« 有間山から大丹波川へ・アカヤシオを見に | トップページ | アカヤシオに染まる宗屋敷尾根から熊倉山へ »

2016.04.26

ふたたび泣坂ノ頭を一山として登る

B150426a
(スバノ沢ノ尾根のヒカゲツツジ満開でした)

アカヤシオの次は・・・もちろんこうなるでしょう。(^^)

先週末は(04/23)は半年ぶりの泣坂ノ頭を、これまた半年前と同じシンナシ沢左岸尾根というか北尾根たるスバノ沢ノ尾根を登路にとって歩いてきました。

B150426b
(ふかしろ湖もすでに新緑)

今回は大樺尾根以来一年ぶりに一番の小菅行きのバスで元の深城である小金沢公園に出てからのスタート。天気はイマイチなれど、空はどことなく明るく、新緑は最高潮。まずはスバノ沢ノ尾根の取り付けまでてくてく小金沢林道を歩きます。

前回はシンナシ沢から適当に取り付きましたが、今回は西の枝尾根から送電線巡視路を利用してみました。さすがにこちらは歩きやすいですね。登りは急なものの道がうまくつけられていて、いともあっさり送電塔に着いてしまいました。

B150426c
(スバノ沢ノ尾根<泣坂ノ頭北尾根>下部の送電塔)

B150426d
(1026m峰ツガの大木)

あっさり着いたとはいえ巡視路があるのはここまで。送電塔からが登りは本番ですが、尾根伝いの急登が続くものの去年歩いた東の主尾根よりは歩きやすい感じです。

なので1026m峰にもあっさり到着(笑)。ここは大ツガの立つ岩峰で、ここにもいたんですねヒカゲツツジが。でもお花はほぼ終わっていて少々焦りました。1000mならまだ花が残っていると踏んでいたので。。。

B150426e
(ギャップから先は左手が植林に変わって・・・)

B150426f
(ヒカゲツツジが出てきた)

1026m峰から慎重に南のギャップに降りれば、尾根はここからが本番。やがてヒカゲツツジやミツバツツジが出てきます。

尾根に被る灌木はまだ濡れていましたが、暑いぐらいになった身体をほどよく冷やしてくれて却って気持ちが良いです。服もザックも汚れますけど(笑)。

B150426g
(ヒノキとオノオレカンバの大木同士が合着している)

B150426h
(花付きも宜しいようで・・・)

ヒカゲツツジが出てきはじめた当初こそお花は盛り過ぎだったのが、登るにつれてちょうどいい塩梅になり、同時に花も増えてきて、自然とあちこち寄り道をしてしまいます。

花の密度は当然坪山には全く敵わないものの、ちょいちょい見られる感じが却って自然で好ましいと思いました。

B150426i
(ミツバツツジも見事でした)

B150426j
(尾根周辺はオノオレカンバの大木が多い)

花期に再訪して気がついたのが、案外広範囲で見られたこと。おかげで今年はヒカゲツツジを十二分に堪能出来ましたよ。

あと岩場が多いせいかオノオレカンバの大木も多いような・・・。

B150426k
(オノオレカンバのご神木??にも再会)

B150426l
(大ミズナラにも!)

この尾根の主とも言えるオノオレカンバの巨樹が立つ肩に出ると、ツツジのお花はおおよそお終い。

ここからなぜか(本当に!)カラマツ植林に変わって最後の登りにさしかかります。カラマツは芽吹きが始まっているものの、こう歩いていても緑は見えない。でも遠くの山肌は薄く緑がかっているのがわかる不思議。

B150426m
(山頂直下の大岩より、芽吹く楢ノ木尾根)

B150426n
(泣坂ノ頭山頂直下の緩斜面)

例によって大岩にも寄って、山頂に着いたのはなんと12時半。寄り道が過ぎるような気もしますけど(笑)それができるのも一山として登ったから。

ランチは当然南の緩斜面で。まだ大峠の林道も開通していないので、ハイカーが通りがかることもありません。

B150426o
(マメザクラ)

B150426p
(大峰権現は何とか形を保っている感じ)

休憩を終えたらそのまま南尾根を下っても良いのですが、さすがにそれはあんまりなので、今回はイタゴヤ沢右岸尾根を下ることにして、まずはお隣の大峰へ向かいます。

大峰は一年ぶりなので変わったところはないようだけど、あまり人も来てない感じ。今やこの山を目指して登る人はほとんどいないんでしょうね。大半が楢ノ木尾根の縦走で。

B150426q
(イタゴヤ沢右岸尾根1164m峰附近)

山頂の大峰権現に参拝したら、北尾根の急斜面を慎重に下ってイタゴヤ沢ノ右岸尾根へ。

個人的に楢ノ木尾根北側の斜面は林相的な妙味に乏しいイメージなのでここも期待してなかったら、意外や意外芽吹きに新緑の美しい雑木林が続いてなんとも嬉しい道のり。

B150426r
(1164m峰を過ぎると意外や痩尾根が続くようになった)

B150426s
(芽吹き、新緑がとにかく見事)

1164m峰をすぎると痩せ尾根が続いたのは意外でしたが、ちょっとしたRFの妙味もあって、なかなか良い尾根ですよこれは。

さすがに下部にさしかかると植林が絡んでくるのはしょうがないけど、それも長くは続かず、突然尾根を横切る明瞭な道に飛び出しました。

B150426t
(尾根を横切る明瞭な道の脇には馬頭さま)

なんだこの道は?と思ったのものの、尾根の先には馬頭さまが祀られており、道沿いにモミの大木が平気で立っている様子は明らかに古道の雰囲気。

もしかしてこれは上和田と深城を結ぶ古道なのでしょうか?気になりながらも後ろ髪引かれつつ、ここはなおも尾根伝いに行くと、軽く登ったところには二つの比較的新しい祠。ダム工事の際に??新調されたようです。

B150426u
(ここまで進んでみたが、引き返した)

そこから先を行くと、じきにふかしろ湖を見下ろす展望地に出たところで、とうとう先へ行けなくなってしまいました。こうなるとあとの選択肢は引き返してあの古道?を下るしかありません。

さてその古道、和田側は植林、深城側は雑木林となれば、安全に下れる確率が高いのは当然植林の方。なので和田側の方を辿ると道は明瞭にトラバースしながら延びていてついつい先を追ってしまいますが、もうそれを追う時間は無いので(笑)下の車道が見えたところで下へ下ると、うまいこと葛野川トンネルの脇に着地できました。

B150426v
(モミの大木がいることからしても明らかに古道だろう)

そこから竹の向はすぐ先で、ここで山歩きはお終い。

最後の最後で新たな発見があったことにちょっと喜びつつ、帰りのタクシーを待ったのでした。
  
・・・・・☆
  
◆ 2016.04.23 (Sat)   曇 時々 晴
小金沢公園 07:10- 尾根取付 07:35- 1026m峰 09:05- 泣坂ノ頭 12:40/13:40- 大峰 14:00/14:10- 1164m峰 14:55- 旧道に出る 16:15/16:35- 葛野川トンネル 16:45- 竹の向 17:00
 

|

« 有間山から大丹波川へ・アカヤシオを見に | トップページ | アカヤシオに染まる宗屋敷尾根から熊倉山へ »

【大菩薩・権現山稜】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15040/63536305

この記事へのトラックバック一覧です: ふたたび泣坂ノ頭を一山として登る:

« 有間山から大丹波川へ・アカヤシオを見に | トップページ | アカヤシオに染まる宗屋敷尾根から熊倉山へ »