坊してしまったため、急遽レッドアローで西武秩父へ向かい、駅からタクシーで重役出勤のつもりも・・・西武秩父に着くとなんとタクシー乗り場はすでに行列しまくり(汗)。

今は観光客が一頃よりも増えてるんですね。かなり焦りましたが、ここで偶然やってきた吉田行きのバスに飛び乗り、秩父駅でタクシーを確保して無事に登山口の一の鳥居に出ることができました(¥2890)。いやぁ今回はマジで危なかったわ。。。

B170426c
(妻坂沢左岸尾根・800m附近の緩斜面)

そんな訳で武甲山の登山口である一の鳥居はすんごい路駐・人出でげんなりしかけたものの、ストレッチをしてとっとと歩き出せばしばらくは人混みと無縁です。

さっそく妻坂沢の左岸尾根に取りつくと、植林帯が続くのはこの山域では仕方ないところ。でも案外早く雑木林に変わった事に驚いていると、じきに800m附近の広大な緩斜面に出ます。林こそ荒れ気味なもののお花もちょこっとあって楽しいところでした。

B170426d
(上部の岩峰への登りは斜度がきつく要注意)

緩斜面を過ぎるとしばらくは植林と雑木に分けられた間を行く感じ。上部で横切る明瞭な道は廃道になって久しい持山寺コースの名残でしょうか。

そこからひと登りで急な岩の斜面に変わって面食らいますが、ここはかなり急なので通過には慎重を要する箇所です。

B170426e
(岩峰附近のアカヤシオは見頃)

ただそういう急峻な岩場にいるのがアカヤシオなのですよ(笑)。ちょうどこのレンジで見頃でしょうか。

去年が当たりだったのでお花の量が心配だったのですが、少なめではあるもののどうやら楽しめる量はありそうです。

B170426f
(南鞍部から岩峰側の様子)

登り切った岩峰から南側も落ちてるので、ここは東を巻いて南の鞍部に降りるのが上策でしょう。

鞍部から先は美しい雑木林が続き、それを登り切ると妻坂峠からの登山道に飛び出しました。

B170426g
(カタクリは見頃)

B170426h
(稜線の登山道は低木が一部芽吹き始め)

稜線に上がれば次は尾根通しに登って大持山へ向かう段取り。ここから大持山にかけても雑木林が美しく雰囲気の佳い所。すでにカタクリは盛りでバイケイソウも芽を出しはじめています。バイケイソウの緑がまた良いアクセントなんですよね。

手前の肩も大持山山頂も人が多いと見て、ランチは途中の緩い箇所で頂きました。

B170426i
(大持山山頂)

B170426j
(小持山山頂・アカヤシオはほとんどがまだ蕾)

上がった肩や山頂には人はいたものの意外や想像よりも少ない感じ。それでも小持山までの間はそれなりにすれ違う感じではありましたが。。。 

アカヤシオの方はこの標高だとほとんどがまだ蕾で、この辺りは次の週末が見頃になりそうです。花付きも少なめながら酷いことになってはなさそう、というかアカヤシオは基本当たり外れの幅が大きい花ではないんですけど。

B170426k
(覗き岩より・大平山が巨きい)

B170426l
(スヤマ沢右岸尾根・)

下りはスヤマ沢右岸尾根と決めていたので、高ワラビ尾根を1160m峰まで降りてから右岸尾根を下りはじめます。

右岸尾根は基本痩せ尾根と急降下の続く尾根で、

B170426m
(右岸尾根のアカヤシオは見頃~盛り)

B170426n
(尾根は痩せてるか、急降下が続く)

だからこそ、この尾根はアカヤシオが見られるのですが、1070m圏のピークから先は基本急降下が続くので、興味のあるヘンタイさんに於かれましては(笑)できれば登りにとって欲しい尾根ではあります。

この尾根でのお目当てはアカヤシオはもちろんのこと、アカヤシオの許に咲く花と言えばイワウチワ!もお目当ての一つ。なんとか咲き始めの株に逢うことができました。

B170426o
(イワウチワ・咲き始め)

B170426p
(ヒナスミレ)

尾根を下るにつれ、周囲が芽吹き、そして新緑に変わるとまもなくスヤマ沢との出合に着地。この辺りはお花もあるんですけど、今回に限って言えば周囲の渓畔林の新緑が最高潮で、素晴らしすぎました。

でも一応今年お初となるお花に一通りお目にかかり、それから橋立川に沿って下っていくと・・・

B170426q
(スヤマ沢出合・渓畔林が美しい)

B170426r
(ニッコウネコノメソウ)

西向きの沢という事ともあって、輝く新緑を目にしながら下る道のりはこの日のハイライト。

奥武蔵秩父方面で渓相・樹相美ともに兼ね備えた渓谷コースってほっとんどなくて、この橋立川の道は短いながらもその両方を兼ね備えた貴重な道。ただ、いかんせん道が荒れていて現状、仕事と好事家だけのものになっているのは本当にもったいないなあ、と。

B170426s
(新緑が見事だ)

B170426t
(コガネネコノメソウ)

とはいえこれだけ道が荒れていると場所柄復旧はかなりキツいものがありますし。。。

武甲山の下りにここを歩くことができれば、武甲山の山行きの深みがより増すのは確かなんですけどねえ。。。

B170426u
(渓谷と新緑がタマランチ会長・Part1)

B170426v
(ミツバコンロンソウ)

・・・と歩きながらそんなことを思ってしまったのはこの日の新緑が感動的なくらいに素晴らしかったから。

おそらく時期と好天、そして雨後で空気が澄んでいたこともあったのかも知れません。

B170426w
(渓谷と新緑がタマランチ会長・Part2)

B170426x
(レンプクソウ)

例年よりちょこっと時期が早かったお陰でレンプクソウは盛り。ひさしぶりにお花を愛で、しかもたくさんカメラに収めることもできて気分は良くなるばかりです(笑)。

あとは下るにつれ徐々に濃くなる新緑を愛でながら、のんびりと浦山口へ向かったのでした。
   
・・・・・☆
 
◆ 2017.04.23 (Sun)   快晴
一の鳥居 09:40→ 岩峰 11:10/11:20- 縦走路に出る 11:]30-(途中休憩30分)- 大持山 12:40- 小持山 13:05- 1160m峰 13:30/13:40- スヤマ沢出合 14:35- 林道終点 15:10- 浦山口駅 15:50
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.20

尾名手川を下る山歩き

B170420a
(尾名手川本谷上流部のひとコマ)

天候不順もあったとは言えまたまた一月ぶりの山歩きになってしまいましたよ(笑)。

今回(4/16)も先月と同様というか先月歩きそびれた区間のあった尾名手川を、お花の様子を確認しつつ今度は下ってみました。

B170420b
(マルバスミレ)

B170420c
(久しぶりに駒宮砦にも寄ってみました)

ということで久しぶりに猿橋駅からバスで駒宮に出てからのスタート。麓は花に新緑も始まり、一番華やぐ時期になりましたね。

今回は余裕があったので天神峠に上がってから、これまた久しぶりに西の駒宮砦に寄ってみました。まぁ山城の跡でなんの変哲もないピークなのですが。。。

B170420d
(キブシ・全般的に花は淋しい)

B170420e
(長尾根・低木が芽吹いてきた)

天神峠に戻り、そこから長尾根をひと登りすると新緑も始まり、ここからしばらくがこの日の長尾根のハイライト。

キブシやクロモジ、そしてアブラチャンも花がまだ残っていて、しかも同時に低木の芽吹きも始まっている。樹間をほんのり染める感じが春らしくて良いものです。

B170420f
(奥に三ツ森を望む)

B170420g
(尾名手峠へのトラバース道は徐々に悪くなっている)

登るにつれ緑はなくなり、行く先に三ツ森や麻生山のシルエットを望むようになるとそろそろ麻生山との分岐。今回は久しぶりに尾名手峠に直接出るトラバース道というか峠みちを歩いてみました。

近年は尾根伝いに降りることが多いのでトラバース道を歩くのは相当久しぶり。表土の流出が続いているせいか結構荒れ始めてますね。今はまだ大丈夫ですけど、ここはそのうち歩けなくなりそうな気がします。

B170420h
(ヒカゲツツジ・まだ蕾)

B170420i
(三ツ森より)

そんなこんなで尾名手峠に出たらあとはちょっとした岩稜を伝って三ツ森を目指すだけ。ヒカゲツツジはまだ蕾だったものの花は想像よりはありそうでホッとしました。まぁ去年より少ないのは確実でしょうけど(笑)。

峠から20分ほどで三ツ森に到着しました。ここは展望は最高なのですがいかんせん風が強い!とてもここでランチにする気になれなかったので、ランチ場探しを兼ねて早々に尾名手川を下ることにしました。

B170420j
(本谷をそのまま下り始めます)

B170420k
(ハシリドコロ)

ということで尾名手川を下り始めますとのっけこそ急でしたが、じきに緩くなって良いランチ場候補がいくつも見つかったのはもくろみ通り。その中で風の通らないところをみつけてようやくランチにありつきました。

この緩いあたりは炭焼きが行われていたようで、かすかに認められる道形もその炭焼き道なのでしょうね。

B170420l
(この辺りは渓畔林が美しい)

B170420m
(このサワグルミの下が源頭になっていた)

炭焼き場を過ぎても普通に水線沿いに歩けて、周囲にサワグルミの木が目立ち始めるとようやく水流が現れ、じきにマーキングのある広場に出ました。このあたりが尾名手峠みちの横切るところなのでしょうかね?道形はイマイチ判別できませんでしたけど。

そこを過ぎると沢は狭まり、廊下状になって間もなく滝に出ました。ここは左に巻くと言うより尾根まで上がって、乗り越して沢に復帰しました。

B170420n
(ハナネコノメ)

B170420o
(ここの廊下は左に巻き)

そして次の三段?の滝は上段は下れるのですが、その下が怪しかったので右岸を大高巻き。

沢に戻るとすぐ先で廊下はお終いで、沢床が広がり、見覚えのある大滝沢出合に出たことがわかりました。

B170420p
(この三段の滝は左を大高巻きした)

B170420q
(見事なトチの六頭木)

出合附近にいたこの六頭木、近づいてみるとなかなかの迫力。水辺でイヌブナというのは?だし、なんの木かと思って確認したらトチだったんですね!トチでこう分かれている木はかなり珍しいのではないでしょうか。

幹が短すぎて幹廻りにはカウントできないのでけど、幹が分かれる下は8mはあるかなり立派な大木でした。

B170420r
(廊下を抜けると大滝沢出合に出ます)

B170420s
(フタバアオイ)

大滝沢出合から下はもう何度か歩いた箇所。お花を確認しながら水線に沿って下っていきますが、総じて前に歩いたときより少ないですねえ。

コチャルメルソウとかフタバアオイとか前は足の踏み場もないほど生えていた箇所もあったのに。まぁ沢ですのでいろいろあったのでしょう。

B170420t
(あとは基本水線に沿って歩ける)

B170420u
(コチャルメルソウ)

以前は左を高巻いた中ノ沢出合手前の滝も右から難なく下れるのですね。

なおも下って行くと緑は濃くなり、やがて満開の山桜が点在する白矢ノ沢出合に出ました。

B170420w
(白矢ノ沢出合)

B170420v
(ナガバノスミレサイシン)

水線に沿って歩くのはここまで。ここから先は先月偶然見つけた左岸を上がって行く道を辿ってみたのですが、植林の中を通るせいか意外に明瞭で、これは上の峠みちに接合するのかな?

と思っていたらさにあらず。ある程度上がったらそこから水平に変わって、そのまま延びていく感じ。ただトラバース道ということで↓↓こんな箇所がいくつもあったのでバリ慣れした人向けではあるでしょう。

B170420x
(基本道は明瞭だが、↑↑こんな箇所も多数)

B170420y
(ミツバツツジは見頃)

道は水平道から下りに変わると間もなく腰掛の集落に出て道はお終い。前に白矢ノ沢左岸尾根を歩いたとき、稜線直下まで明瞭な道が付けられていて驚いたのですが、ならば腰掛から白矢ノ沢までのルートはどうなってるのだろう?という疑問も同時にできて、その疑問も今回ようやく解けました。

そんな訳で長らく抱えていた疑問もスッキリ解けて良い気分。そんな良い余韻を象徴するかのような桜が満開だった林道をてくてく歩いて初戸へ向かったのでした。
  
・・・・・☆
 
◆ 2017.04.16 (Sun)   晴 時々 曇
猿橋駅 08:28→ 富岡 08:55- 駒宮砦 09:20/09:30- 尾名手峠 11:45- 三ツ森 12:05-(途中休憩40分)- 大滝沢出合 14:10- 白矢ノ沢出合 15:10- 腰掛 16:00- 初戸 16:35
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年3月 | トップページ