« 鶴ヶ鳥屋山・・・参りました | トップページ | たまにはカラマツ林も・・・ »

2005.11.20

山は冬の装い

b051120a
(グミの滝・・・高さ約25m)

今週に入ってめっきり寒くなってきましたね。
お山の方もつい一月前までは汗をかきかき、水も結構消費していたのに、朝は寒いし、夜明け前の空はきれいだし・・・どうも今までの「暖かい」という感覚が残っていて、心も体もついていけてない感じです。

そんな訳で土曜(11/19)は久しぶりだった蕎麦粒山。
今回は笙ノ岩山南西尾根たる神庭(かにわ)尾根を登路にとり、鳥屋戸尾根の稜線をのんびり散策?、そして蕎麦粒山に上がった後は一杯水へ向かい、これまた久しぶりだった秩父側のグミノ滝の径路を下って川俣に出ました。

b051120b b051120c
(神庭尾根はこんな感じ)

神庭尾根は大日堂近くにあるおそば屋さんに寄るため用(笑)にとっておいた尾根で、ようやくの訪問。この尾根は末端部の状態がよろしくないので、以前FYAMAで筆まかせさんが紹介されていた、桜平のバス停 目の前にある仕事道の入口から尾根に取り付きました。

尾根は925m峰を境に植林と雑木林に分かれており、925m峰附近では紅葉がまだ盛り。特に紅葉の赤がきれいで今シーズン一番いい状態!(^^)

んでその上は露岩のやせ尾根が続き、急なこともあってあっさりと鳥屋戸尾根からの登山道と合流。笙ノ岩山頂附近のスズタケもすっかりなくなっており、パスすることなく山頂にも寄れました。

b051120h b051120i
(鳥屋戸尾根・稜線上の自然林)

笙ノ岩山からは鳥屋戸尾根の東を捲く登山道ではなく、ブナ・ミズナラの大木が多い自然林を愛でながらのんびり尾根上を行きます。鳥屋戸尾根は展望の良い東側もいいけど、西側の自然林もこの尾根の隠された魅力ではないでしょうか。

さすが尾根上は詰めるに連れスズタケが出てきますが、下道もそこそこ明瞭で藪の状態としては4、5年前のタワ尾根といった感じ。とはいえ、笙ノ岩山から蕎麦粒山まで2時間は若干かかり過ぎかも知れません。

b051120e
(長沢背稜/都県界尾根の稜線上・棒杭ノ頭附近にて)

蕎麦粒山に着いてまず驚いたのが北面にうっすらと雪が積もっていた事。近年の暖かさに慣れきっている事もあるけど、この時期に雪を見たなんて何年ぶりの事でしょうか。

それはともかく、山頂からは川苔やその奥に広がる東京・埼玉の市街地が見え、それだけで単純に嬉しく、寒い中ついつい長居。その後は捲道である登山道や上の稜線を気ままに歩きながら一杯水へ。

b051120f
(北面はうっすらと雪。グミノ滝の径路の下り始め)

下りにとったグミの滝の径路もよく考えてみたら6年半ぶり。

ここもご多分に漏れず下り始めの急斜面のスズタケはすっかりなくなり、のっけから道は不明瞭。その下もマーキングこそ増えていましたが、以前に比べると(特にグミの滝分岐までが)道は荒れていると思います。

b051120g
(グミの滝分岐にある作業小屋跡)

そして無事 川俣に降り立てば、あとは大日そばへ直行。
お目当てだった焼酎の蕎麦湯割りがメニューから消えていた??のは残念でしたが、暖かいお店の中でお酒にざるそば、そして変わらぬもてなしが冷え切った体にしみ込みます。(^^)

このお店がある限り17時台の遅いバスも却ってありがたいんですけど、お店は12月から翌年の3月まで冬季休業に入りますのでお気をつけくださーい・・・って云っても  なーんて思う人はほとんどいないんでしょうネ(笑)。

・・・・・☆

ということでこの日のREPはこちらをご覧くださいませ。<(_ _)>

・・・・・☆・・・・・☆

あとリンクの方にリブルさんのページ、山と温泉の風を追加しました。

低山高山に季節も問わず歩かれている豊富な山行記録と温泉の情報。それらが全て電車バスといった公共交通機関で行かれている所が凄い。ぜひご覧くださいませ。
 

|

« 鶴ヶ鳥屋山・・・参りました | トップページ | たまにはカラマツ林も・・・ »

【奥多摩 2005】」カテゴリの記事

【奥秩父・秩父・奥武蔵 2005】」カテゴリの記事

コメント

リブルさん、こんにちわ。

お体の方はいかがでしょう。ここ二週ほどで急に寒くなりましたから、私もちょっと風邪をひきかけましたがなんとか過ごせたようです。どうぞご自愛ください。

大日そばはもともと製材屋さんだったのをお店に改装してテナントさんを入れていたんですけど、あまりの僻地さに一年で逃げ出してしまい今はオーナーさんがやっています。ということで商売っ気はほとんどありません。

なので飲み物は店内の自販機で買います(笑)。日本酒はワンカップのみですけど、おそばは田舎系の結構美味しいものでした。機会があったらぜひどうぞ。(^^)

投稿: komado | 2005.11.26 22:28

komadoさん、こんにちは。リブルです。

ホームページへのリンクありがとうございます。

もう上の方は冬という感じですね。蕎麦は私も大好きなので、大日そばに立ち寄ってみたいです。更科系ですか?それとも田舎蕎麦系の方でしょうか?ついでにいい日本酒があると最高なのですが。^^;

先週から体調を崩して本日も家で寝てます。今日もいい天気。どこか出掛けられているのでしょうか。楽しい記録を待っています。

投稿: リブル | 2005.11.26 09:34

hillwalkerさん、こんばんわ。
グミノ滝の径路、hillwalkerさんなら問題なく歩けますよ。

こちら側は植林も多いんだけど、ワサビ田跡が多いせいか意外に明るく、雰囲気は決して悪くないと思います。大日そばも良いお店ですし、あのお店のおかげで三時間以上間があくバスも気にならなくなり、浦山側へ下りやすくなりました。(^^)

投稿: komado | 2005.11.22 23:39

グミの滝は行こうと思いつつ、なんとなく機会を逃していて先を越されてしまいました。教えてもらった蕎麦屋さんも気になっていたのですが。荒れ加減は他のレポから伺える範囲内のようですね。桜平近くの仕事道も前から気になっていたので、有難い記事です。
来年の、蕎麦がうまい時期にでも行けるかな。

投稿: hillwalker | 2005.11.22 12:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15040/7228738

この記事へのトラックバック一覧です: 山は冬の装い:

« 鶴ヶ鳥屋山・・・参りました | トップページ | たまにはカラマツ林も・・・ »