« ブナに新緑・西丹沢の森歩き | トップページ | 浅草岳、今年の夏山初日 »

2007.06.06

六年ぶりに飛龍山へ

B070606a
(シャクナゲ咲き始めた・前飛龍附近にて)

ここのところ公私ともにバタバタ続きでお山へ行けず、さきの週末もちょっとヤバい雰囲気が漂っていたのですが、土曜(06/02)がうまいことぽっかりあいて、さぁどこへ行こうか・・・。

シロヤシオも良いけど前の週に見逃したイワカガミが見たい、あっそれなら・・・と浮かんだのが先月寝不足で行きそびれた飛龍山のこと。バラクチ尾根を歩いたとき以来丸六年間訪れていないのでじゃぁ行ってみようか、ということで歩いてきました。(^^)

B070606b
(北天ノタルへの道すがら)

土日の朝の丹波行きは時間が遅すぎてお話しにならないので、今回は素直に?奥多摩駅から後山林道の片倉橋までタクシーを張り込んで(¥5780)のスタート。

周囲の木々が朝日を浴びその空気まで緑に染まっているような林道を三条の湯へ向けてくてく歩いていると、まもなくここでHgさんに拾われて(!)終点までひとっ飛び。お陰で予定より40分ほどは早くなったでしょうか。すると妙な色気も出てきたのですがここはおとなしく普通に歩く所にして(笑)、Hgさんに運良く逢えたら嬉しいなと思っていたコイワザクラとキバナコマノツメのありかを聞き出しながら三条の湯へ向かいます。

B070606c
(奥秩父主脈稜線より飛龍山)

話によると先のお花は今回のルートでは期待薄なようですがとりあえず希望を持って(笑)、三条の湯で三条タルミへ経由で飛龍へ登るというHgさんと別れて北天ノタルへ向かう中ノ尾根の登山道に入ります。林道終点から三条の湯への渓畔林もそうだったけど、今の時期は新緑美しい自然林のもとを歩くだけで「山に来て良かったなぁ」と心底思える良い時期ですね。

時間に余裕もできたのでのんびり歩いて二時間程で北天ノタルへ到着。パンを囓ってたらちょっと遊びたくなったのでここで南面を捲く登山道と別れて稜線通しに歩いてみると、さっそくシャクナゲが出てきますが花はほとんどついていません。林床には今年最後と思われるイワウイチワにバイカオウレンがちょこっと。あとシカが増えているのかフンがかなり多いです。

B070606d
(飛龍山附近にて)

登り切ったピークは意外や北面が開けており、思いもかけずクリアになった大洞の谷や和名倉山の姿を拝めたのは久しぶりでかなり嬉しかったです。ここでようやく咲いたシャクナゲともご対面。でも陽当たりの良いところだけ花付きが良いのが不思議です。

しばらくは藪を分けながら稜線通しに歩いていたのですが、ふと稜線左下に登山道を見つけてしまったら何かバカらしくなってしまい、ここで登山道に降りてしまいました。すると今度はyamyamさんと遭遇。久しぶりだったし、こちらは超余裕の行程だったので20分近くお話ししてから飛龍山へ向かいました。

B070606e
(日当たりの良いところは花付きも良い・前飛龍の一コマ)

周囲のシラベが軒並み囓られて今後が心配な飛龍の山頂を越えると、再びシャクナゲが出てきますがこちらも花蕾は少なくちょっとガッカリ。でも前飛龍との分岐でもある飛龍権現に降りて禿岩へ寄ると、こちらは日当たりがいいせいかシャクナゲがいい感じで咲いています。う~ん。

誰もいない禿岩で今年初のイワカガミを見つけましたがまだほどんどが蕾です。するとここで三条ダルミから回ってきたHgさんが追いついてきて一言。「コイワザクラ、普通にいたよ~」ってウソでしょ~(笑)。orz

B070606f
(もう一つのお目当て・イワカガミは咲き始め)

気を取り直してお先に前飛龍へ向かうと、こちらは尾根が明るいせいかシャクナゲも花をたくさんつけていてようやく堪能できました。ただもう一つのお目当てであるイワカガミは大半が蕾で、前飛龍からミサカ尾根を少し下ったところでようやくまともに咲いた群落に逢えた感じ。シャクナゲもまだ蕾や膨らみかけたのが多く、今週末がおそらく盛りでしょう。

んで、あとは新緑に染まるミサカ尾根・天平尾根を辿って親川へ。丹波天平も久しぶりでしたがその広い山頂附近にはシカやイノシシが駆け回っており、もうここは彼らの公園のような感じですね(笑)。

B070606g
(公園のような丹波天平山頂)

親川へ下りきる前に着替えを済ませて青梅街道に降りると、アレ?バス停がない。この辺りは歩道が狭いしバス停捜すのに丹波側へ戻る気にもなれないので、安全なお祭まで足を延ばしてから帰りのバスを待っていると、バスの時間の直前にサヲラ峠から三条の湯に戻られたHgさんに再び拾われて奥多摩駅へ直行。お陰で後の約束を無事果たせたばかりか予定より一本前の電車に乗れました。

しかもその電車には丹波戻りのyamyamさんに拾われたシマダさんが登場してまたビックリ。実はyamyamさんと山で話していたとき丹波に車を停めてますので宜しかったら・・・と云われていたのでした。

B070606h
(今度はあずましゃくなげ九変化 ^^;;;・前飛龍にて)

とにかくこの日は山よりもその出会いの方の印象が強烈な一日でした。しかしそれより何より毎度毎度ワガママかつ勝手気ままに歩いているボクなんかの帰路まで心配してくださるお二方には感謝の言葉もありません。

またの機会もよろ・・・などと図々しい事はもちろん云いません(笑)。今回出会った方達だけでなく、このサイトを見てくださるみなさまとの遭遇も楽しみにしております。(^^)

・・・・・☆

◆ 2007.06.02 (Sat)  晴 後 曇
後山林道終点 08:20- 三条ノ湯 08:45- カンバ谷 09:50/10:00- 北天ノタル 10:35/10:45- 飛龍山 11:45- 禿岩 12:00/12:45- 前飛龍 13:25- 熊倉山 14:10- サヲラ峠 14:35- 丹波天平 15:00- 親川 16:00
 

|

« ブナに新緑・西丹沢の森歩き | トップページ | 浅草岳、今年の夏山初日 »

【奥秩父・秩父・奥武蔵 2007】」カテゴリの記事

コメント

涼さん、yamyamさん、タカさん、こんばんわ。
PCのトラブルでレスが遅れてしまい大変申し訳ありません (o_ _)o))。

しかしこの日は本当に驚きの連続、でもお陰で楽しい一日でした。今回ボクはコイワザクラもキバナコマノツメにも逢えなかったのですが、これはお二方との執念の差かなと。後で話を聞くとえ~って事ばかりで諦め良すぎましたね。

涼さんご無沙汰しております。この手のヤツは去年のタマアジサイ8変化が最初でした。写真の取り方が甘くて8変化になってしまったので、今回はくまなくキッチリ撮りました(笑)。ちなみにタマアジサイの方は↓こちらにありますのでよろしかったらご覧くださいませ。
http://komado.tea-nifty.com/blog/2006/08/post_9ba5.html

投稿: komado | 2007.06.14 23:04

うわ~、愉快、愉快。

愉快な山行になりましたね。

投稿: タカ | 2007.06.07 07:27

その節はお世話様でしたm(__)m

Hgさんの所に貼ってあった和名倉の画像、はげ岩からだと思ってたのですが、なんだかチョット違う??
そう、あれは北天のタルからのピーク!展望いいんですよね(^_^)v
あの景色好きなんですが、すっかり忘れてました。南側からならすぐなんですよね。あの時点での頭の中はコイワザクラとキバナノコマノツメしかいませんでしたから(-_-;)

しかし、まさか飛龍で遭遇するとは!!心の準備が出来ていませんでした(-_-;)

シャクナゲ九変化、いいっすねぇ~(^_^)v

投稿: yamyam | 2007.06.07 04:30

こんばんは

「あずましゃくなげ九変化」にエエーッと思いましたが……
でも、みんな素敵です。


投稿: | 2007.06.06 23:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15040/15327434

この記事へのトラックバック一覧です: 六年ぶりに飛龍山へ:

« ブナに新緑・西丹沢の森歩き | トップページ | 浅草岳、今年の夏山初日 »