« 菰釣山~地蔵平~屏風岩山をゆるゆる歩く | トップページ | 菜畑山東尾根から櫓沢を半分だけ繞る »

2013.12.09

西丹沢登山詳細図の英断

B131209a
吉備人出版刊  ISBN-13: 978-4860693787  ¥899

近年話題になっている吉備人出版の登山地図シリーズって、本屋さんで中身を確認してみても個人的に必要性をまったく感じなかったので、正直今まではほとんど気にもしていなかったのですが、今回新たに発売された西丹沢の地図は中身を確認したところ・・・即購入してしまいました(笑)。

その理由はこの地図が河内川上流の玄倉中川世附川流域の山、世間的に「西丹沢」と謂われる山域の山名沢名などの地名が名称図(西丹沢頂稜河川土地名称図)に準じていることの一点。その一点だけで「買い」だと言い切っちゃいます!

B131209b
(西丹沢頂稜河川土地名称図の一部・クリックすると大きい画像に)

世附の山を歩いているとよくわかるようになってくるんですけど、昔からこの山域の決して多いとはいえない本やガイド、登山地図などの地名の表記があまりに曖昧で、それは同時にこの山域が山歩きとしては味噌カス・・・要は対象外と言っているようなもので(だからこそ歩き甲斐があるともいえる)ほとほと困っていたのですが、そのときに出会ったのが↑↑この名称図。

名称図をはじめて目にした時は本当に衝撃で、同時にその仕事ぶりにただただ驚嘆したことを覚えています。なので「花のひかり」では従来名称との併記という形をとっていますけど、心情的には確実に名称図寄りだったので、とうとうこういうのが世に出たのか!という思いです。

ということで資料としては既に一級品。去年発売された東丹沢の地図の玄倉側も名称図表記にしてくれたら当然買わせていただきますよ(笑)。登山地図本来の仕事とはまったく別の所で勝手に評価して少々申し訳ない気持ちもありますけど、あとは載っているバリエーションのコースにマーキングがベタベタつけられる惨劇が起きないことを祈るのみ。マジメな話、登山者が山に残すのは足跡だけにしましょうよ、ほんとうに!
 

|

« 菰釣山~地蔵平~屏風岩山をゆるゆる歩く | トップページ | 菜畑山東尾根から櫓沢を半分だけ繞る »

【前道志・道志・丹沢 2013】」カテゴリの記事

コメント

komadoさんの好みの「バリエーションのコース」に「マーキングがベタベタつけられる惨劇」が起きていることに深い憂慮を感じています。もう、興ざめの極致ですね。私がお気に入りの酉谷山界隈も、安直な荷造り用のビニール紐をはじめ醜いマーキングがひらひらしています。本当に困ったものです。長沢背稜~タワ尾根はトレランの大会が開かれる前には、数メートルおきにピンクのビニール紐がヒラヒラしていますので、そんな時期は目まいがしそうです。
(いつも参考にさせていただいています。)

投稿: 老少年 | 2013.12.10 18:04

老少年さん、

マーキングはあれでも一時よりは良くなったんですけど、近年の山ブームでまた増えそうな雰囲気ですね~。タワ尾根や二軒小屋は現状バイパスになっているので「一万歩譲って」致し方ないと思ってます。

でもマーキングは基本的にゴミですよ。だからといって全否定するつもりはありませんけど、つけたい人は使命感でおつけになられているのでしょうから(笑)つけるにあたってはごくごく最低限にすること、カタギのハイカーが迷ったり、誤って入り込んだりすることがないようにすること。そして木への付け方にも配慮して欲しいな、と思います。

そうそう先月久しぶりに酉谷小屋に寄らせてもらいましたが、相変わらず綺麗で少々感動。ありがとうございました。

投稿: komado | 2013.12.11 20:49

ようやく、komadoちゃんのお墨付きが~、ありがたや~!

先日、これの出版記念会に行ったら、この資料を採用した人とお話ができて、今は使われていない、旧名称や別名もカッコ書きで入れたかったそうです。
それには、僕も同感でした。

噂では聞いておりましたが、現物は初めて見ましたよ。
これはすごい資料ですね~。
欲しい!

長沢背稜、静かな山深い雰囲気が良かったのですが、そんなことになってんですか~。
数年行かないうちにどんどん変わるな~。

投稿: かず | 2013.12.18 23:54

かずさん、

ホント考えれば考えるほど西丹沢はフシギな所で、他の登山地図やガイドが、なんで地元の警察が使うような名称図を無視して、他の名称を使ったり酷いところはごまかしたり(笑)したのか。今に至るまでにどういう歴史があったのか?ホント今はこの辺りに興味があるんです。

コレはあくまで個人的な想像と言うより妄想に近いけど、とたとえば田島宮内のような、半ばメンツ争いのような事でもあったのかなあと、穿っているんです(笑)。

投稿: komado | 2013.12.19 23:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15040/58715025

この記事へのトラックバック一覧です: 西丹沢登山詳細図の英断:

« 菰釣山~地蔵平~屏風岩山をゆるゆる歩く | トップページ | 菜畑山東尾根から櫓沢を半分だけ繞る »