« 浅間尾根を通しで下る | トップページ | 浅間嶺から松生山へ抜ける »

2015.09.25

表参道から登る金峰山

B150925e
(鶏冠のスラブに上がると、五丈石と片手回しが現れた)

シルバーウィークはそこそこ天気に恵まれましたね。自分は所用で遠出なしな近場の連荘で、まずは初夏に平岩尾根を歩いてから懸案となっていた金峰山表参道を歩いてきました(09/22)。

一番バスでアコウ平に降りたのは今回は自分だけ。こうなると金峰山までの一人旅は確定で、まずはてくてく荒川に降り、御堂川出合附近で「奥秩父」に記述のある荒川不動尊を探してみましたが、やはりよくわかりせん。

B150925b
(シラベの二次林が続く)

そんな状況では捜索にあまり時間をかけてもしょうがないので、適当なところで切り上げて飛び石で荒川を徒渉(飛石で徒渉できる所は一箇所しかない)。今回は素直に御堂川に沿う道筋を追います。

道は御堂川に沿うと言うより、御堂川から右に離れた枝沢や枝尾根を登っていく感じ。15分弱で涸れた河原に降り立つと、そこが水晶峠からの表参道との合流点でした。

B150925c
(御室小屋)

B150925d
(小屋奥の神社跡?で参拝してから先を行きます)

合流点から軽く登ると10分ほどで御室小屋に到着。小屋は噂通り倒壊していて使えませんが、小屋の手前にはテントの張れるスペースがあるのでテントならokでしょうか(水場は未確認)。

周囲は何となく荒れた雰囲気は否めないところですけど、小屋奥には神社跡と判読できない石碑があり、なんとなく往時を偲ばせます。そんな雰囲気に浸っていると少々気が引き締まりますね。ここから先は本格的な参道。休憩を終えたら一礼して先を行きます。

B150925t
(鶏冠のスラブに出ると周囲が開ける)

B150925f
(これが鶏冠でしょうか?)

小屋から右手の尾根に取り付くといきなりの急登ですが、さすがに登山道は歩きやすい。じきに周囲の開けた鶏冠のスラブに出ると、ここで行く先に五丈石と片手回しが目に入って一気にテンションが上がりました。

スラブから登り切った所にある巨岩が鶏冠なのでしょうか?その巨岩を左に巻くと、道は尾根を左右に巻きながら徐々に登っていきます。

B150925g
(ダイモンジソウ・咲き残り)

B150925h
(シラタマノキ・結実)

さすがにお花はほとんど終わりで、ダイモンジソウの咲き残りが少々。あとはみんな結実していて、周囲の低木も色付き始めています。

道は相変わらず急なものの歩きやすく、あっけなく片手回しの基部に出てしまいました。

B150925i
(片手回しの裏手に出ます)

B150925a
(片手回しより・右奥に五丈石)

遠くから見ると丸石がちょこんと乗っかっているように見える片手回しも近くから見ると意外にいびつで、当たり前ながら下の岩としっかりくっついているんですね(笑)。

せっかくなので一礼をして登ってみました。さすがに上までは登れませんが、慎重に登れば肩までなら行けます。

B150925j
(こんなコメツガの林もある)

B150925k
(五丈石が近づいてきた)

道は相変わらず急なものの、というか急なお陰でグイグイ登れて、気がつくと五丈石がかなり近くにいて驚きました。五丈石を見ながら登るというのはなかなかオツですね。いかにも登拝している感があって、いつもとはちょっと違う気分になれます。

この辺りまで上がると周囲はもう紅葉が始まっていて、黒木の山肌に赤と黄色が点在して広がっている感じは高いところらしい色付き方。

B150925l
(ナナカマド・尾根上部で紅葉盛り)

B150925m
(ダケカンバも尾根上部で盛り)

もちろん目の前のナナカマドやダケカンバももう盛りでしたが、天候のせいもあって色付きは今ひとつ。それでも日差しがあれば綺麗に輝いて、なかなか素敵です。

そんな紅葉を愛でつつ登ると、あっけなく五丈石の裏手に出てしまいました。

B150925n
(五丈石と金峰山神社)

B150925o
(千代の吹上方面)

まずは目の前の金峰山神社に道中の無事を感謝して、表側に回ると連休とあって周囲は人だらけ。

これでは休む場所がない・・・ことはなくて、こういう時こそというか、御室から登ってきたからこそ、一礼して五丈石に上がらせてもらいました。

B150925p
(瑞牆山を侍らす小川山)

B150925q
(山頂は人が多い)

上に上がったままだと目立っちゃうので(笑)、南の岩陰に隠れて周囲の展望を楽しみつつランチ。ここは人の多い山頂にあって静かに過ごせるところではあるんです。とはいえ登るのは当然お勧めできないのですけど。

心ゆくまで展望を楽しんだら、五丈石から降りて帰路につきます。

B150925r
(ナナカマド黄葉)

B150925s
(朝日山より金峰山を振り返る)

大弛峠までの稜線もナナカマドやダケカンバが紅葉の盛り。黒木林なので点在する形にはなってしまいますけど、晴れていたこともあって見事でした。

やはり紅葉には日差しの力が欲しい。ガスっていても綺麗な紅葉なんて、よほど綺麗に色づいたときだけですから。

B150925t
(稜線はナナカマドが綺麗でした)

大弛からのルートはよくインスタント登山と言われますけど、確かに標高差こそ少ないものの距離は意外にあるんですよね。今回は長雨の後という事もあって黒木林にも潤いがあって、意外に趣のあった道のりでした。
 
・・・・・☆
 
◆ 2015.09.22 (Tue)   晴 時々 曇
塩山駅 07:30→ アコウ平 08:40/08:50- 御堂川出合 09:05/09:15- 御室小屋 09:40/09:50- 片手回し 10:25/10:40- 金峰山 11:50/12:30- 朝日山 13:30- 大弛峠 14:15
 

|

« 浅間尾根を通しで下る | トップページ | 浅間嶺から松生山へ抜ける »

【奥秩父・秩父・奥武蔵】」カテゴリの記事

コメント

takigoyamaさん、

仰るとおりアコウ平からの表参道はめっけものですね。今後は登山者が増えるような気がしてます。

でもあまり増えちゃうのも複雑ですけど、もし表参道が普通にハイカーが歩く道になったら、原センセもさぞかし驚かれることでしょうね。

投稿: komado | 2015.10.01 22:42

グ-グル+の写真にもタマランチ会長も大喜び アコウ平からから登れば「秩父の王子」原全教さんにイイネがい頂けるかも、何時もkomadoさんの後追いなのにまたお思い出せるなんてありがたいです。


投稿: takigoyama | 2015.09.30 15:43

AKIOさん、

ありがとうございます。
歩いてみた感想はなかなかの好コース。荒川の徒渉が少々難アリかも知れませんが、バスもあることですし、今後は利用者もかなり増えていくのかなと思っています。

アズマシャクナゲの花期も一つの好機だと思いました。

投稿: komado | 2015.09.27 23:06

Komadoさん、こんにちは。

大変興味深く読ませていただきました。写真で様子もよくわかります。ガイド本の代わりになる記事でした。22日は連休中でも一番の好天でしたね。小生もいつか天気の良い日に歩いてみたいと思っています。

投稿: AKIO | 2015.09.26 08:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15040/62346980

この記事へのトラックバック一覧です: 表参道から登る金峰山:

« 浅間尾根を通しで下る | トップページ | 浅間嶺から松生山へ抜ける »