« 花の稜線・白馬岳から朝日岳へ 2 | トップページ | 黒部源流を馬蹄形に歩く 1 (高瀬ダム~烏帽子小屋~野口五郎岳) »

2011.08.06

花の稜線・白馬岳から朝日岳へ 3

B110806a
(朝日小屋に舞い戻ってまいりました・^^;;)

さて今回、行く前の予報ではこの日が一番安定した天気だったので、お花を飽きるぐらい愛でつつのんびり蓮華温泉に降りて、それから林道を二時間半歩いて・・・のハズだったのが、実際この日になってみるとこの山行きで一番不安定な天気になっていました。

ということで前の晩からどうしようか悩みまくった末、朝から雨が降っていれば無条件にイブリ尾根を下山のつもりでとりあえず朝日岳へ向かいます。

B110806b
(朝日岳山頂では雨まで降ってきた)

せっせと登っている間は時折晴れ間が垣間見られたものの、朝日岳の山頂に着いた途端無情の雨が。。。

それでも時折ガスが切れて白馬や栂海新道、そして焼山や高妻山などがちょこっと見えだしたりしているので、しばらく経てば晴れそうではあるんだけど、前日お花に夢中になってエアリアの時間を簡単にオーバーしたことを考えると、蓮華温泉に着く前に夕立に遭うのは確実です。しかも今回はプラス林道歩きもあるし。

B110806c
(夕日ヶ原の一角)

と言う事で夕立に追われながらではお花も満足に楽しめないので、今回の所はイブリ尾根を下ることにして来た道を戻ります。

幸い雨は小屋に着く前に止んで予想通り晴れてきました。小屋を通りがかる際、小屋番さんに今回のところは北又へ降りますと言ったら「また、来てくださいね~」と手を振っての見送りつき。ええ、また行きますとも。はい(泣)。

B110806d
(キンコウカ)

B110806e
(海を見ながら降りられるのが新鮮だ)

それでもこちらのイブリ尾根も出だしは夕日ヶ原の草原を絡んで下るなかなか気持ちの良い道で、海や黒部川らしき流れを遠くに見ながら歩くのはちょっと新鮮ですね。

もちろんお花も多くてチングルマにコイワカガミ、ハクサンコザクラが目につきます。でも今回嬉しかったのは蓮華へ降りられなかったことで諦めていたキンコウカに逢えたこと。今回の所はこれでもう充分ですよ。(^^)

B110806f
(イブリ山が見えてきた)

その先ではニッコウキスゲが見事で、下るにつれ草原から徐々に樹林帯に変わってくるとクガイソウにハクサンオミナエシといった個人的に馴染みのある花が出てきて、この山行きがもう終わりに近いことがイヤでも感じられます。

それでも完全に樹林帯に入ると、終わりかけながらもまさかのタニウツギやガクウラジロヨウラクに逢えたのはさすが日本海側の山ですね。

B110806g
(6合目を過ぎるとブナ林が広がる)

B110806h
(エゾアジサイ)

日本海側と言えばブナも立派な木が多くてなかなか見応えがありましたが、ご多分に漏れずこちらでもナラ枯れの被害が広がっているようで、道中見かける3mを越えるような立派なミズナラがバタバタと枯れている様子は気がつく人にとっては少々異様な光景かも知れません。

あとは足下にツルアリドオシが地味に咲く中を、周囲の自然林を愛でつつスイスイ下って行く感じ。でも下るには楽でも登りになると急登が続くので、特に夏場の登りはちょっとしんどいかも。

B110806i
(6mを越える大ミズナラもナラ枯れで瀕死の状態)

そんな訳で五合目の水場を確認して、道中は緩く降りたつもりでもイブリ山から二時間ほどで北又小屋に降り立ってしまいました。

やれやれと小屋前の水場で身体を拭いて一息つき、ビールで喉を潤してからタクシーでも呼ぼうと思っていたのに、なんと小屋のおっちゃんの計らいで、いつの間やら相乗りタクシーに混ぜてくれていたのはラッキーでした。\(^o^)/

B110806j
(吊橋を渡れば北又小屋はすぐそこ)

しかも今年は朝日町から「一人につき1000円」のタクシー料金助成制度があるので、料金の高いジャンボタクシーでも8人頭割りで支払った金額は800円弱という怖ろしく安価な料金で泊駅に出られたのは神の御業と言わずしてなんと言うのか。実は黒部川の支流である北又の様子もこの目で見られたし、結局今回の所はこちらの方に呼ばれていた、ということなのでしょうね。泊に出たお陰で久しぶりに北陸カラーの415系にもに乗れたし(笑)。

まぁ蓮華温泉へ下れなかったのは残念だったけど、今回歩いてみてこの辺りの山の良さはよ~くわかったのでまた機会をつくって必ず再訪しようと思いました。
 
・・・・・☆
 
◆ 2011.07.26 (Teu)   曇 後 晴
朝日小屋 05:10- 朝日岳 05:50/06:10- 朝日小屋 06:50- イブリ山 08:00/08:10- 五合目 09:00/09:20- 北又小屋 10:15
  
 
ビール(ロング缶・北又小屋)¥450
タクシー(北又小屋~泊駅・8人相乗り)一人あたり¥800弱
 

|

« 花の稜線・白馬岳から朝日岳へ 2 | トップページ | 黒部源流を馬蹄形に歩く 1 (高瀬ダム~烏帽子小屋~野口五郎岳) »

【その他の山域 2011・2012】」カテゴリの記事

コメント

ふうたろうさん、

ををふうたろうさん、秋に歩かれているんですね。今年は歩けなかったから秋にでもと考えたんですけど、猛烈なお花畑と聞くとやっぱり最初は花の時期と考え直しました。

鉱山道、もちろん確認しましたよ。蓮華ベースにすればあの辺りは多彩に歩けますね。地元だったら7~8月は毎週歩いても飽きないでしょうねぇ。。。と言う方が本当にいらっしゃって、羨ましいなぁと思ってしまいましたヨ。

投稿: komado | 2011.08.25 23:42

 そうかあ、ここでふうたろうとは逆に下りたのですね。ふうたろうは、コメントの最初の隠居さんの言っておられる、五輪(いつわ)尾根を下りました。結構長かったですが、きっとあれは猛烈な花畑で、ふうたろうの大きな目もいっそう点になっていたでしょう(。・w・。 ) ふうたろうの登ったときはやっぱり紅葉がきれいでしたけども。

 朝日岳の小屋に泊まって、五輪尾根を登って、雪倉岳を経て、「鉱山」という文字が入っていた道がありませんでしたか、あれを下りてくるとか、いいかも知れませんね(逆もアリですか)。

投稿: ふうたろう@零族 | 2011.08.25 17:37

kbさん、

お久しぶりです。
kbさんも白馬行かれていたんですね!

ホント七月は海の日以降天気が今二つでしたものね。例年海の日は梅雨末期なので末近くは天気が安定していると思っていたのに。。。

でもそれでも楽しめるのが白馬の凄いところ。そうそう清水尾根のお花も凄いですよ。いつか歩けると良いですね。

投稿: komado | 2011.08.18 00:08

お久しぶりです komadoさん

私も7月末に白馬に行って来ました。白馬大池から白馬・清水・祖母谷と歩く予定でしたが
3日間雨で風もありコース変更して白馬から白馬鑓温泉に下りました。
本当に花が素晴らしくて雨でもそれなりに楽しめました。
ウルップソウは名残の花を2・3見つけましたがツクモクサは判りませんでした。
以前登山道脇にも沢山咲いていた三国境付近のコマクサは全く見ませんでしたがど
うなったんでしょうかね。

投稿: kb | 2011.08.17 09:21

隠居さん、はじめまして。ようこそいらっしゃいました。

> 「五輪尾根」を歩かなければ、ここの良さは判らないョと

やっぱりそうみたいですね。とにかく蓮華までのバスが来ていなかったのが悔やまれますが、コレはもう一度来なさいと言われているような気がしていますので、来年こそは歩きたいですね。

実は先週黒部源流辺りを縦走してきたんですけど、不思議とお花に目が行かなかったのは、白馬朝日のお花が凄かったからなのかも、と思い始めています。

投稿: komado | 2011.08.15 12:07

始めてかき込みます。
わしも先日、白馬鑓から白馬大池に下り、蓮華温泉への道で一緒になった山姥(地元の人でいつもこの辺を歩いているとのこと)に、「五輪尾根」を歩かなければ、ここの良さは判らないョと言われてしまった。
帰って地図を詳しく見たら、わしのような年寄りではとても困難だと感じた次第。
次には「五輪尾根」の報告を待っています。

投稿: 隠居 | 2011.08.13 21:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15040/52390169

この記事へのトラックバック一覧です: 花の稜線・白馬岳から朝日岳へ 3:

« 花の稜線・白馬岳から朝日岳へ 2 | トップページ | 黒部源流を馬蹄形に歩く 1 (高瀬ダム~烏帽子小屋~野口五郎岳) »