« 矢岳・・・新緑眩しい | トップページ | そろそろ御坂通いが・・・ »

2005.05.06

奥多摩最奥の尾根へ

b050506a
(孫惣谷水松谷にて)

昨日(05/05)は5月恒例となっている新緑の日原シリーズ。今回は「奥多摩最奥の尾根を歩く」ということで、長沢谷最奥の二俣・・・桂谷と右谷に挟まれた長沢山南尾根を歩いてきました。

長沢谷の・・・しかも最奥の尾根へ行くのですから普通なら長沢谷の遡行が必須なのですが、持病のある私にとって沢歩きはかなりしんどい。なので去年のノーナギ尾根同様、孫惣谷から梯子坂ノクビレに上がって長沢谷へ降りる古道をとってみました。

b050506b
(孫惣谷ワサビ沢??出合にて)

孫惣谷といっても御供所(今はただのゲート)までは東日原から二時間近くの林道歩きがあるし、そこから水松谷へ降りる高捲き道が難所(道はしっかりしているが徒労感が非常に強い)で、個人的にはここまでがかなりしんどいです。

しかし水松谷に降りてしまえば、あとは素ん晴らしい~!としか云いようのない自然林のもと、沢に沿った非常に快適なルートで、天祖山の傷や採掘の音が玉にきずではありますが、新緑紅葉の時期になると歩きたくなってしまうルートです。

b050506c
(長沢谷桂谷右谷出合にて・目の前が長沢山南尾根)

んで、梯子坂のクビレからがこのルートの核心で、薄い踏み跡??を追って下りながら北へトラバースして、1662m峰南の1590m圏から西へ延びる尾根を捉えるのが本来のルート。

しかし今回は慎重に行き過ぎてしまい、ルートも捉えた尾根もイマイチ不明瞭でおかしいな~、って思いながらも惰性で下っていたら、登る予定の長沢山北尾根が間近に見えてきたので明らかにおかしい、ここで慌てて地図を出して確認したら実際は1662m峰の西尾根を降りていた(笑)。要はクビレからの下りが甘く、上の方をトラバースしていたので確認できる沢筋を見落としていたのです。

しょうがないのでここで南へトラバースして一つ南の沢(右谷の枝沢)に降りてみたら、水量のわりに渓が広いので難場はなさそうと勝手に判断。その枝沢を降りて右谷にでました。(よいこのみなさんは決して真似しないでください)

b050506d
(長沢山南尾根・長沢山直下のダケカンバ林)

枝沢の出合から下ればまもなく桂谷の出合で、ここが目的の長沢山南尾根の末端。

肝心の尾根はというと・・・長沢谷周辺の尾根をいくつか歩いた感触からあまり期待はしていなかったのですが、やはりその通りで(笑)、アゼビ茂る伐採跡の二次林が大半。上の方でようやく<らしい>コメツガなどの黒木が現れましたが、すぐに抜けてダケカンバ林に入ったと思ったらあっけなく長沢山でした。

b050506e
(篶坂ノ丸にて)

やはりこおなるだろうな~、ということは何となく察しがついていたので、あとは長沢山からタワ尾根の頭まで足を延ばして、タワ尾根を一石山神社まで一気に下降しました。

ちなみに新緑は篶坂ノ丸辺りで低木が芽吹き始めで、金袋山より下はもう盛り。ヤマザクラやミツバツツジが彩りを添えてこちらでも新緑の自然林を存分に堪能できました。

b050506f
(水源林巡視路・金袋山附近にて)

昨日は始発バスで日原に入って、帰りは最終バス。終日一人旅で(当たり前か)今年もこちらでたっぷり遊ばせてもらった。そんな思いです。(^^)(^^)(^^)

・・・・・☆

ということでこの日のREPはこちらをご覧くださいませ。<(_ _)>
 

|

« 矢岳・・・新緑眩しい | トップページ | そろそろ御坂通いが・・・ »

【奥多摩 2005】」カテゴリの記事

コメント

あはは。ほんと偏っているよね~(爆)。
とにかくkuroさん、毎度お世話かけますです。

奥多摩地区、もっと勉強してくださいよ。Hgさんのところで(笑)。
とにかく日原石尾根は自然林も多いから新緑は本当に見事です。子供の日なんかうっちゃってお山へゴー!・・・って訳にはいかないっスよね。
 

投稿: komado | 2005.05.16 21:17

ここにくると、奥多摩の地図を広げるわたしでした・・
そして書いてあるところを探すのに・・(-_-;)時間のかかること、新緑たのしませてもらったよん・・そして登山道の道なき道をたんのぉ~
私も奥多摩地区もっとべんきょうしないと・・
新緑本当にいい季節ですね・・

投稿: kuro | 2005.05.15 17:05

今年のGWは好天が続いたせいか、季節が一気に進みましたね。

そうか。このサイトもその流れにリンクしていたのか。こおいうのはやっている本人は意外に気がつかないもので。。。

そうか・・・そうか・・・ありがとう。
 

投稿: komado | 2005.05.08 23:03

アカヤシオから たてつづけに更新されていますね、綺麗なページがどんどんめくられてしまうので、まってまって、という感じです。

この ページの進み具合は 春の自然の進みとリンクしているわけですから、ほんとうに 季節がどんどん 過ぎていってるってことなんですね。当たり前のことですが 記事に対してなら 進みが早いよ~ 待ってくれ~  と (いうだけは)いえますが (笑)  自然に対しては、何も言えない。でも、
ちょっと まってぇ、まだ、ちゃんと見ていないよ~・・ 

季節感溢れる写真と記事 ありがとうございます。
でもでも、今回は あっという間に更新された。嬉しいけれど、惜しい気もします。ほうんとうに。

コメントじゃなくて 一読者のつぶやきでした。

投稿: ba_sobu | 2005.05.07 00:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15040/6710992

この記事へのトラックバック一覧です: 奥多摩最奥の尾根へ:

« 矢岳・・・新緑眩しい | トップページ | そろそろ御坂通いが・・・ »