« 三ツ森・・・山は変われど | トップページ | 本社ヶ丸・・・宝鉱山からの新ルート »

2005.10.09

弱った。。。

b051009a
(今シーズンの猟の範囲・・・クリックすると大きい画像がでます

ちなみに↑上の画像、赤く囲まれた区域が猟の範囲ではない、というか猟の範囲とは限らないので、要注意!(私も早とちりしました) 今年は川苔や三頭山の北面は指定から外れ、石尾根南面のモクボ谷流域以外は日原川上流域、小川谷に限られているようです。

私にとっては新緑と紅葉の時期は日原・・・なので秋になると必ず日原に通っていたのですが、うちの掲示板でのKandaさんのご報告やHgさんの掲示板を覗いている人はもうおわかりの事でしょう。気がついた時にはもうすでに猟期に入っておりました(笑)。

去年は大々的に猟が入ると予想して9月の半ばからせっせと日原に入って、実際の始まりは11月。今年もそんな感じだろうとタカをくくっていましたが、どうやら悠長すぎたようです。

b051009b
(ちなみにチラシはこんな感じ・・・クリックすると大きい画像がでます

猟に関して云えばみなさんいろいろ意見をお持ちの事でしょうけど、私としては植生(特に下生え)の復活、そして夥しいまでにあったのシカの糞が一斉に消えたことを見ても、日原周辺に関して云えばその効果は認めざるを得ません。

ということで個人的には去年同様、基本的に期間中は猟区の立ち入りを自重しますが、長年紅葉の時期に通っている身として、紅葉の時期・・・しかも自然林が最も美しい日原核心部の紅葉狩りを完全に放棄しろと云われても、心ではなかなか納得いかないのもまた事実。なので天気、紅葉の進み具合、自分自身の都合などタイミング次第ではありますけど、一回に限り核心部に入るかも知れません。

それと今月に入ってからその核心部の照会が増えていますが、照会とともに猟の詳細・対策・裏情報などを教えてください、と云われることも増えてきました。しかし私としてはそういった情報は一切持ち合わせておりませんので、関係者とお友達になるとか、足で稼ぐとか・・・ご自分で努力されて情報を収集されるようお願い致します。<(_ _)>

あっ、あと猟の是非についてもこの場で議論する気は一切ありませんので悪しからず。
 
・・・・・☆

今回使った二つのチラシの画像、Hgさんの画像掲示板より頂きました。
ありがとうございました。<(_ _)>
 

|

« 三ツ森・・・山は変われど | トップページ | 本社ヶ丸・・・宝鉱山からの新ルート »

【奥多摩 2005】」カテゴリの記事

コメント

 2008に奥多摩の石尾根でスズタケの開花があったという情報を見てから、奥多摩で観察をしているものです。
 2009年は鷹ノ巣山と石尾根、六つ石山周辺で開花を確認しました。枯れた穂その他から開花は3年以上前から続いているようです。それで、ネットで過去の記録を探している所です。
 スズタケだけでなく笹やメダケの穂は結実、成熟が終わると急速に崩れ落ちるので、9月以降にその痕跡を見つけるのは困難です。
 鹿の糞はよく見ますが、2005年から駆除が行われていたのですか? その割には鹿をよく見る。えさが多いらしく、スズタケはあまり食われていないようですが。
 調べた感じでは、奥多摩地域すべてのスズタケは開花枯死するようです。2009年現在は7割近く枯れてしまっているけど。回復はかなり時間がかかるみたいです。チシマザサの開花枯死では枯死から完全に回復するまでに30年かかった見たいなので。スズタケも同じくらいかかると思う。
 回復途中に鹿に食われると、さらに遅れるので鹿が多すぎるなら頭数制限も必要なのかもしれない。それよりも、鹿の餌場を作るような、林業の実態も問題だと思うけど。

投稿: 笹の観察人 | 2009.08.17 19:13

mineraさん、こんばんわ。ようこそいらっしゃいました。(^^)
これからが藪山歩きのシーズンなのに、残念ながら日原の奥地は入りづらくなってしまいましたね。

チラシの画像を見る限り、ヨコスズ尾根・タル沢尾根以西の日原川流域は全て猟区に入っているのでタワ尾根は枝尾根も含めて全てビンゴということになります。

まぁ猟区自体は広いので毎週末毎週末全域で猟師さんが入っているとは考えづらいのですが、私の経験上、一番銃声が聞こえてくるのはタワ尾根と天祖山の南面です。しかも以前には篶坂ノ丸で出くわしたこともありますし。。。

罠も怖いですね。幸い私は見かけたことはありませんが、おそらく鹿の生態を見極めた上で仕掛けられるものですので、その辺りの知識がないと完全には避けられないでしょう。

せっかくコメントを頂いたのですが、この件に関して云えば安全は保証できませんとしか云えないのです。

mineraさんのサイト、拝見しました。猫の画像が多いのでナゴみ系かと思いきや、冬山もやられているのですね!今でこそ藪山はヴァリエーションとかいって<通ぶるツール>としてもてはやされているようですが(笑)、所詮はアウトサイダーですから、勘違いしたらイカンです。

そんな趣味に走った特殊なページですけど、こちらこそどうぞ宜しくお願いいたします。
 

投稿: komado | 2005.10.18 00:14

はじめましてmineraと申します。
奥多摩マイナールート大好きなものです。
鹿猟はこの前タワ尾根行った際に知りました。普通にタワ尾根歩いていましたが、気づいたのは芋の木ドッケでびっくりでした!
一応タワ尾根はなにもなかったような感じでした。ただ自動撮影カメラはおいてありましたが、これは普段は置いてあるのでしょうか。
今月末に材木小屋尾根から鈴坂丸へのルートを行こうかと思っているのですが、気をつけたほうがいいのでしょうか?罠が一番怖いです・・・。
奥多摩などのマイナールートを検索していましたらkomadoさんのサイトにたどり着きまして、参考にさせて頂いております。今後ともよろしくお願い致します。

投稿: Minera | 2005.10.16 00:08

Hgさん、わざわざ有り難うございます。
おそらくお言葉に甘えることになると思いますので、その節はどうぞよろしくお願い致します。

まぁ、日原の奥地に入れなくても、これからは奥多摩へもボチボチ通うつもりです。盛夏に行けなかった分もありますしネ。


ba_sobuさん。
確かにいつも白い帽子を被られていますね。
でもアタクシ、白いものはおそらくもっていないと思います。

だっていつも藪に入るから汚れちゃうモン(笑)。服がいくつあっても足りない??

投稿: komado | 2005.10.11 22:31

白いものを身につけていると、シカのお尻に間違われて撃たれるかも・・と いうことです。白い帽子も危ないのですね 気をつけないと。

投稿: ba_sobu | 2005.10.11 17:40

こんばんわ~
唐松谷や大雲取谷、酉谷も一応核心部かな
入る際はお気をつけて...事前にメール(HPで公開していない方の)をいただければ、数日お時間をいただければある程度の情報はお返しできるかもしれません。

>kuroさん
野陣尾根・権兵衛ノ頭周辺は鹿の食害による針葉樹の倒木や立ち枯れがひどく、以前より随分明るくなりました^^;

投稿: Hg | 2005.10.10 23:07

> 生態系が崩れているね

ホントにそうですね。人様が原因をつくっているからと云っても、もう放置はできない状況になっていますからしょうがないでしょうね。

でも3mもあるようなモミの大木がバタバタ立ち枯れているのを見ると、もう少し早く手をつけられなかったのかなー、とは思います。

でも奥多摩はニホンジカだからいいけど、御坂になると相手は特別天然記念物なカモシカだから。。。

投稿: komado | 2005.10.10 23:02

話はちと違うんだけどね、沢も鹿の被害で木々が腐って、土砂崩れとかで、問題になっているんだよ
生態系が崩れているね、

投稿: kuro | 2005.10.10 12:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15040/6711022

この記事へのトラックバック一覧です: 弱った。。。:

« 三ツ森・・・山は変われど | トップページ | 本社ヶ丸・・・宝鉱山からの新ルート »