« 真名井北稜&大丹波川・お花めぐり | トップページ | 尾名手川源流部・雑木美林を愉しむ »

2014.04.23

蕨山へちょこっとお花見

B140423a
(大ヨケノ頭附近・ミツバツツジは盛りを過ぎた)

先週末は意外や天気が今ひとつでした。土曜は所用で動けなかったので、お山は日曜(04/20)。ただ気温は低いものの天気が宜しくなく、行きたいところはXだったので、どうしましょうかねえと考えた末に思いついたのが蕨山。

ということで今回は遅出で久しぶりにヒネりなし、で歩いてきました。

B140423b
(マルバスミレ)

B140423c
(トウゴクサバノオ・咲き始め)

名郷の9時台のバスなんて10年以上乗っていないと思います。ただ予報が良くない割にはハイカーがぼちぼちいたのは意外で、それでも名郷まで乗っていたのは自分ひとり。時間も遅いのでバスを降りたらさっそく歩き出します。

名郷からのルートは6~7年ぶり。最初は植林帯だしさっさと・・・と思っていたのにいきなりお花に目が入るのは、この間にお花をいろいろ覚えたからに他なりません。しかもいきなりこの日一番のお目当てだったトウゴクサバノオに出逢えてしまい、もう帰ろうかしらん?

B140423d
(ニッコウネコノメ)

B140423e
(コチャルメルソウ・盛りを過ぎた)

なーんて思ってたりもしちゃいましたけど、なにせお花がつぎつぎ現れるものですから、帰るに帰れず、なっかなか先へも進めません。

結局林道から沢に沿っている間がこの日一番お花の濃かった区間で、のっけからエラい時間を食ってしまった感じです(笑)

B140423f
(ミツバコンロンソウ・咲き始め)

B140423g
(フタバアオイ・満開)

B140423h
(ようやく尾根上に上がりました・笑)

そんな楽しみ多い区間も沢から離れるとお終いで、尾根上へ向けて急登をこなしていくとここで往復のハイカーとぼちぼちスライド。アカヤシオは満開との話も聞けたけど、さてどうなっていることやら。

ふた登りぐらいで尾根上に上がると、尾根上もすでに新緑。あとは蕨山へ向けてひたすらに登るだけです。

B140423i
(クマシデ)

B140423j
(フイリフモトスミレ)

B140423k
(岩場を乗り越えると・・・)

尾根上はガスで少々涼しい感じでしたけど、空は明るく、雨の心配はなさそう。のっけの沢道から一転してお花が一気に減ったのですいすい登れます。

でも徐々に高度を上げていくと、イワウチワにまだまだみごとなミツバツツジ。そしてアカヤシオも現れてきました。

B140423l
(アカヤシオが出てきます)

B140423m
(イワウチワ)

B140423n
(蕨山・展望台の方)

ミツバもアカもは満開でしたけど、アカヤシオの方は花をつけている木は見事なものの、花をつけていない木も多く、花付きは先週の真名井北稜と同じで、総じては近年の例年並みと言ったところだと思うのですが、

最高点に寄った後の展望台周辺のアカがどうも・・・ねえ、ちょっと心配になる様な花の付き方だったので、まさか三年連続で不作はないとは思うんですけど・・・もう贅沢は言わないので高いところは普通に咲いてくれれば・・・そう願うばかりです。近年はとみに弱気になってしまっているので(笑)。

B140423o
(展望台のアカヤシオ・満開ですが・・・)

B140423q
(大ヨケノ頭附近のアカヤシオは終わり)

展望台はガスガスにもかかわらず先客さんがいらっしゃったので、お茶を少し飲んだらすぐに下山を始めます。

藤棚山を過ぎ、尾根が平衡になってくる頃から再びアカヤシオとミツバツツジが出てきました。さすがにこの標高では盛りは過ぎていて、アカヤシオはほぼ終わり。でも落下の様子を見ると、アカヤシオもこの標高帯では花付きは比較的良好だったのでは??

B140423p
(林道が見える頃からガスが晴れてきた)

B140423r
(ミツバツツジも盛りを過ぎたがこの見事さ!)

アカヤシオはお終いで残念でしたけど、ミツバツツジは盛りは過ぎたものの良好な花付きもあってまだまだ見事!

斜面を染める様な所もあるし、これだけの花付きですから落花もミツバとは思えない感じで地面を彩っています。

B140423s
(落花も地面を彩ります)

B140423t
(下部はすでに新緑)

そんなミツバツツジロードも植林帯を交える様になるとお終い。でも時折現れる雑木林の新緑が見事で、これも春らしい光景。空は曇っていたけど、その明るさに気分もより良くなってきます。

中登坂からは妙な道標も出てきて、後はその道標をこまめに追って降りるだけ。

B140423u
(マキノスミレ)

B140423v
(金比羅神社は石祠に・・・)

そして最後の休憩地点と目していた金比羅神社に着いたら、ぬあんと社がありません。土台の上に小さい石祠がちょこんと乗っているだけで、これはいったい・・・。と思いかけたところで、ここは以前火事があったことを思い出しました。調べてみると火事は2000年だったんですね。ということは大ヨケより先はそれだけ歩いていなかったことになるんですけど、そんなに久しぶりだった記憶がない(笑)。

でもおかげでこのコースの良いところを再発見することができました。
しかし最初の頃の感動こそ全く感じなくなって、ある時期これはどうなの?って思ったこともあったんですけど、見えてなかったところが見えるようになっていた、その喜びってやっぱり大きいですね。山歩きって本当に深いや。一朝一夕ではそれは理解きないだろうし、下らない執着に囚われていたらその深さにも気がつかなかっただろうなあ。。。
 
・・・・・☆
 
◆ 2014.04.19 (Sun)   曇(850m以上は霧)
飯能駅 09:20→ 名郷 10:20/10:25- 尾根上に上がる 11:25- 蕨山(最高点)12:35- 蕨山(展望台)12:40/12:50- 大ヨケノ頭 13:35- 金比羅神社 14:35- さわらびの湯BS 15:05
 

|

« 真名井北稜&大丹波川・お花めぐり | トップページ | 尾名手川源流部・雑木美林を愉しむ »

【奥秩父・秩父・奥武蔵】」カテゴリの記事

コメント

kbさん、

春本番に入ってお花見の楽しい季節になりましたね。できればこの期間は晴れて欲しいんですけど、なかなかうまくいきません。

それでも日曜は意外に天気は崩れず少々涼しいぐらいで、却って歩きやすかったかも。当日まであるこうかどうか迷ったんですけど歩いてほんとうに良かったです。(^^)

投稿: komado | 2014.04.24 23:06

珍しく赤実線のコースですね
20日はこのコースを歩こうと思っていましたが
奥多摩に行ってしまいこの記事を見てしまったと思いました。
奥多摩でもミツバツツジは本当に綺麗でしたが。
記事を見て普段からもう少し目をキョロキョロさせないと
駄目だなと感じました。
花を楽しめる時期は短いですから

投稿: kb | 2014.04.24 09:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15040/59514691

この記事へのトラックバック一覧です: 蕨山へちょこっとお花見:

« 真名井北稜&大丹波川・お花めぐり | トップページ | 尾名手川源流部・雑木美林を愉しむ »