« 久しぶりに日原から秩父へ抜ける | トップページ | 初歩きは菊花山~九鬼山 »

2016.12.27

八坂から釈迦ヶ岳を越えて下芦川へ

B161226a
(釈迦屋敷跡の様子)

冬の18きっぷのシーズン、やはり一度は折八へ行かなければいけませんね。ということで土曜(12/24)は八坂(はっさか)スタートで釈迦ヶ岳に登り、北尾根を降りるコースを組んで歩いてきました。

今回は甲斐岩間駅から八坂(大八坂)までタクシーで出て(¥5770)からのスタート。いきなり標高900mスタートはかなりラクしすぎの感は否めないでしょうか(笑)。沢からの直登路と、御弟子回りの折八林道との合流点には天空採園の標識もあって、まだ一応やっているようです。

B161226b
(八坂の天空採園は一応やっているようです)

なのでお話でも聞こうかとさっそく尋ねたのですが、まだ住んではいるものの畑仕事なのか?ご不在だったのは残念無念。お聞きしたいことが山ほどあったのに。。。

気を取り直して林道を東へ行き、八坂峠へ直接上がります。ここは以前は沢沿いに適当に上がったのですが、右岸側に地蔵峠からの旧道と八坂峠道とおぼしき明瞭な道が延びている分岐が見つかり、そこから峠に向かうと、あっさり峠に着いてしまいました。

B161226c
(この感じは御弟子とそっくり)

B161226d
(八坂峠)

植林に覆われて少々暗い八坂峠も午前中は日差しが入って思ったよりは明るい感じ。でも稜線上は北から風が吹き付けて、真冬らしい結構な寒さです。休憩もそこそこにウインドブレーカを着て、東の釈迦ヶ岳へ向かいます。

標識こそないものの、折八林道に出たところが新八坂峠と称しているのでしょう。ここは好天という事もあって南アの展望台になってました。

B161226e
(林道の通る新八坂峠は南アの展望台)

それこぞ鳳凰から赤石まで勢揃いなのですが、やはり目が行くのは荒川赤石といった南部の山山。さすがに近いだけあって、奥多摩辺りで見るのとは迫力が違います。

林道で見物がてら写真を撮り、登りだしてからも撮り、とかなりのんびりペースですが、行程上問題は全くありません(笑)。

B161226f
(釈迦ヶ岳への道すがら)

B161226g
(三方分山の脇から富士が顔を出す)

林道からひと登りで植林を抜けた辺りが、この区間のハイライト。明るい雑木林の許、ちょっとした露岩帯を交える歩みの楽しい区間です。ちょっと寒かったけど。

のんびり行っても八坂峠から50分ほどで釈迦ヶ岳に着いてしまいました。

B161226h
(釈迦ヶ岳山頂)

さてこの時点でまだ11時前。このまま北尾根を下ったのではお昼過ぎには下山を完了してしまうので、どうしましょう。。。とはいえこの時期どこかへ足を延ばすには時間が少々足りない。

とここで道標に記述のあった釈迦屋敷跡は訪れたことがなかったので、とりあえず東の尾根を下ってみると、コレがなかなか着きませんねえ。。。東のピークを越えて少々心配になってきた頃に道標が現れて、ここで右折するとすぐ下の二重山稜状になった広尾根が釈迦屋敷跡でした。

B161226i
(穏やかなお顔をされてますねえ)

そんな広尾根にぽつんとお釈迦様がまつられていて、昔は周囲におそらく建物もあったのでしょうね。お釈迦様は「甲斐の山山」によると麓の梯(かけはし)から担ぎ上げられたとのこと。柔和な良いお顔をされてますね。

二重山稜状になった場所なので風も通らず、思いもかけずランチ場が確保できたのは、お釈迦様のお導きなのでしょうか?とにかくラッキーでした。

B161226j
(釈迦ヶ岳北尾根・上部は快い雑木林が続く)

B161226k
(こんな巨岩もあり)

お陰でのんびりランチをとれて、これで時間的にも格好がついた感じ。釈迦ヶ岳に戻って、予定通り北尾根を下りはじめます。

北尾根はいちおう地形図の破線路になっていますが、上部はさすがに道形はなし。でも雑木林の快い尾根が続き、その上↑↑こんな巨岩もあってちょこっと遊べます。

B161226l
(林道の直上はアンテナ施設でここも展望良好)

B161226m
(林道より下にはなんと道標が!)

なおも下って行き、突然周囲が開けてアンテナ施設に出ると、その下が折八林道でした。

林道におり、すぐ先の尾根に惑わされずに林道を少し東へ下ると、なんと北尾根の続きには私製の道標があってビックリ。今はかなり整理されたけど、5、6年ほど前に地蔵峠以東の稜線上に設置された道標と同じ道標でした。もしかしてこの道標は下芦川の方が作られたのでしょうか?

B161226n
(道筋は至って明瞭)

B161226o
(釈迦ヶ岳を振り返る)

ということで林道から下は道筋は至って明瞭。あかるい雑木林の中を快適に下れる良い道です。

道自体はかつての道をちょこっと改修した感じですが、果たしてこの道は年間何人歩いているのでしょうかね。。。

B161226p
(良い感じですねえ)

その上、降り立った登山口には例によって道標はなし。この辺りのちぐはぐさも気になります。

登山口から向村橋を渡って県道に出たら、今回は上九一色側の梯に向かいました。そうです上九からのバスに乗るつもりだったのですが・・・今は土曜も運休なんですね。しかも南甲府駅まで行く便もあって昔と比べてずいぶんと変わった模様です。ただ富士急のウエブサイトの時刻表がが昔のままなのは少々頂けませんねえ。

結局市川からタクシーを呼んで芦川駅へ向かったのでした。
 
・・・・・☆
 
2016.12.28追記

上九一色と甲府を結ぶバスは10月から上九一色・中道地区コミュニティバスに変わり、時刻も変更。ただ、土曜も運休(土日祝運休)になったのが個人的には痛すぎます。。。

時刻表
http://www.city-kofu-hp.jp/hospital/files/bustirashi03.pdf

上九一色出張所facebook
https://www.facebook.com/permalink.php?id=100003648654879&story_fbid=881515538646726
  
・・・・・☆・・・・・☆
 
◆ 2016.12.24 (Sat)   快晴
八坂(大八坂) 09:05/09:25- 八坂峠 09:45/09:55- 釈迦ヶ岳 10:45- 釈迦屋敷跡 11:00/12:15- 釈迦ヶ岳 12:25- 林道に出る 13:20- 向村橋(下芦川・地蔵堂)14:45- 梯 15:00
 

|

« 久しぶりに日原から秩父へ抜ける | トップページ | 初歩きは菊花山~九鬼山 »

【御坂・天子・富士】」カテゴリの記事

コメント

Komadoさん、こんにちは。

飯田釈迦ヶ岳、樹の葉が落ちると楽しいですね。

>コレがなかなか着きませんねえ。。。東のピークを越えて少々心配になってきた頃に道標が現れて

確かにちょっと距離がありますね。小生も初訪の時は軽くピストンするつもりが、なかなか見つからずに諦めたことがあります。(苦笑)再訪で北東尾根を下る予定で下っていくと見つかりました。

>上部はさすがに道形はなし。

頂上から少し八坂峠へ下ったところにある三方分山分岐の少し下にある道標のあたりから、北尾根の西側をトラバースして北尾根に取り付く道がありました。これを行くと北尾根上の踏み跡に合流しました。

バスの情報ありがとうございます。今年の3月に乗った時は以前通りだったのですが、その後に変わったのでしょうね。さっそく調べてみたら、上九一式・中道地区コミュニティバスというようです。17時のバスがなくなったので、山歩きには使えませんね。市立病院からの問題はありましたが、上九の湯で時間調整できるので好きなバス路線だったのですが。

投稿: AKIO | 2016.12.27 12:17

AKIOさん、

釈迦ヶ岳は7年ぶりでしたが、南面の木々が育ってきた印象。あの山は釈迦屋敷に寄ってこそ成立する山かなぁとも思いました。

バスの件、調べて頂きありがとうございました。カメラの調子が悪くて時刻表等撮れなかったのです。朝の便はあるようですが、それでも土曜も休みとなればもうほぼ使えないかなあ??しかしライトバンとは・・・中道町営時代に逆戻りですね(笑)。

投稿: komado | 2016.12.28 00:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15040/64675948

この記事へのトラックバック一覧です: 八坂から釈迦ヶ岳を越えて下芦川へ:

« 久しぶりに日原から秩父へ抜ける | トップページ | 初歩きは菊花山~九鬼山 »