« 超遅出で鉄五郎新道を下る | トップページ | 久しぶりの夏山縦走を愉しむ 1(馬場島~早月小屋) »

2016.07.27

ヤマユリ咲く金比羅尾根を歩く

B160727a
(ヤマユリ咲く金比羅尾根のひとコマ)

さてさて関東地方の不安定な天気はなおも続いたまま東海北陸までは梅雨が明けてしまいました。こういう年は確か・・・とうヨタはさておき、先の週末は土曜(07/23)しか動けなかったので、先週に引き続いての御岳スタートの超遅出の山行き。

先週は鉄五郎新道を下るだけだったので、今回はちょっとだけ距離を伸ばして日ノ出山からかなり久しぶりに金比羅尾根を下ってみました。

B160727b
(歩き出しは小雨・夏の花は少ない)

今回は先週よりも一時間遅い14時スタート。驚いたのが上についたら霧雨が降っていたことで、とはいえ空は明るいし、ここまで来て歩かないわけにもいかないので傘をさしてスタート。

超遅出の上のこの天気では日ノ出山までの道中もガラガラで快適そのもの。ただまだ夏のお花は少なく、見頃に入ったヤマユリが俄然目と鼻を?ひきます。

B160727c
(それでもヤマユリは見頃になっていた)

B160727d
(日ノ出山)

歩き出しから40分ほどで日ノ出山に着くと、ここはさすがにこの天気でも結構な人出。でもみんな若いので??と思っていたらみんなpokémonやってるぞ(笑)。

そんな様子を尻目に少し休んだら、さっさと金比羅尾根へ向かいます。しかしここからの下り、↓↓この階段はかなり歩きづらいですね。奥多摩でも格段に人の多いところでしょうから道の保護とわざと走り辛くさせている??感じ。木が濡れていると滑りやすいのでここはかなり気を遣いました。

B160727e
(この階段が歩きづらい)

B160727f
(オオバギボウシ・咲き始め)

日ノ出山周辺はお花もグッ増えてというか種類はヤマユリとオオバギボウシが大半でしょうか。それにオカトラノオとキツネノカミソリがちょこっと。

時期的に刈り払いの方が入っていましたけど、お花を綺麗に避けていたのは見事でした。

B160727g
(いつこうなったのでしょう?な展望絶佳の麻生山)

適当に歩いて金比羅尾根に入ると、ここから先は18.9年ぶりではないでしょうか?いきなり左手が一面伐採されていてビックリしましたが、おかげで花の彩りがあって悪くはないですよ。

その伐採跡は直に途切れたものの、麻生山に上がるとここも尾根の左手が一面皆伐されていて、展望の山になってしました。この辺りはいつ伐採されたのでしょうかね?ベンチも設置され良い休憩ポイントになっているので、巻くのは少々もったいない山になったと思います。

B160727h
(意外に雑木林もあるんですねえ)

B160727i
(こんな状態のも・笑)

そしてその先も植林がメインになるものの雑木林も意外に多くて、涼しいこともあってなかなか快適な道のり。伐採跡もちょこっとあって、昔のような植林一辺倒のイメージが良い意味で裏切られた印象です。

お花は少ないながらもヤマユリが点在していてそれも良いアクセントでした。

B160727j
(橋で林道を越えると)

B160727k
(つるつる金刀比羅神社)

それでも金比羅山までは少々長いですね。時間が時間なので(笑)神社見かけた時は少々ホッとしました。

さっそく参拝・・・しようとしたら神社周辺の地面が滑ること滑ること。危ないよ!本当に。要は人に踏み固められまくった地面が雨で湿ったのでツルツルになったのでしょう。ここがこの日一番恐怖を感じたところでした(笑)。

B160727l
(展望台より)

ということでなんとか参拝を終えたら、これまた満開のヤマユリが咲く参道をルンルン下って、五日市駅へ向かったのでした。
 
・・・・・☆
  
◆ 2016.07.23 (Sat)   雨 後 曇
御岳平 14:00- 日ノ出山 14:45/14:55- 麻生山 15:35/15:45- 金比羅神社 17:10/17:20- 武蔵五日市駅 17:55
 

|

« 超遅出で鉄五郎新道を下る | トップページ | 久しぶりの夏山縦走を愉しむ 1(馬場島~早月小屋) »

【奥多摩】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15040/63966842

この記事へのトラックバック一覧です: ヤマユリ咲く金比羅尾根を歩く:

« 超遅出で鉄五郎新道を下る | トップページ | 久しぶりの夏山縦走を愉しむ 1(馬場島~早月小屋) »