« 西丸を南北に縦断して石保土山へ | トップページ | 送電線巡視路を辿ってバラシマ沢の辺りを登り降り »

2012.01.04

竜喰山~飛竜山~雲取山・初詣を兼ねて

B120104a
(大常木山への道すがら)
 
 
あけましておめでとうございます。
今年もみなさん無事に山歩きができることを心より祈っております。
 
 
・・・・・☆
 
さて、昨年末の歩き納めは世附のつもりで早朝電車に乗ったら、上野原辺りでスパッツを忘れたことに気がついて、悩みまくった末に結局帰宅(笑)。となんとも間抜けな〆になってしまったので、今年の初歩き(01/02)はちょっと気合いを入れて奥秩父方面の稜線へ行ってきました。

ということで今回は干支の山と初詣を兼ねて三ノ瀬から稜線通しに龍喰山~大常木山~大ダルまで辿ったら、飛龍権現で初詣をして飛龍山へ上がり、飛龍からは縦走路を東へ雲取山まで。あとは鴨沢みちを下るコースを歩いてきました。

B120104b
(七ツ石尾根下部)

さすがに元旦は飲み食いが激しく、キチンと起きられるかどうかもわからない翌日のタクシーの予約は怖くてできなかったので、当日ダメもとで一番電車で塩山に出たら、運良く一台だけいて一安心。一路三ノ瀬へ向かいました。(¥9800)

無事にタクシーに乗れたので7時過ぎには歩き出し。お正月のせいか笑っちゃうぐらいに誰もいません。とりあえず林道歩きは嫌なので七ツ石尾根経由で将監峠へ向かいましたが、雪は尾根上部や稜線の縦走路で10cm以下とほとんど無雪期と変わらないペースで歩けます。

B120104c
(1883m峰を過ぎた辺り・バックは竜喰山)

途中のカラマツ植林帯ではシカに幹の皮を喰われた痕があったことに驚愕(周囲のウラジロモミ、シラベの全てに樹脂のカバーが捲かれていた為だと思う)しつつ、ちょこっとだけ姿を見せてくれた富士を眺めていたりするうちに将監峠に到着。峠でお茶を飲んだら、ここで縦走路と離れて尾根伝いに龍喰山を目指します。

のっけから急登続きで面食らいますけど、笹はスズタケではなく背の低い笹なので至って歩きやすいです。直上の1883m峰はちょっとした岩コブになっていて、将監峠を見下ろすと雪のお陰で峠へ下る複数の道筋がクッキリ現れているのが面白いですね。

B120104d
(竜喰山山頂)

1883m峰からは笹の稜線を緩く行き、黒木の森に入ってひと登りで龍喰山でした。何もない山頂とは聞いていましたが、それに似合わない大きな山名標が鎮座していて妙な雰囲気。あっ、あと関係ないけど龍喰は二等点なんですね!この辺りで曇ってきたこともあってかなり寒くて。。。

そんな中で休んでいるすぐに身体も冷えてきたので慌てて先を行くと、北風も吹き出して、風に吹かれながら黒木の中をただひたすらに歩く感じ。でもしばらくすると晴れてきて、そうなると風があっても暖かいですね。ホッとします。

B120104e
(シャクナゲも丸まって少し見通しがよい)

1999m峰辺りからアズマシャクナゲがようやく出てきたのは意外で、そもそもこの辺りでは普通に見られるはずなのに、その姿を見るまで忘れかけていました。(^^ゞ

そしてタエモ尾根のピークを過ぎるとここで岩尾根に変わって、最初の大岩は立木との二点確保で取り付きましたけど、ここはおそらく捲き道があるのでしょう。茂るシャクナゲを分けつついくつかの岩コブを越えると、北面南面が開けた少し広めのピークに出ましたが、そこがおそらく大常木山(1962m)だと思います。

B120104f
(大常木山より・左 竜喰、仙波尾根の奥に和名倉山)

南面の山山は見慣れているので、個人的にはどうしても北面の方に目が行ってしまいます。目の前の仙波尾根に和名倉山。そして大洞の流れの奥に秩父盆地もくっきり見えて、奥秩父とは良く言ったものです。そおいや大洞の辺りもかなりご無沙汰しているんですよね。

強風に吹き付けられつつもそんな展望を楽しみながらパンを食べたら、目の前に大きく立ちはだかる飛龍山を目指す前に、まずは大ダルへちょっとイヤになるぐらい下ります。

B120104g
(大ダルへの下りしな・バックは飛竜山)

B120104h
(禿岩は風雪 ^^;;;)

大ダルに降り立つ頃には再び曇りだして、飛龍へ登り返し始めると今度は風花?と思ったら、登るにつれて風も雪も強くなって、いつしか風雪の中を淡々と登るようになっていました。

そんな訳でランチ場と目論んでいた禿岩も↑↑こんな感じでお話にならないので、とりあえずミサカ尾根との分岐でもある飛龍権現へ向かってさっそく参拝。でもここでも寒かったのでしょうがなし飛龍山の山頂へ。

B120104i
(飛龍権現)

B120104j
(飛竜山山頂)

着いた飛龍の山頂はなぜか風が止んでいたのでここでランチにすればよかったんですけど、やっぱり明るい所が良いやと言う事で先を行ったのは今回に関して言えば不正解のようでした。

飛龍からは縦走路を歩いたこともあって、折角晴れても狭い捲道ではゆっくりするスペースがなく、それらしい所も今度は冷たい風が通って×。結局日当たりを選んで、狭い道上でランチとなってしまいました。まぁ人は来なかったので問題なかったんですけど。

B120104k
(縦走路より雲取、石尾根の山山)

B120104l
(狼平の辺り)

ランチを終えて先を行くと、まもなく朝以来となるカラマツ林に変わって狼平に出ます。この日はこの辺りが天気の良さと相まって一番気持ちの良い所で、相変わらず冷たい風が吹き付けるおかげで空気が澄んで、周囲は日差しを浴びて輝いているし、時折雪も吹き付けるし(笑)とまぁ荒れた天気ながらもなんとも爽快な道のり。

三条ダルミからの登り返しもそんな感じの中を淡々と登って、雪が止んできたらじきに雲取山避難小屋前の広場でした。

B120104m
(雲取山の避難小屋より)

よくよく考えてみると雲取って去年来てないんですよね(笑)。近年雪はマトモに降らないし、山ブームに日原林道の通行止もあって足が遠のいていたのでしょうか。昔は初歩きに雪の雲取山なんてのもやってましたけど、初歩きで雲取なんておそらく10年振りぐらいじゃないかなぁ。。。

それはともかく先ずは山頂へ向かい、それから寒いので避難小屋へ逃げ込んでパンを食べつつちょっと休憩。腰を上げるともう15時を回っています(笑)。

B120104n
(暮れなずむ鴨沢みち)

コレは確実に日没ペースなんですけど、実は今回は久しぶりにこういうことも前提にキッチリ準備していたのでした。さっそく下り始めるともともと爽快な石尾根ですから、人が少なくて本当に気持ち良いや。周囲の暮れなずむ様子も風情があって悪くないですね。本当は悪い子なんですけど(笑)。

結局堂所あたりまではなんとか保って、そこから下はヘッデン・ハンドライトのお世話になりつつ鴨沢へ向かったのでした。
 
・・・・・☆
 
◆ 2012.01.02 (Mon)   晴 時々 曇 一時 雪
三ノ瀬 07:20- 午王院下 07:50- 午王院平 08:45- 将監峠 08:50/08:55- 竜喰山 09:35- 大常木山 10:40/10:45- 大ダル 11:15- 禿岩 11:50/12:00- 飛竜山 12:20- 北天ノタル 12:45-(途中休憩30分)- 三条ダルミ 14:30- 雲取山 14:55/15:10- ブナ坂 15:55- 堂所 16:20/16:25- 鴨沢 17:45
 

|

« 西丸を南北に縦断して石保土山へ | トップページ | 送電線巡視路を辿ってバラシマ沢の辺りを登り降り »

【奥多摩 2012】」カテゴリの記事

【奥秩父・秩父・奥武蔵 2012】」カテゴリの記事

コメント

かずさん、

あー先月の山渓はまだ読んでないんですよ。
でもいなやさんから言われて初めて気がついたんですけど、干支の山にプラスして2012の山なら確かに載りますなぁ。。。

そうそうカズさんのレポは龍喰行けてなかったようだけど、どう間違えたのかが?だったのでそう言う事だったんですね。でも大洞側の尾根は気になりますね。下はともかく上部はまだ原生林が残っているところも多そうなので。

投稿: komado | 2012.01.09 23:51

山に行きたいけど、仕事がじゃんじゃん入ってて、稼ぎまくりの正月でした。
よって初山行もまだなので、画像掲示板に貼るネタもな~い。(*^▽^*)ゞ

昨日も、今日も仕事で、明日はちょっくら近場に行こうかなと。
遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。

今日の仕事帰りに本屋で立ち読みしたら、ヤマケイに竜喰山が載ってて、びっくりくり~w(☆o◎)w
もう立ち読みは済みましたか?もちろん購入もOKですよ~。(僕が許可することじゃないけど~(笑))

僕は、大ダルから西へ進んで、竜喰山を目指したことがありますが、竜喰山だと思った山頂はどうも違うみたいで、勘違いしたまま、途中で道を間違えて、縦走路に出てしまいました。
あの時は、北側に下ったらやばい!秩父まで延々歩くことになるぞ~!っていう意識が強くて、コンパスも見ずに左に左に進んでしまったのが敗因です。あ~いつかリベンジした~い。

干支の山で、今年もグッドなスタートが切れたんでないの~?

投稿: かず | 2012.01.08 21:15

いなやさん、ようこそいらっしゃいました。happy01

龍喰山はかなり前から行きたい山だったんですけど、その割に計画建ててもつぶれていたので、ここは辰年までずっととっておこうと思っていたのでした。今年は雪がほとんどなかったので雲取まで行けましたけど、例年並みならおそらく飛龍までだったでしょう。

それはそうと龍喰の四捨五入で2012mというのは言われるまで全く気がつきませんでした!ボクは単純に干支狙いだけだったもので・・・。でもそうなると今年の龍喰山はダブルの意味合いで登山者がドッと増えそうですね。

投稿: komado | 2012.01.06 22:28

SAKURAさん、

> 明けましておめでとうございます。

おめでとうございます。今年もどうぞ宜しくお願い致します。m(_ _)m
ペースは決して速くないですよ。お昼ご飯がなかなか食べられなくて大ダルから三条ダルミの間はけっこうスローになっちゃいました。

上の稜線は低い笹薮がありますが基本的に下道は通っています。晴れていればさほど難度が高いとは思いませんですけど、大常木山の辺りの岩コブがちょっと煩わしいかも。

飛龍はシャクナゲの頃が好機だと思います。その頃までには捻挫も治るでしょうから三条の湯泊まりでいかがでしょうか?

投稿: komado | 2012.01.06 22:22

明けましておめでとうございます

竜喰山の記事を読ませていただきました
私は、きょう(1月6日)将監峠から単独で竜喰山に登ってきました 単独で冬にバリエーションルートということで期待より不安のほうが大きかったですが、無事、登頂しました 行く前にネットで生の情報を集め、しっかり頭に入れて臨みました 天気にも恵まれ素晴らしい
展望が望めました 竜喰山は、2011.8mとなって
いましたがこれは四捨五入で2012 つまり今年です
そして竜喰山の竜は今年の干支 行く前にA4用紙にデカデカと2012年 竜喰山と書き、それを持って記念写真をとりました 思い出になる山行となりました

投稿: いなや | 2012.01.06 20:40

明けましておめでとうございます。
今年も沢山の山旅のご報告をお待ちしています。
今年もよろしくお願い申し上げます。

この季節に、このコースとはと地図を見ております。
ペースが速いのでしょうが、パワーが羨ましい…
龍喰山と大常木山山頂は一般ルートから離れてるようですが、ルートが付いてるのかなぁ…
雲取までは無人に近いのでしょうね。
5月に雲取から飛竜山を回って帰ろうと思ったけど、ソロで雪も心配になり石尾根を降りてしまったので気になる山です。

捻挫が完治せずです。
復帰に時間がかかるかなぁ…トホホ~!!

投稿: SAKURA | 2012.01.06 19:37

りこさん、

> 明けましておめでとうございます。

おめでとうございます。m(_ _)m
バリエーションとはよく言いますけど、実はかなり偏っただけのしょうもないサイトをご覧頂き本当にありがとうございます。

去年は某方面でバリエーション絡みの事故が続出したほんとうに痛ましい一年でしたが、今年はそう言う事が一切ないように願いたいし、自分自身もそう心がけるつもりでおります。

今年もどうぞ宜しくお願い致します。

投稿: komado | 2012.01.06 19:00

明けましておめでとうございます。
単独ではとても行けない山行の記事をいつも楽しく(なかば羨ましく)拝見しています。
方向感覚に自信がないので、遭難などしてよそ様に迷惑をかけないよう単独では整備された登山道以外は歩かないようにしているため、自分では歩くことのないコースに興味津々なのです。
本年も楽しみにしています。

投稿: りこ | 2012.01.05 23:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15040/53653799

この記事へのトラックバック一覧です: 竜喰山~飛竜山~雲取山・初詣を兼ねて:

« 西丸を南北に縦断して石保土山へ | トップページ | 送電線巡視路を辿ってバラシマ沢の辺りを登り降り »