« 熊倉山のあかやしお・・・ | トップページ | ブナに新緑・西丹沢の森歩き »

2007.05.15

大常木林道、再び

B070515a
(大常木林道・シナノキノタルへの道すがら)

リブルさんから一ノ瀬方面へのタクシー相乗りの打診があった時・・・一ノ瀬の方はなかなか行けないから課題は山積していて・・・悩みに悩んだ末、今回は大常木林道と岩岳尾根の未踏区間を歩く事に。

ということで土曜(05/12)は三ノ瀬から大常木林道を辿ってハシカキノタルに上がり、岩岳尾根を登って前飛龍へ昼寝しに行ってきました。(^^ゞ

B070515b
(龍喰谷を過ぎて間もないところだと思う)

そんな訳で今回はリブルさん、ゴン太さんかずさん、komadoの四人で塩山駅からタクシーの相乗り。まずは石保土山へ行かれるリブルさん、かずさんを犬切峠で降ろし、笠取山へ行かれるゴン太さんをその先の作場平橋で降ろして、私はそこからぐるりと回って将監の登山口に出ました。(メーターは中島川橋まで。¥9300弱)

雲一つない好天のもと、民宿しゃくなげの前で蕎麦食いてぇな・・・と思いつつ準備をしてさっそく歩き出します。

B070515c
(会所小屋跡・大常木谷に降り立った所)

大常木林道を歩くのは丸二年ぶりのこと。その当時からすでに改修は始まっていた(まだ倒木を処理するぐらいだったが)ものの道中は通過のしんどい崩落地がいくつかあったのですが、今回歩いてみるとそれなりに改修されていてさほどの難なく歩けます。

道中の広葉樹林もカラマツも好天と相俟って新緑がほんとうに見事で、少ないながらもオオヤマザクラやミツバツツジが彩りを添えてくれたのですが、それも圧倒的なみどりに埋もれてしまっている感じ。今回はその中を歩けただけでもうもう満足です。(^^)

B070515d
(モリ尾根1532m峰の姿・ハシカキノタルへの道すがらより)

前に歩いた時は訳あって全く触れなかったのですが、実は大常木林道にも未踏区間があって今回はそこを繋げるのも目的でした。してその未踏区間とは会所小屋跡とハシカキノタルへ向かう途中にある↓の崩落地の間。前は(今回と逆コース)ここに道がなかったのでそのまま大常木谷に降り、沢を遡って会所小屋跡に出たのでした。

今回は改修されたお陰で未踏区間を無事に繋げることができましたが、例の崩落地は↓の通りすでに大変宜しくない状態になっていて、二年も経てばまた元通りになっちゃうんでしょうね。

B070515e
(崩落地も改修されていたが、すでに土砂に埋もれ始めている)

そしてその先の慎重にへつった箇所も桟道が架けられていてホッとしましたけど、会所小屋跡からハシカキノタルの間は全般的に急傾斜で道が不明瞭かつ不安定なまま、と要は道が荒れているので確実な地形判断のできる人向けの道であることに変わりはないでしょう。

会所小屋跡から一時間程で岩岳尾根上の鞍部であるハシカキノタルに上がって、今回は適当な場所がないこともあり、狭いながらもここでランチ。だっておそらく人なんて通んないだろうから。(^^)

B070515f
(ハシカキノタルにて)

午後から曇る予報もハズれたらしくお昼を過ぎてもまだ日差しがあったので、ランチをとったら30分程昼寝して心身共にスッキリ!さぁ出発!!のハズだったんでしょうけど、この日は起きたらなんかダルいというかまだ眠い感じ。

それでもこのまま余慶橋へ降りるのはあんまりなので歩き出したのですが、やっぱり眠くてしょうがない。本当は飛龍まで足を延ばすつもりだったのにヘロヘロ登って、前飛龍分岐の岩場でグロッキー。すぐさまシートを敷いて寝てしまいました。

B070515g
(岩岳尾根上部の黒木帯)

結局丸一時間熟睡していたようで目が覚めたらもう15時。目が覚めたら随分スッキリしていましたが、この時間で飛龍に寄ったらもう帰りのバスがなくなるので下山開始するしかありません(笑)。

でもとりあえず前飛龍のピークには寄って周囲のシャクナゲの様子を見てみると、アセビがまだ咲いているぐらいですから蕾はまだ堅く、開花は今月の下旬以降でしょうか。

B070515h
(前飛龍よりミサカ尾根を見下ろす)

ミサカ尾根は久しぶりに下りましたがのっけの急降下さえこなせば緩やかで本当に歩きやすい道ですね。下るにつれ芽吹きから新緑と徐々にみどりを取り戻していく様子も楽しいものでしたが、サクラの類が意外に少ないようにも感じましたけどどうなんだろう??

途中で熊棚をたくさん見かけて(笑)下りきった広い鞍部がサヲラ峠。立派な石祠になっていた中川神社に道中の感謝をして、これまた新緑の海だった道をのんびり歩いて丹波へ降りました。

B070515i
(サヲラ峠からの下りしな)

思いもかけないお誘いから思いもかけず初訪と同じ時期に大常木林道を歩くことになりましたが、天気に恵まれたこともあって本当に楽しかったです。それに奥秩父はさすがに山深さも感じられて、そんな雰囲気を感じることができたのも嬉しかった。こちらはなかなか通えない場所ではありますが、相乗りのみなさま、また機会がありましたらその時はどうぞ宜しくお願い致しますネ。<(_ _)>

・・・・・☆

ということでこの日のREPはこちらをご覧くださいませ。<(_ _)>
 

|

« 熊倉山のあかやしお・・・ | トップページ | ブナに新緑・西丹沢の森歩き »

【奥秩父・秩父・奥武蔵 2007】」カテゴリの記事

コメント

はいはい、めこいの湯で団体さんが乗られたのは覚えています!あの中にmineraさんがいたのですね!

ちなみにボクは一番前に座ってビールを飲んで半ば寝ておりました。まぁさすがにバスですから缶のまま持ち込まずに一度ペットボトルに移し替えてからお茶を飲むフリして実はビールというヤツです(笑)。

またの機会がありましたらどうぞ宜しくお願いしますね(^^)。

投稿: komado | 2007.05.26 23:32

こんにちはです!
なんとkomadoさん12日は丹波発の18時20分ぐらいのバスにのっていましたか?
私たち一行はのめこいの湯でかなり大勢のってご迷惑だったかもしれません。
私も疲れていたのですぐに寝てしまったのですが、なんと同じバスに野乗っていたのですね。前の方に乗車していましたか?
丹波天平で野点山行の帰りでした。
ご挨拶ができなくて残念です~。

投稿: Minera | 2007.05.23 16:12

シロバナはおそらくさがせばそれなりに狙えそうですけど、キバナは高山型ですから奥秩父では金峰山ぐらいですよね?

でもキバナなんてもう何年も見ていないですよ~。

投稿: komado | 2007.05.20 22:18

こんばんわ。
ワラズ尾根にモリ尾根!そそられるなぁ・・
この間行った時には周り中からこれらの尾根を眺めてました。
手が痛くなければモリ尾根はこの間登っていた鴨?
でもどおせやるなら一番下から登らないとね。

シロバナシャクナゲとかキバナシャクナゲとか見てみたいです。
どこら辺にあるかは調べてもいないので解らないですが、下手なテッッポも数撃ちゃあたる!にかけてみます。

トサカ山辺りにあったら嬉しいんですけど(^_^)v

投稿: yamyam | 2007.05.17 23:27

そうそう!シマダさんに確保して貰って降りた所があったよね。場所も覚えているよ。そこはみ~んな改修されて難なく歩けます。おそらく再訪した時はわかるんじゃないかなぁ。。。

だから土曜もそんなことを思い出しながら改修された道を歩いていたのでした(^^)。

ワラズはシャクナゲ花期限定かな~と思っています。まぁこれはタイミングがあったら歩いてみたい、まぁその前にモリ尾根もありますしね。ホントこちらは課題ばかりだよ。

投稿: komado | 2007.05.17 23:07

昔の苦労はどこへ行ったのでしょうかね。
僕がロープ腰につけて、シマダさんがそれを持ってて、犬みたいに橋を渡ったの覚えてる?(笑)
会所までは、すっかり整備されてしまいましたよね。

僕も会所からハシカキまでは未踏だからいつか歩きますよ~。
2年以内??

ワラズ尾根はかなり手強いですよ~。
スズタケ、シャクナゲとヤブのオンパレードですから。

山で昼寝できるなんて、羨ましいですよ。
歩きながらフラフラ眠りそうになった時って恐いよね。

投稿: かず | 2007.05.17 20:13

こんばんわ。
yamyamさんから大常木の報告を頂かなければ、今回のお誘いはおそらく伝通院にしていたと思います(o_ _)o))

前も同じ時期に歩いたんですけど、日差しにあまり恵まれなかったので今回はその雰囲気を充分に楽しむことができました。でもこれが月末だったらワラズ尾根登って直に飛龍へ詰めていたでしょうネ。

ミサカ尾根の方は何も考えずにちんたら歩いていたので複数のカエデの花は見かけたもののあまりチェックしません。ボク的にはシャクナゲ帯におけるハクサンというかシロバナシャクナゲを捜すのが目的だったかも(笑)。低い所のは相当の当たり年じゃないと咲かないでしょうけど。

でも久しぶりに飛龍のシャクナゲ、見てみたい気もしますけどどうなる事やら。。。

投稿: komado | 2007.05.16 22:24

おはようございます。
土曜日は大常木林道だったのですね。
天気が良かったので大常木林道に入ったら富士山がまず見え。
ミノワの頭の辺りでも右の方には白い嶺が少しだけ見えあれはどこの山?
シナノキノタルの少し手前では青空の下に将監峠の草原。
会所小屋跡では見苦しいピンクのテープにゲンメツ。
岩岳尾根の岩場に出ると大きく富士山が見えるはず、なのに時間が少し遅かった~(-_-;)
そんな感じですか??

新緑がちょうど良かったみたいですね。私が歩いた時は大木ばかり気にしていたので(冬はそれしかないですけど)こういう時期にも歩いてみたいなぁ!と思います。

土日と、向山~三頭山、ハナド岩~酉谷と歩いてました。
カエデの追っかけがメインだったので、昨年の秋赤色が多かったミサカ尾根はどうなのか?と気になっていた所でした。

そろそろ私も飛龍やそちら方面の季節。たまには普通に飛龍権現の表参道でも歩いてみようかと思っています。

投稿: yamyam | 2007.05.16 07:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15040/15072039

この記事へのトラックバック一覧です: 大常木林道、再び:

« 熊倉山のあかやしお・・・ | トップページ | ブナに新緑・西丹沢の森歩き »