« 今度こそ、乙女高原へ | トップページ | 高座山の草原をぐるぐるぐるぐる・・・ »

2014.08.20

都民の森から三頭山周回・・・になってしまいました

B140820a
(三頭沢のひとコマ)

結局お盆のお休みは遠出が潰れて、お花目当ての低山徘徊と相成り、水曜の乙女高原の次は金曜(08/15)に三頭山でした。本当は少し遊びも交えるつもりだったのですが・・・

11時台の都民の森への直通バスに乗るつもりが、平日ダイヤだという事をすっかり忘れて(笑)クソ暑い中五日市のロータリーで一時間以上待たされたためスタートが13時になってしまい、こうなると都民の森一周しかコースの選択肢はありませんでした。

B140820b
(三頭大滝・水量が多い)

B140820c
(タマガワホトトギス)

とはいえ少なくなったとは言え、夏のお花も少しは望めそうだし、放し飼いのレンゲショウマにも逢えるかも知れないので、これはこれでいいのかも、と思い直して歩き出します。

お盆という事もあって人で溢れていた都民の森の施設から離れると人が一気に減って、一気に機嫌が良くなります。そして大滝を過ぎると至って静かな道のりになったのは午後のせいもあるのでしょうね。

B140820d
(ミヤマヤブタバコ)

B140820e
(カメバヒキオコシはまだこれから)

お花の方は訪れる度に減っていて、彩りの乏しい道は本当に淋しい限り。今はギンバイソウとカメバヒキオコシの端境期・・・って自分でも何を言っているのかよくわかりませんね(笑)。

それでもタマガワホトトギスやミヤマヤブタバコ辺りは本当に久しぶりに見かけた花なので、ちょっとテンション上がります。あとはヤブレガサにソバナやミツモトソウ、ミズヒキ、キバナアキギリ辺りがちょこっと。

B140820f
(レンゲショウマ・何とか生き残ってました)

B140820g
(三頭山より)

三頭沢の水流がなくなり稜線間近になると、ようやく放し飼いのレンゲショウマがぼちぼち現れてきました。でも見たところ、この辺りで何とか二桁いくぐらいの株しかなく、この花もあと何年保つのかなあと思いながら歩いていると、あっさり山頂に着いてしまいました。

山頂に着いたときは家族パーティがいたものの、すぐにいなくなり、後は貸し切り。こんなに静かに歩けるなら午後の三頭も悪くないですね。

B140820h
(シュロソウ)

B140820i
(寄り道を交えつつ・・・)

山頂でパンを食べて少し休んだら、お次は南の大沢山へ向かいます。お花はこの辺りでシュロソウ、シモツケソウ、ヤマジノホトトギス、そして咲き始めのオクモミジハグマにナガバノコウヤボウキぐらいでしょうか。

大沢山を越えたら少し寄り道をして、石山の道を下って都民の森へ戻りました。

B140820j
(ヤマジノホトトギス)

B140820k
(石山の道を下りました)

お花の写真を撮りながらゆっくり歩いてちょうど三時間の道のり。それでもかなり暑かったので大汗かいて大変スッキリしました。バスの時間を間違えたときはもうやめようかと思ったけど、ちょこっとでも山を歩くと本当にリフレッシュ出来ますね。今度都民の森を訪れたときは何か食べたいと思いました。端から見て美味そうだったので。
 
・・・・・☆
 
◆ 2014.08.15 (Fri)   晴 時々 曇
都民の森 13:10- 三頭大滝 13:30- 三頭山 14:30/14:40- 大沢山 14:55- 三頭大滝 15:50- 都民の森 16:10
 

|

« 今度こそ、乙女高原へ | トップページ | 高座山の草原をぐるぐるぐるぐる・・・ »

【奥多摩】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15040/60182823

この記事へのトラックバック一覧です: 都民の森から三頭山周回・・・になってしまいました:

« 今度こそ、乙女高原へ | トップページ | 高座山の草原をぐるぐるぐるぐる・・・ »