« ヤマユリ咲く金比羅尾根を歩く | トップページ | 久しぶりの夏山縦走を愉しむ 2(早月小屋~剱岳~剣御前小舎) »

2016.08.16

久しぶりの夏山縦走を愉しむ 1(馬場島~早月小屋)

B160816a
(これが噂の「試練と憧れ」・馬場島登山口)

遠出は「天候が命」の自分にとって近年の夏の不安定さはもはや鬼門でしたが、今年は何とか3年ぶりに歩くことができました!ということで今回選んだのは長らく課題にもなっていた、北アで残された二つのおおもの片方のお山。

それにしても新幹線は速い!大宮から富山二時間かからず。地鉄でちょい待ちがあったものの(これはこれで楽しめた)、10時半には登山口である馬場島から歩き出せるんですから。早月小屋までなら余裕の行程です。

B160816b
(展望台より・大窓が真正面に望める)

とはいえ西日本は高温続きのこの夏。覚悟はしていたものの馬場島で33℃では歩き出し早々から大汗かかされて大変な道のり。とはいえ尾根自体は急ではありますけど、しっかり整備されていて大変歩きやすいですね。

あと空気が乾燥していて、少し上がると風が通るようになったのはちょっと救いでした。

B160816c
(10mを超えるスギの巨樹)

人が全くいないと言うことはないけど、さすがにこちらは人が少ない。至って静かで快適なのもポイント高いです。ただ花も少なく、咲き始めたツルリンドウがぼちぼち目に入るぐらい。

でも↑↓のようなスギの凄い巨樹が何本もいて驚きました。これはこの周辺の山では珍しくない?のか、それとも劔の登拝路になっていたせいなのか??おのぼりさんの自分にはよくわかりませんが。。。

B160816d
(これもゴイスー!)

B160816e
(1600mを越えた辺りからガスってくれた)

時間に余裕があったのでこまめに休憩を入れながら登っていくと、周囲からガスが上がってきて、まもなくこちらにもかかってきたのはラッキーでした。

ガスのお陰で助かった。ピーカンのまま小屋まで行かされてたら少々バテてた所でしょう。

B160816f
(ツルリンドウ)

B160816g
(こんな池もあり)

するとお花も徐々に出てきて、目立ったのはミヤマアキノキリンソウ、ヤマハハコ、タテヤマアザミ、ハクサントリカブト、オンタデあたり。道脇にイワイチョウが咲いていたところは最後まで雪が残っているところなのでしょうか。

今年は雪が超少なかったようなので、雪解けの花が殆ど終わっていたのはしょうがないところでしょう。。。

B160816h
(キヌガサソウ間に合わず・・・)

B160816i
(オオシラビソが出てくると小屋は近い)

それでもお花はぼちぼち咲いていたので、それを愛でつつのんびり登っていると、周囲にオオシラビソの木が目立ちはじめてそろそろ小屋近しの雰囲気。

と思いはじめたら突然周囲の開けた2224m峰に飛び出し、そのすぐ先には小屋とテン場が見えていました。

B160816j
(劔岳と早月小屋)

そおいや北アの小屋に泊まるのってなんと3年ぶりでした。早月小屋は稜線上のシンプル且つ快適な小屋で、自分的にはキレット小屋をちょっと思い出しました。

ちなみにここは水が本当にないので、飲料水はお金で解決(笑)それ以外のもろもろは持参が宜しいかと思います。

B160816k
(小屋から雲海も楽しめた)

寝所も蚕棚ではないので明るく、しかもこんな↑↑雲海や夜景も楽しめ、布団も一人一枚を確保でき、同宿の方にも恵まれて、楽しい一夜を過ごすことができました。

でもこの時期目玉のペルセウス座流星群をその時間だけガスって見られなかったのが・・・(T-T)。
 
・・・・・☆
 
◆ 2016.08.12 (Fri)   晴 後 霧
馬場島 10:30- 展望台 11:05/11:15- 1600m標識 12:45/13:05- 1920.7m峰 13:45- 早月小屋 15:10
 
 
タクシー(上市駅~馬場島) ¥9100
早月小屋(1泊2食) ¥10000
水(PET 2L) ¥900
お茶(PET 500ml) ¥500
 

|

« ヤマユリ咲く金比羅尾根を歩く | トップページ | 久しぶりの夏山縦走を愉しむ 2(早月小屋~剱岳~剣御前小舎) »

【その他の山域】」カテゴリの記事

コメント

kbさん、

北陸方面は新感線じゃなくて新幹線ができて本当に早くなりましたね。これで富山金沢は完全に関東圏の仲間入り??関西財界の懸念がよくわかるような変わりっぷりです。

実は1番の新幹線で馬場島入りはもっといるかと思ったら自分一人だけでした(笑)。まぁ暑い盛りですから。秋なら絶対にこちらの方が楽しいと思います。泊まりなら特に。早月日帰りは黒戸尾根の日帰りと同じイメージですね。自分はできそうだけど泊まった方が断然楽しいとおもいます。

投稿: komado | 2016.08.18 23:15

北陸新幹線が金沢まで開通し富山が近くなりましたね
十年程前に早月尾根から劔に登った時は夜行寝台でしたね
同じ様に早月小屋に泊り翌日劔に登りましたがカニの
ハサミ付近で早朝番場島から登って来た人に抜かれ
山頂付近でその方が下って来て吃驚。
日帰りする人がいるとは知っていましたがkomadoさん
の様な人がいるんだなと思いました
劔御前側からも登ったことがありますが早月尾根の方が
花もあり人も少ないのでとても良かった記憶がありますね

投稿: kb | 2016.08.18 11:25

SAKURAさん、

今年は日本海側の方が天気が安定してたので、こちら側になりました。

剱と言えば人の多いイメージでしたけど、さすがにこちらは快適なレベル。でもですね一通り歩いた感想は早月も別山も労力はそんなに変わらないと思いました。泊まりなら特に。

自分は天気優先なのでほぼ直前決定、よってタクシーは予約なしです。値上げしたようなので予約しても少し安くなるぐらいだと思われます。

投稿: komado | 2016.08.18 07:19

komadoさん、お帰りなさい~♪
素晴らしい縦走が出来た事でしょう。

今年の狙いは剣だったんですね。
面白いところから登られて…と思って地図を見ています。
上市駅からのタクシーは予約しておいたのかなぁ~?
しかし、剣まで8時間の登りは長いなぁ…
文明の利器にお世話になりたいけど、小屋も剣のルートも静かなのは魅力的ですね。
次回を楽しみにしています。

同じお花に出会えたご様子ですね。
やはり、ちと咲き進んでましたね。

投稿: SAKURA | 2016.08.16 23:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15040/64066834

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりの夏山縦走を愉しむ 1(馬場島~早月小屋):

« ヤマユリ咲く金比羅尾根を歩く | トップページ | 久しぶりの夏山縦走を愉しむ 2(早月小屋~剱岳~剣御前小舎) »