2011.12.06

美しい雑木の尾根を辿って権現山へ

B111204a
(まさに雑木広尾根のプロムナード! 1252m峰南尾根のひとコマ)

いやぁ日曜(12/04)は本当に良い天気でしたね。こうなると普通は展望の良い山へと言う事になるのでしょうが、ボクは展望より林相を選んで久しぶりとなる権現山界隈。

今回は浅川からオクリ沢左岸尾根たる1252m峰(オクノ沢ノ嶺)北尾根を登って権現山~麻生山の稜線に出て、権現山に上がったら、尾根伝いに浅川峠~曽倉山と吊尾根を伝って地獄谷右岸尾根たる曽倉山西尾根を降りて浅川に戻るコースを歩いてきました。

B111204b
(登につれ色づいた木々が徐々に減り・・・)

今回は珍しくお車で浅川BSに出てからのスタート。目的の1252m峰南尾根の末端はそのBSの間近から延びており、こりゃ有り難いわ~とばかりにさっそく尾根に取り付くと、最初は色づいたコナラが眩しい雑木林と植林帯に分けられた中をひたすらに登って行きます。

当初はこの尾根もそんな感じで上まで行くのかなぁと思っていたらさにあらずで、784m峰を過ぎてひと登りした850m圏辺りで植林が切れると尾根が一気に広がりなんとも快い雑木の広尾根に変わって、そこからがこの尾根のハイライトでした。

B111204c
(1000m近くなるとほぼ落葉)

B111204d
(バイカツツジ)

最初はコナラの黄葉が眩しいぐらいだったのが登るにつて徐々に減っていき、1000m辺りまで上がると周囲の木々はほぼ落葉。いやぁ権現山周辺は素敵な雑木林がまだまだありますね!本当に素晴らしいとしか言いようのない素晴らしさ。振り返ると白くなった富士も見えるようになってより楽しくなってきます。

1000mを過ぎると今度は尾根が痩せて、露岩を交える急登になるのもまた良いアクセントです。この辺りで赤く色づいたツツジの類が見られて気になっていたのですが、調べてみるとどうやらバイカツツジのようです。

B111204e
(南尾根上部は露岩帯を避けて右の急斜面を登った)

登につれ尾根は徐々に急になって尾根上を忠実に辿るのがしんどくなると、右側の緩斜面を捲き気味に登っていく感じ。

そして尾根左側に植林が合わさるとひと頑張りで稜線に飛び出し、そこから西へ少し登ると1252m峰でした。

B111204f
(権現山への道すがら)

B111204g
(白い富士も本当に久しぶり・権現山より)

ここまで来ればあとは東の権現山を目指す段取りで、これまた素敵な雑木の稜線を30分ほど歩くと権現山に到着。ここはおそらく5、6年振りだったと思います。あまり覚えてなんですけど久しく訪れていないうちに三角点が新しくなりましたでしょうか??

あと団体さんがいたこともあって権現山にしてはかなり多い人出だったのも意外でしたけど、それでも最近とみに増えている若いハイカーさんはここまでは来ないようですね(笑)。おそらく扇山止まりなのでしょう。

B111204h
(浅川峠への下りしな)

そんな訳で山頂から少し下ったところで休憩していると、その間にもハイカーがぼちぼち上がってきて驚きました。

休憩を終えたらお次は曽倉山を目指して先ずは浅川峠へ向かいますが、この間も素敵な雑木林が続いて、落ち葉を分けつつゆるゆる下る感触がなんとも心地よく、好天と相まってこの下りもこの日のもう一つのハイライトだったかも。

B111204i
(曽倉山より扇山)

浅川峠に下り、登り返した940m圏の緩いピークが曽倉山で、ここは扇山から浅川峠への下りしなに通り過ぎるだけのピークだったので、こうやって一つのピークとして訪れたのは今回がもちろん初めてのこと。ピークは植林が絡んでしまいますが、その手前の西尾根が分岐する辺りはこれまた雑木の広尾根が楽しく、これから下る西尾根もちょっと楽しみな感じです。

ということでピークで少し休んだら、引き返して西尾根の下降に移ります。

B111204j
(曽倉山西尾根<地獄谷右岸尾根>上部)

最初は分岐の広尾根の雰囲気を残した雑木林と植林に分けられた間を降りる感じ。それから838m峰を過ぎてから植林が優勢になるとひと下りで左手から地形図の破線路と合流しましたが、結構明瞭なんですね。曽倉山の南鞍部からはこんなに明瞭に分かれていましたっけ?

破線路が合わさるとろくすっぽ歩かれてないながらも、かつてはかなり歩かれていたのでは?と思しき明瞭な道筋が尾根上を通るようになってこれにも驚きました。

B111204k
(左手から破線路をが合わさると明瞭な道形が現れる)

それでもその道筋も下るにつてあやふやになったりしたので、尾根を忠実に下っていくとじきに神社に出たので道中の無事を感謝して、そこからひと下りでお墓に降り立ち、県道に出ました。

あとは浅川のBSに戻るだけ。帰路は通りがかる集落を眺めたり、西側に聳える楢ノ木尾根の辺りが懐かしいなぁと思いつつその姿を眺めたり、この日歩いた雑木の尾根をまじまじと眺めたり。そして途中の公園の立派なロハモミジの紅葉を楽しんだりとこれまた思いもかけず楽しい道のりでフィナーレを迎えたのでした。
  
・・・・・☆
 
◆ 2011.12.04 (Sun)   快晴
浅川 08:30- 850m圏 09:15- 1252m峰 10:50/11:10- 権現山 11:35/12:35- 浅川峠 13:40- 曽倉山 14:10- 破線路合わさる 14:40- 取付 15:25- 浅川 15:50
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.07.09

夏の小金沢連嶺をゆるゆる歩く

B110707a
(天狗棚より狼平・小金沢山方面)

さてさて一ヶ月お休みしていた間にそろそろ梅雨明けも間近・・・というかあけてしまいましたね(笑)。去年の一ヶ月半あいたのよりは短いけど一時は多忙だったし、どうも天気が良くないと歩くモチベーションが上がらなくなってきているんですよねぇ。

それでも先週末(07/03)はようやく歩けるような天気になってくれて、今回はサラサドウダンお目当てで小金沢連嶺を歩いてきました。

B110707b
(サラサドウダン・盛りは過ぎたが花付きはよい)

今回は甲斐大和からバスではなくタクシーで小屋平まで出てから(¥6170)のスタート。今のこの界隈はバス路線自体があるだけでもう十二分以上なんですけど、それでも思いっきり贅沢を言わせてもらえればもう一時間早いのが欲しい所ですね。

さすがに標高が高いせいか涼やかに歩き出せたのは今の時期それだけで幸せで、一瞬キバナと勘違いした咲き始めのニシキウツギやベニバナツクバネウツギなどを愛でつつまずは石丸峠を目指します。

B110707c
(狼平のレンゲツツジは徐々に復活している印象だ)

樹林帯から草原に出ると時期が少々早い上にお花が減っていることもあって、見かけるのはキンポウゲくらいですけど、それでもこの辺りはいつ訪れても良い所ですね。石丸峠から天狗棚へ向かうとぼちぼちお目当てのサララドウダンが出てきますが、花付きはかなり良好。ただ盛りはやや過ぎたくらいでしょうか。

そんな様子にペースが落ちてきますが、ドウダンはまだ先でも腐る程見られるので狼平へ向かうとこちらはレンゲツツジが満開。こちらも花付きは良いし、それよりなにより近年は以前に枯れたと思っていた木々が徐々に復活していて、訪れる度に花が増えている印象。レンゲツツジって結構しぶといわ。

B110707d
(ウラジロヨウラクも盛りやや過ぎか)

B110707e
(ハクサンシャクナゲ・咲いているのはごく一部)

草原から再び樹林帯に入ると小金沢山へ向けての登りが始まりますが、適度な風が吹き抜けていることもあるんでしょうけど黒木の雰囲気がなかなか心地よいです。サラサドウダンは相変わらず見事だし、ウラジロヨウラクも間に合ってホッとしました。

赤の濃いドウダンが咲いている小金沢山に着いたら、まずチェックしたのが↑↑(^^)。ドウダン系は盛り過ぎだったけど、遅れたお陰でハクサンシャクナゲが見られましたのはラッキーでしたが、探したけどお花は少なかったですね。前に見かけた時も当たり年だったし、ここはツツジ系が当たりでないと咲いた花は見られないところかも。

B110707f
(トウヒの森を下る)

しかしそれなりの天気だった割に人出は少ない印象で、ランチをとった牛奥ノ雁ヶ腹摺山もそうだし、バス利用と思しき追い抜くハイカーも少なかったのを見るとバスも意外に空いていた??のかもしれません。

天気は晴れたり曇ったりを繰り返す感じで、それも却って快適で幸運でした。それなりに暑いはずなのに水の消費が意外に進まない感じ。ただ虫は多いけど、それはこの段階ではまだ我慢出来るぐらいでした。

B110707g
(赤の濃いサラサドウダン)

賽ノ河原の草原は風が吹き抜けて気持ちよかったし、川胡桃沢ノ頭ではシロバナノヘビイチゴの実を地べたを這いずって捜索したりと、今の時期はこんな感じなのかとちょっとした発見もあって、通い慣れたところでもこれがなかなか楽しく歩けるから不思議です。

しかしそんな歩きも後半の楽しみだった↓↓黒岳の広葉樹林や白谷ノ丸の草原が虫が多すぎてエラい事になっていて、次々と身体に体当たりされてくるし、本当はゆっくりしたいのに実際は大変でした。

B110707h
(黒岳直下の広葉樹林)

B110707i
(白谷ノ丸・草原の花はまだ少ない)

草原のお花の方はキンポウゲにヤマハハコやヤハズハハコ辺りが咲き始め、とまだまだ淋しい状況ですがお花はこれからです。しかし本当に虫がひどい・・・(-"-;)

でも徐々に減りつつあるとはいえそれなりにお花が残っているのがこの辺りの不思議なところで、北の大菩薩嶺周辺はもちろん、今は御坂の方が本当にごっそり減ってしまいましたが、この辺りの差は一体何に起因するのか、ボクのレベルではさっぱりですなんけどねぇ。。。

B110707j
(ニッコウナツグミ)

そんな訳であまりゆっくり出来ないまま湯ノ沢峠へ向かったんですけど、ここってこの時期はニシキウツギが本当に多いんですね。最初は黄色というか白っぽい花ばかりだったし、蕾が小さいと微妙にニッコウナツグミと被るんですよ。でも今回そのグミの類を同定できたのが個人的には嬉しかったことでした。グミの類は葉表が鍵であることを以前歩いた時に知ったので今回はバッチリ。

そして峠に着いたらあとは焼山沢を下って天目山温泉へ。焼山沢の道はしばらく刈り払いが入ってないのかスズタケが道に被ってきていますが、下道は明瞭だしそのうち刈り払いもされるでしょう。

B110707k
(焼山沢の道・明瞭だがスズタケが被ってきている)

焼山沢の登山口に着いた所でバスに間に合いそうだったので、かなり久しぶりにそのまま温泉まで歩きましたけど、道中はモミジイチゴがちらほら実をつけていて、楽しみがあったのは幸いでした。しかしこの辺り、今は温泉と甲斐大和を結ぶ区間便もあって本当に便利になりましたね。

この辺りは歩くのが当たり前だった時代のことを考えると隔世の感があるのに、何度歩いても新しい発見があるのがなんか不思議というか妙な気持ちになってしまうんですけど、それでも一つ言えるのはこの辺りもやっぱり良いところだなぁ、ということ。訪れる度に良い気分で帰路につけるのは幸せなことですよ。ほんとうに。
 
・・・・・☆
 
◆ 2011.07.03 (Sun)   晴 後 曇
小屋平 08:10- 石丸峠 09:15- 小金沢山 10:55/11:05- 牛奥ノ雁ヶ腹摺山 11:40/12:40- 黒岳 14:05- 白谷ノ丸 14:25/14:45- 湯ノ沢峠 15:10/15:20- 焼山沢登山口 15:55- やまと天目山温泉 16:55
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.04.18

今年もちょっと早めの坪山へ

B110418a
(ヒカゲツツジ・西尾根コースでは見頃に入った)

しかし、あれだけ地震がデカイといろいろと影響がありますね。春の花が次々と咲き始める時期なのに先月の前道志以降再び行けない日々が続きましたが、ようやく歩けるようになってきました。

ということで今回(04/17)は久し振りなものでどこを歩こうか本当に悩んだんですけど、ここ二年ほど早め(ヒカゲツツジ)の坪山と麻生沢の組み合わせがなかなか楽しく、花の頃合いも一番良さそうなので今年も歩いてきました。もうこれはレギュラー化ですねっ。

B110418b
(御岳神社のいわざる??)

今までは平日に歩いていたんですけど、今年は日曜日。早めとはいえ人出の方が気になりつつ上野原に出ると、駅前のハイカーの多さに唖然としましたが、これは井戸行きと松姫峠行きを早々と待っている人が多いと言うのがあったようで、一番の飯尾行きは一台で収まるぐらい。

ということで坪山へ登る人も想像よりは少なく、今回は初めて御岳神社で参拝しました。ここはささやかながらも雰囲気のある所ですね。猿橋と同様何かのお祭りのようでしたけど、こちらは朝という事もあり提灯だけでしたが。。。

B110418c
(イワウチワはすでに満開)

そんな訳で西尾根に入るともちろん人は歩いているものの思いの外少なく、木々の芽吹きに、咲き始めたミツバツツジを愛でながら快適に歩けます。

しばらく登って露岩が出てくると、さっそくヒカゲツツジのお出まし。これまた開花が意外に進んでいて、尾根中腹まではすでに見頃に入っていました。去年は雪にやられたようですけど、今年はおそらく大丈夫でしょう。(^^)

B110418d
(木々も芽吹いてきた)

そしてじきにイワウチワも出てきて、こちらは丁度満開。これだけの量が咲きそろうとやはり見事ですね。ヒカゲツツジの方は登るにつれ花から蕾が増えてくる感じですので、来週以降が本番でしょうか。

道中の人出の少なさに反して坪山の山頂はさすがに日曜日とこう事もあって満員状態だったので、少し休んだだけで、そそくさと西原峠方面へ向かいました。

B110418e
(カタクリ)

西原峠へは一昨年は尾根、去年は捲き道だったので今年は尾根伝いに歩いてみましたが、こちらへ向かうと人が一気に減りますね。道も一部藪っぽい箇所があって最近は手入れされてるのかなぁ・・・という感じ。

それでもこの辺りは尾根北側の雑木林がやはり良いですね。この北側の辺りはなかなかそそられる所なんで、一度は歩いてみないといけないなぁ。。。

B110418f
(西原峠附近・アブラチャンの花でうっすら黄色い)

そして無粋な林道に降り立つとまもなく西原峠、なんですけどこの林道端でアブラチャンにキブシ、ヤシャブシ、ダンコウバイ、ネコヤナギにマメザクラと総じて地味ながらも、今年は諦めていた花に逢えたのが今回一番嬉しかった事かも。

そして峠から南へ向かうと、しばらくは木々の間をアブラチャンの黄色がほんのり染める、これまた地味ながらも実は楽しい道のり。

B110418g
(大寺山より麻生山・三ッ森<北峰>)

大寺山までは林道歩きを交えたりもしますけど、この林道って今は使われているのでしょうか?だからこそ山道然とした箇所もあって却って良かったりするのですが。。。

大寺山を越え、林道がここまで延びていない事にホッとしつつ、雑木の美林帯を下って登り返すとようやく三ッ森に到着。まだ晴れてはいるもののの周囲は霞んで富士はもう確認できるかできないぐらい。あと山頂の鏡、まだあるんですね。しかも鏡面が妙に綺麗なのも謎だし(笑)。

B110418h
(ミツバツツジ)

そんな展望をボーッと眺めたら、例のごとく麻生沢二俣の中間尾根を下降して麻生沢へ向かいます。

去年は尾根のミツバツツジが殆ど咲いてなかったんですけど、今年はぼちぼち咲いていて楽しめたというかホッとしました。ヒカゲツツジもそこそこ咲いていたし、今年のツツジはマトモに咲いてくれると良いですね。

B110418i
(麻生沢の二俣<720m圏>)

相変わらずしんどい尾根末端の急斜面をなんとか降りきって二俣に降り立てば、あとは麻生沢の沢歩きを残すのみ。

ここまで降りるとすでに周囲は芽吹きが始まっており、その中を歩くだけでも心躍るのに、その上に水辺に沿って歩ける訳ですから楽しくないわけがないわけでして(笑)・・・

B110418j
(ツルネコノメソウ)

B110418k
(麻生沢のひとコマ)

またその上にユリワサビにミツバコンロンソウ、ヨゴレネコノメ、ツルネコノメ、カタクリ、ミヤマキケマン、スミレの類(笑)などなど、お花を愛でつつ歩けるのでやっぱり楽しいですね。

そして下流に近づくと咲き始めのニリンソウにヤマルリソウ。そんな中をいそいそと写真を撮りつつ歩いているといつの間にか林道終点に出ていました。

B110418l
(ヤマルリソウ)

B110418m
(イチリンソウも咲き始めていた)

今回も林道から春爛漫な駒宮の集落をトラバースして、そのまま葛野川左岸の径路を辿ったんですけど、この道もまだ利用者がいる??ようでなんと改修されていたのには驚きました。

道中アズマイチゲはなぜか花をほとんど付けてなかったようですが、咲きかけのアマナにヤマエンゴサク、イチリンソウも咲き始めていて、最後の最後まで楽しい道のり。

B110418n
(葛野川左岸の径路・なぜか改修されていた)

そして浅川に降り立ったら、一本前のバスに間に合いそうなので慌てて浅川入口BSへ登り返し。上和田からのバスはなんと貸し切りでした。しかし行きがけとエラい差ですねぇ。。。
 
・・・・・☆
 
◆ 2011.04.17 (Sun)   晴 時々 曇
上野原駅 08:08→ 御岳神社前 09:15- 坪山 10:25/10:30- 西原峠 11:30-(途中休憩60分)- 大寺山 13:00- 三ッ森(北峰)13:25/13:30- 麻生沢・二俣 14:25/14:30- 林道終点 15:25- 浅川入口BS 16:05
 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

◆ カテゴリーのご案内 【その他の山域 2004・2005】 【その他の山域 2006】 【その他の山域 2007】 【その他の山域 2008】 【その他の山域 2009】 【その他の山域 2010】 【その他の山域 2011・2012】 【その他の山域 2013】 【その他の山域】 【前道志・道志・丹沢 2004】 【前道志・道志・丹沢 2005】 【前道志・道志・丹沢 2006】 【前道志・道志・丹沢 2007】 【前道志・道志・丹沢 2008】 【前道志・道志・丹沢 2009】 【前道志・道志・丹沢 2010】 【前道志・道志・丹沢 2011】 【前道志・道志・丹沢 2012】 【前道志・道志・丹沢 2013】 【前道志・道志・丹沢】 【大菩薩・権現山稜 2004】 【大菩薩・権現山稜 2005】 【大菩薩・権現山稜 2006】 【大菩薩・権現山稜 2007】 【大菩薩・権現山稜 2008】 【大菩薩・権現山稜 2009】 【大菩薩・権現山稜 2010】 【大菩薩・権現山稜 2011】 【大菩薩・権現山稜 2012】 【大菩薩・権現山稜 2013】 【大菩薩・権現山稜】 【奥多摩 2004】 【奥多摩 2005】 【奥多摩 2006】 【奥多摩 2007】 【奥多摩 2008】 【奥多摩 2009】 【奥多摩 2010】 【奥多摩 2011】 【奥多摩 2012】 【奥多摩 2013】 【奥多摩】 【奥秩父・秩父・奥武蔵 2004】 【奥秩父・秩父・奥武蔵 2005】 【奥秩父・秩父・奥武蔵 2006】 【奥秩父・秩父・奥武蔵 2007】 【奥秩父・秩父・奥武蔵 2008】 【奥秩父・秩父・奥武蔵 2009】 【奥秩父・秩父・奥武蔵 2010】 【奥秩父・秩父・奥武蔵 2011】 【奥秩父・秩父・奥武蔵 2012】 【奥秩父・秩父・奥武蔵 2013】 【奥秩父・秩父・奥武蔵】 【御坂・天子・富士 2004】 【御坂・天子・富士 2005】 【御坂・天子・富士 2006】 【御坂・天子・富士 2007】 【御坂・天子・富士 2008】 【御坂・天子・富士 2009】 【御坂・天子・富士 2010】 【御坂・天子・富士 2011】 【御坂・天子・富士 2012】 【御坂・天子・富士 2013】 【御坂・天子・富士】 つれづれ つれづれ 2004・2005 つれづれ 2006・2007 つれづれ 2008・2009