« 藪岩乗り越え、八幡尾根をちょこっと辿って金峰山へ | トップページ | 錦繍の日原・孫惣谷をめぐる山をひとめぐり »

2015.10.26

紅葉の下見を兼ねて三頭山へ

B151026a
(三頭山直下、紅葉の盛りは過ぎた)

やれやれ・・・紅葉シーズンに入ったというのに所用が重なりまるまる三週間あいてしまいました。その間に紅葉の盛りが近場の山に来たので、今秋は久しぶりに奥多摩の連荘。初日の土曜(10/24)は様子見を兼ねて三頭山の辺りを良い子に歩いてきました(笑)。

今回も楽をしてバスで都民の森へ出てからのスタート。紅葉シーズンだし、人出も多いだろうと思い込んでいたら、コレが意外や意外、三頭沢の道のりは意外に人が少なく、すれ違った人を含めても10人ほどだったのには驚きました。

B151026b
(ケヤキ)

B151026c
(三頭沢下部)

紅葉はすでに都民の森でも始まっていますが、都民の森から三頭沢の中部辺りまではまだまだ緑が優勢な感じ。

徐々に増えていく紅葉を愛でつつ、足下の名残の花を愛でつつ、ほんのり漂うカツラの甘い香りを楽しみつつ、気持ちよく歩けたのは、思いの外人出が少なかったおかげでしょう。

B151026d
(オオイタヤメイゲツ)

B151026e
(三頭沢上部で見頃になった)

そして紅葉は三頭沢の上部辺りが盛りで、ひときわ紅く色づいたウリハダカエデが目を引きます。

ムリカリ峠に出て三頭山へ向かうとこちらでも紅葉はまだまだ楽しめました。

B151026f
(ヤマボウシ)

B151026g
(ハウチワカエデ)

じきに着いた三頭山の山頂がさすがの人出で山頂は人でいっぱいだったのは当然なんですけど、今までの道のりが静かだったので妙な違和感が・・・(笑)。

でも人がたくさんいたのはここだけ。山頂は休むスペースすらないのでそのまま西の鶴峠方面へ下りはじめます。

B151026h
(この日唯一の展望ポイントより大菩薩方面)

B151026i
(紅葉見頃のレンジは1300~1450mぐらいでした)

西へ下った露岩で展望をちょこっと楽しんでからなおも下ると、この辺りが紅葉の盛り。好天と相まって楽しい道のりです。

あとバスのお陰なのか、鶴峠から登ってくる人も今は結構いらっしゃるんですね。

B151026j
(リンドウも咲き始めた)

B151026k
(巻道分岐の辺りはまだ緑が優勢)

なおも下っていくと周囲は緑が優勢になり、そして周辺に立派なブナが目につくようになると、そろそろ巻き道の分岐。

ランチはどうしようか迷ったんですけど、最終的には分岐のお隣のピークでとらせてもらいました。↓コハウチワカエデの紅葉が本当に綺麗だったのです!

B151026l
(綺麗に色づくのはやはりコハウチワカエデ)

B151026m
(北面巻道・コアジサイは黄葉)

ランチを終えたら、お次は戻るように巻道に入ります。午後の北面は日陰が多くなってしまうのが残念ですが、林の良さが楽しい道のり。

しばらく行くと、美しいシオジ主体の渓畔林が広がる玉川に出て一休み。シオジの新鮮な落葉で周囲が緑に埋もれる様子も実は秋の光景。本当はこのまま玉川を下って帰りたかったんですけど、バスの時間があいてしまうので、今日の所はそのまま先を行くしかありません。

B151026n
(玉川の辺りはシオジの落葉で埋もれている)

B151026o
(ヌカザス尾根・中腹でこんな感じ)

まもなくヌカザス尾根の道と合流したら、今回はかなり久しぶりにヌカザス尾根を下りました。

紅葉はオツネノ泣坂辺りまでが盛りでししょうか。道が急なのは良いのですが、下りと決めた身にアップダウンが多いのはなかなか堪えます。でも途中で珍しいイヌブナの一本木に逢えたのが今回の収穫でしょうか。

B151026p
(こんな立派なイヌブナがいたんですね!)

B151026q
(浮き橋は二年ぶりか?)

周遊道に出て、大回りさせられつつも浮き橋に降りれば山歩きはほぼ終了。なぜかカップルばかりだった中を黙々と渡って(笑)峰谷橋へ向かったのでした。
 
・・・・・☆
 
◆ 2015.10.24 (Sat)   晴 時々 曇
武蔵五日市駅 09:00→ 都民の森 10:10/10:15- 三頭山 11:35- 巻道分岐 12:20/12:50- 鶴峠分岐 13:40- ヌカザス山 14:10- イヨ山 14:45- 麦山の浮橋 15:30- 峰谷橋 15:40
 

|

« 藪岩乗り越え、八幡尾根をちょこっと辿って金峰山へ | トップページ | 錦繍の日原・孫惣谷をめぐる山をひとめぐり »

【奥多摩】」カテゴリの記事

コメント

お忙しそうで山に行くチャンスが少なくなって
いますが元気そうで何よりです。
このコース3週間後に歩く予定にしていますが
紅葉はもう終わってしまっていますね
葉の落ちた山道もなかなか良いとは思いますが。
鶴峠からの道は人も少なくブナの黄葉が本当に
綺麗でいいですよね。

投稿: KB | 2015.10.27 09:03

KBさん、

なんとか紅葉に間に合ってホッとしております(汗)。

実は別のお山の予定だったのですが、ちょっと寝坊をしてしまったので急遽三頭山にしたのでした。でも普通に歩いてもいい山ですね。人出が思いの外少なかったのは文化の日の前の週のせいだったのでしょうか。。。

投稿: komado | 2015.10.27 22:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 藪岩乗り越え、八幡尾根をちょこっと辿って金峰山へ | トップページ | 錦繍の日原・孫惣谷をめぐる山をひとめぐり »