« 万六ノ頭を西から横断して小坂志川へ | トップページ | 中道沢を繞る山稜を歩く »

2015.03.16

徳並山を一山として歩く

B150316a
(勝沼尾根のひとコマ)

三月に入って春めいてきたのか、天気も不安定になって先先週のお山はお休み。先の週末もどうも今ひとつっぽかったのが、日曜になって山梨方面が晴れそう、ということで急所遅出で出発。長年懸案でありつつも放置していた勝沼尾根をようやく歩いてました。

しかし東京は雨でも降り出しそうな曇り空だったのが、上野原過ぎた辺りから晴れてきて甲府盆地に出たらほぼ快晴。こんなことならきちんと早起きするべきでした。まずはこれもずっと歩きたかった大日影トンネルへ向かいます。

B150316b
(大日影トンネル・ようやく歩けました!)

トンネルは駅から遊歩道という形でしっかり整備されているんですね。広場に置かれたロクヨンをカメラに収め、ひと登りしたらもうトンネルの西詰。さっそく入ると直線のお陰で、行く先に明るくなった東詰が小さく見えるのが良いですね。

昼のトンネルは未だに苦手でどうも緊張してしまいますが、入ってみればまだ三月のせいなのか観光客も少なめで快適に歩けます。夏は涼しいんでしょうね。所要時間は15分強といったところでしょうか。

B150316c
(勝沼尾根末端部は導水管に沿っている)

トンネルを出たら、甲州街道との交叉点である深沢入口まで車道をてくてく降り、ここからようやく勝沼尾根に取り付きます。

登りはじめは水力発電の導水管に沿ってついている巡視路を上っていく感じ。林が間伐されて明るいこともあって、こういう天気になると暑いですね(笑)。なのでタチツボスミレぐらい咲いているだろうと思っていたら、まだ早かったようです。

B150316d
(発電施設を過ぎるとアカマツ混じりの雑木林が続く)

そんな導水管も発電施設まで上がるとお終いで、ここから本格的な尾根歩きも、発電施設が邪魔して進路に迷い右往左往。ここは素直に右側から回りこむべきでした。

無事に尾根に復帰したら、ここから先はアカマツ混じりの雑木林が続きます。ここからしばらくの間は尾根が広く、ゆるゆる歩けて気持ちの良いところ。岩っぽいと思い込んでいたので意外でもありました。

B150316e
(944.7m四等三角点)

B150316f
(まだまだ雑木林は続いて・・・)

そんな広尾根歩きも△944.7m峰への上りにさしかかると、尾根が痩せて、徳並山より東の尾根と同じような雰囲気になりましたが、スギヒノキの植林が現れないのが良いですね。

間もなく上がった△944.7mで軽くランチを摂って先を行くと、次の1070m圏峰から今までの緩い登りが続いた尾根歩きとは一変、アップダウンが続くようになります。

B150316g
(1020m圏のピークより先はアップダウンが続く)

B150316h
(ピークの西側はなぜか露岩が多い)

まぁその辺りは先月歩いた印象から予想してましたけど、アップダウンが何度も続くと結構しんどいですね。個人的に下りでコレはきついので、登りにして良かったかも。

そして越えるピークのどれもが東側は急ながらも普通に下れるのに、なぜか西側には必ず露岩があるというのも、妙と言えば妙というか、印象的です。

B150316i
(いくつもピークを越えて)

B150316j
(徳並山に着きました)

そして結構な露岩帯が続く箇所をこなすと、その先が先月飛び出した徳並沢右岸尾根のピーク。ここまで来れば徳並山はお隣ですけど、この最後のアップダウンが一番きついんでした(笑)。

でも尾根上に雪が無かったので、先月よりはかなり楽に行けて、結局△944.7mから一時間ちょいで徳並山に到着しました。まだ時間的には古部山まで行ける時間ですけど、今日の所はここまで。お次は南東尾根を下ります。

B150316k
(徳並山南東尾根・下りはじめは急だ)

B150316l
(お隣の尾根を見ながら降りられる)

さてこの南東尾根、のっけの急斜面から尾根に乗るまでがポイントと言えばポイントでしょうか。尾根に乗ったらこちらも灌木が少々煩い中、時折露岩帯が現れます。

そして途中のちょっとした岩頭からは行く先やお隣の尾根が眺められる箇所はあるし、雑木林は続くし、こちらも尾根の雰囲気は悪くないですね。

B150316m
(この尾根もほとんどが雑木林)

B150316n
(970m圏・アカマツのピーク)

尾根の分岐である970m圏からひと下りした箇所ももう一つのポイントですけど、ここもGPSに頼らず実地で地形を見られる人ならさほどの難なく降りられる箇所でしょう。

そのポイントを過ぎれば、あとはひたすらに急降下。ここでダンコウバイを見かけたものの、まだ開花が始まったばかりのばかり。でもここまでお花が皆無だったので、出逢えただけでも良かったです。

B150316o
(ダンコウバイはここまででした)

ということでじきに大志戸林道に降り立てば、山歩きはお終い。終わってみればスギヒノキの植林がほとんど無いという、結果として花粉症のハイカーにとって優しいコース取りになったのは、運が良かったのでしょうか。そんなことを思いつつ、甲斐大和へ向かったのでした。

・・・・・☆
 
さてさて、またまた新たなリンクのお知らせ。今回はれれちゃんのサイトgreen note*をリンクいたしました。

家庭菜園の域を超えた?畑だよりがメインで、山歩きも少々の楽しいブログ。みなさまどうぞご覧くださいませ。(^^)
 
・・・・・☆・・・・・☆
 
◆ 2015.03.15 (Sat)   (快晴に近い)晴
勝沼ぶどう郷駅 10:55- 深沢入口交叉点 11:35- △944.7m 12:35/12:50- 徳並山 14:00/14:10- 大志戸林道 14:45/14:55- 甲斐大和駅 15:15
 

|

« 万六ノ頭を西から横断して小坂志川へ | トップページ | 中道沢を繞る山稜を歩く »

【大菩薩・権現山稜】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15040/61291872

この記事へのトラックバック一覧です: 徳並山を一山として歩く:

« 万六ノ頭を西から横断して小坂志川へ | トップページ | 中道沢を繞る山稜を歩く »