« 夏の岩手山、まったり縦走 2 | トップページ | 後立山の稜線をつなぐ 2(針ノ木岳~赤沢岳~種池) »

2015.07.30

後立山の稜線をつなぐ 1(扇沢~針ノ木峠~蓮華岳)

B150729a
(蓮華岳への登りしなより針ノ木岳)

予想はしていたものの梅雨明けとは言えどうも不安定な天気が続いてますけど、先の週末は意外に天気が安定しましたね。そういう自分も今回は急遽予定を組んで、一年ぶりの北アでした。

今回は本当に急遽決めたため何も用意をしてなかったので、金曜最終のあずさで松本へ行き、時間調整の後、タクシーで直接扇沢へ出る段取り(¥19260・深夜割増)・・・

B150729b
(朝の大沢小屋)

が、予定では4時ぐらいに扇沢着のつもりも3時には着いてしまい、一瞬どうしようかと悩みましたが、一度寝ると調子が悪くなるので、のたのた準備をしてスタートしてしまいました(笑)。

道は当然真っ暗で関電管理道と交差している辺りは幾分わかりづらかったものの、針ノ木自然歩道に変わるとあとはおおむね一本道。自分以外にも歩く人はいたものの、皆さん軽装で日帰りのようですね。

B150729c
(針ノ木雪渓を登ります)

しらじらと夜が明けて周囲が明るくなってきた頃、大沢小屋に着き、ここで朝食。普段の様子は当然わかりませんが、小屋の方が起き出した時間とあって静かでなによりです。

休憩を終えて再び歩き出し、タニウツギなんて久しぶりだなあ~なんて喜んでいると、じきに針ノ木雪渓に出ました。

B150729e
(意外に短かったですね)

ここからしばらくは雪渓歩き。雪は思いの外締まって快適に歩けまるし、。傾斜もさほどではなく、涼しい風に吹かれながらすいすい登れて快適そのもの。アルプスもみんなこんな感じで登れると嬉しいんだけどなあ・・・と思ってしまいますね(笑)。

両側の迫ったのどを過ぎると傾斜も緩み、その先で雪渓はあっけなく終了。夏道に入ると今度はお花たちが目を楽しませてくれます。

B150729f
(ミヤマキンポウゲ)

B150729g
(アオノツガザクラ)

草地ではミヤマキンポウゲにベニバナチゴ。そして岩手では遅かったチングルマ、アオノツガザクラもまだまだ見られてホッとしました。

さすがに峠近くは傾斜が急でしたけど、道がしっかり切られており難なく歩けて、あっけなく針ノ木峠に着いてしまいました。

B150729h
(雪渓自体は針ノ木峠まで繋がっていた)

B150729i
(コイワカガミ)

この時点でまだ7時半前。手続きをするには時間が早すぎてかなり行きづらいので、展望を楽しんだり、峠にいたハイカーとお話したりして時間調整をします(笑)。

そして8時を過ぎたところで小屋へ向かい手続きをし、さっさとテントを張って寝てしまいました。

B150729j
(さて、蓮華岳へ向かいましょうか)

B150729k
(のっけの急登をこなせば、あとは緩やか)

ふと目が覚めるとまだ9時半。午後の天気がわからないので、蓮華岳へ向かうことにして小屋前に出ると、先ほどまでとは違って凄い人。さすがに夏山最盛期ですね。

その中かいくぐって峠に出てたら、のっけは急登。も、さほど続かず、傾斜が緩むと周囲の山山を眺めながらの快適な稜線歩きの始まりです。

B150729l
(ミヤマリンドウ)

B150729m
(タカネヤハズハハコ)

B150729n
(蓮華岳が見えてきた)

周囲の展望が素晴らしいのはいうまでもなく、お花も意外に多かったのがあまり期待してなかっただけに、これもも嬉しい道のり。のんびり歩いて、1時間ほどで蓮華岳の山頂に着きました。

山頂からは東へ延びる東尾根が見た目快適そうで気になりますね。積雪期のルートでしょうか。

B150729o
(蓮華岳より)

B150729p
(クモマスミレ)

北側は存在こそ小さいものの、やはり槍ヶ岳が目を引きます。そして目の前の大下りに、七倉・不動の稜線はえぐいアップダウンを連ねてます。蓮華から南は烏帽子までが未踏なので、次はこの稜線かとまじまじと見てしまいました。

展望を楽しんだら来た道を戻ります。コマクサはこちらでも盛り過ぎ。岩手のコマクサロードと同じような状態でした(笑)。でも規模の小ささは否めないなあと思ってしまったのは岩手のを見た後だからだと思います。

B150729q
(タカネシオガマ)

B150729r
(剱岳も近い!)

B150729s
(コマクサは盛りを過ぎていた)

これまた小一時間ほどで峠におりたら、小屋に寄って針ノ木ラーメンを食べてみました。あんかけなんですね。自分で言うのもなんだけど、なんか凄いお金の使いっぷりですよ(笑)。

お腹を満たしたらテントに戻って、クソ暑い中ひたすら熟睡。ホントによく寝ました。なんか針ノ木へ眠りに来た感じですね(笑)

B150729u
(夕暮れのテン場より)

でもたまにはこんな時間の使い方も悪くないです。小屋は布団二人以上なんて話を聞くと、こんな事をやること自体が実は贅沢なことなのかも。おかげさまで本当に気持ちよく寝られましたよ。

夕暮れはそれなりに雰囲気ありましたけど、雲が多くて星空は×。でも今回はほっとんど寝てましたから。。。(笑)
 
・・・・・☆
 
◆ 2015.07.25 (Sat)   晴 時々 曇
扇沢駅 03:40- 大沢小屋 04:55/05:15- 雪渓に出る 05:30- 夏道に入る 06:45- 針ノ木小屋 07:25/09:45- 蓮華岳 10:40/10:50- 針ノ木小屋 11:40
 
 
針ノ木小屋(テント) ¥700
発泡酒 (ロング缶) ¥300
コーラ(PET 500ml) ¥500
針ノ木ラーメン ¥1200
水(2.5L) ¥500

 

|

« 夏の岩手山、まったり縦走 2 | トップページ | 後立山の稜線をつなぐ 2(針ノ木岳~赤沢岳~種池) »

【その他の山域】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15040/61980995

この記事へのトラックバック一覧です: 後立山の稜線をつなぐ 1(扇沢~針ノ木峠~蓮華岳):

« 夏の岩手山、まったり縦走 2 | トップページ | 後立山の稜線をつなぐ 2(針ノ木岳~赤沢岳~種池) »