2005.09.30

万助小屋へ

b050929a
(御田ヶ原分岐附近から山頂を振り返る)

御田ヶ原の分岐からを左にはいると、銀座通りとも云いたくなる今までの様相とは一変。一気に人けなくなり、見慣れたはずの雄大な草紅葉の斜面も今までとは違うように見え出すから不思議だ。

そして途端に足許の花々が増え出したのもまた嬉しい。エゾオヤマリンドウにウゴアザミ、ミヤマアキノキリンソウ、ミヤマリンドウ、ウサギギク、ハクサンシャジン、チョウカイアザミもなんとか間に合った。それになんとハクサンイチゲも! もしやと思ったチングルマはさすがに綿毛まで(笑)。それにつけてもみんな久しぶりに見る顔ぶれだ。

b050929b
(御田ヶ原分岐附近から・右は鍋森)

途中で出逢った地元の方に万助道を降りると云ったら、ひどく心配されてしまった。

でも蛇石流の分岐に降り立ち、蛇石流沿いにしばらく下ると右岸に道は難なく見つかり一安心。右手の尾根が緩くなると道は尾根上に上がり広々とした草原に飛び出す。ここが仙人平。

辺りはすっかり黄葉し黄金色の世界。流れるガスをボーっと見ながらただただ佇んでいると、向こうから

「お~い!」

と声が聞こえてきた。さっきの人だ。蛇石流を挟んだ向かいの千畳ヶ原に姿も見える。確か滝ノ小屋へ戻るとか云ってたっけ。私もちょっと嬉しくなり

「おーい!おーい!!」

と叫んで両手を振る。
するとさっきの人は安心したのか、歩き始めたので、私も先を行った。

b050929c
(蛇石流を見下ろす)

草原を過ぎ、灌木帯に入るとネマガリが被り始めるが下道はしっかりしている。でもそれもドッタリと小屋の中間点ぐらいまでの辛抱。灌木から高木帯に変わると藪も収まり、万助小屋に着いた。

小屋は年代物だが窓枠に周囲のベンチはペンキが塗り立てと云った感じで、しっかり管理されていることは容易に想像できる。

そして中に入ると、床は張り替えられてきれいだし、美味い水が引水してあるし、石炭ストーブはあるし、灯油ランプもあるし・・・と至れり尽くせり。さっそく二階に上がって小屋のノートをパラパラ見ながら水割りをちびり。

ノートには酒田工山岳部の方々がメインとなって管理されている様子が克明に記されてあり、胸が熱くなってしまった。さほど人の入らないコースなのにこれだけ愛情を注いで管理をされている小屋は本当に貴重で素晴らしく、頭の下がる思いだ。

b050929d
(仙人平から千畳ヶ原の草原)

いつの間にかうたた寝をしてしまい、ふと目が覚めると遊佐の夜景が見えた。
明日もいい天気になりそうだ。。。

b050929e
(こりが万助小舎)

・・・と思ったら、翌日は朝からしっかりとした雨。予想外の天気に少々まごつき7時半になってようやく出発。道はすでに沢と化していた。

少々心配していた渡戸から一ノ坂の道も実際はしっかりしており迷いようが無く、万助小舎から二時間弱で採石場の脇といった風情の一ノ坂に着く。

あとは道路を歩いて遊佐駅を目指すのみ。頭を垂れた稲穂が美しい水田の中を延々と歩いて、駅まではこれまた二時間ほどの道のりだった。
 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.09.27

鳥海山へ転進 (^^;;;

b050927a
(御浜から鳥ノ海、バックにうっすらと月山)

お彼岸の三連休は8年ぶりに飯豊へ行くつもりだったのですが、まえの3連休の好天続きが仇となり?南東北以南の天気がどうも思わしくない。ということでかなり悩んだ末、秋雨前線のかからないであろう鳥海山を歩いてきました。

鳥海山は11年前にツーリング途中に祓川から往復したのが唯一だったので、今回は前日に鉾立に入り、登路は御浜~千蛇谷とごくごくノーマルなコース。もくろみ通り好天に恵まれ、気分爽快の山行きとなりました。(^^)

b050927b
(賽ノ河原にて)

b050927c
(稲倉岳も気になる存在・御浜から)

祓川からと違って、鉾立からだと山のスケール感が格段に違うのが最初の印象。

日本海や雲海に浮かぶ山々を眺めながら、伸びやかな斜面をゆるゆる歩くのは文句なしに気持ちいいというか、こんな事自体があまりに久しぶりのことで、しばらくは夢を見ているようでもありました。

b050927d
(千蛇谷にて)

とはいえ、七五三掛(しめかけ)から千蛇谷に降りて最後の登りになるとそんな気分も吹っ飛び、ただただ上り詰めるのみ。外輪山内壁の様子も正気にさせるには充分な迫力だったかも。このコースは千蛇谷を詰めていくのかと思ったら、夏道は右岸の草つきについていました。

b050927e
(本社から新山<ではない>方面)

やっとこ本社に着いたら休む間もなくさっそく参拝。でもシーズンオフだったので御札を買えずに少々ガックリしつつ新山~七高山と回って、外輪山の一角でのんびりお昼寝。

一時間半ほど寝てふと本社の方を見てみると、そこは色とりどりの人人人であふれかえり、下からも人の列がぞろぞろ続いている・・・さすがは深田百名山&一大観光地といった所か。鉾立前泊にしたのはこれまた正解だったかもしれません。

b050927f
(七高山から外輪山)

b050927g
(下りしな、七五三掛から扇子森方面)

んで、あとは外輪山を降り御田ヶ原に戻りました。

そしてこの先が今度鳥海に行く時は・・・とず~っと思っていたコースでしたし、実際も今回の山行きで一番印象に残った所でもありました。

・・・つづく。(^^)
 

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005.08.03

佐渡で寄り道 (^^;

b050803a
(両津港からうっすらとドンデン山)

「その他の山域」なんて一年半ぶりだわ・・・

ということで、先週末は所用で佐渡に行っていたのですが、先週山歩きが出来なかったこともあって、ちょっと抜け出して軽~く山歩き。花の山で有名なドンデン山を登山ならぬ下山してきました(笑)。

b050803b
(最高峰の尻立山・・・蟻ヶ峰より)

今回は両津から新しいドンデン山荘までタクシーを走らせ(¥5700弱)、ドンデン山周辺を散策したあとアオネバコースを降り、両津までひたすら歩く・・・というもの。

盛夏だし、花の最盛期自体がGW頃とあって人出は本当にまばらで、お花の方もそんな状況と同じくでやはりさみしく、エゾアジサイにキリンソウ、イブキジャコウソウ、ヤマハハコ、ホツツジが目立つぐらい。春はこの草原、どんな花が咲くのでしょうね。

それより近づくと逃げてくれるとはいえ、放牧された牛が威圧感たっぷりで慣れるまでかなり怖かったです(笑)。

b050803c
(牛さんは下りが苦手のようです)

こちらも春はかなり凄いらしいアオネバコースも↓のような感じ。とはいえ春の凄さを垣間見られる箇所もあり、今回歩いたら花の時期にも歩きたくなってしまいました。

ドンデン池近くの避難小屋を使えることがわかったので、ここで一泊して金北山へ抜け、相川でもう一泊できたら最高でしょうか。今回の山は今ひとつでしたが、佐渡自体の素晴らしさもわかったので来年はもしかしたらというかヒマを作って絶対に行こうと思っています。

b050803d
(ユブって??・・・アオネバコースにて)

ちなみにアオネバ十字路から登山口までは下り45分。そこから両津港までは1時間半でした。確かに長かったけど、日原川や小川谷の林道を下るよりは遙かに楽です(笑)。

オレも来年は・・・雑草状態のかたくりにしょうじょうばかまにおおみすみそうにきくざきいげにさんかようんにしらねあおいに・・・ぜったいに見に行くぞ~! がぉ~っっ!!
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.08

ba_sobuさんの朝日連峰(^^)

b040708a.jpg
(うわ~ん、以東岳だぁ 。・゜゜・o(iДi)o・゜゜・。)

ふふふ。今回はとくべつきかく。(^^)
ba_sobuさんご夫妻が先週歩かれた朝日連峰のアルバムをつくってみました。お隣→のマイフォトにお山篇お花篇の二つありますので、よろしかったらご覧くださいませ。

「山は東北~」な私もバイクを手放してからはなかなかそちらへ行けなくなってしまったし、今年のお花のシーズンもそちらへ行けそうになかったので、今回ちょっとお願いしてみました。それに「花のひかり」といいつつお花の話もほとんどないですしね(笑)。

b040708b.jpg
(ひめさゆり。もう、かれこれ4年も逢ってない・・・)

ba_sobuさま渾身の?お写真60枚弱。いちおう夏場限定企画のつもりでございます。あと、ご覧になられたみなさまにおかれましてはお花の名前などいろいろ教えてもらえると嬉しいです。

# オレも今夏はこれでガマンだ・・・(笑)
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.02.11

久しぶりの安倍奥・・・青笹 (02/08)

IMG_3710.JPG

楓小屋にみんな集まり酒盛り?の翌日は無風・快晴な絶好の山日和。
富士に南ア・深南部はもちろん、遠くは浅間山まで見えました。

IMG_3668.JPG
(新道分岐附近からの富士)

IMG_3721.JPG
(1558m峰から・・・奥は笊に悪沢・荒川、赤石)

IMG_3733.JPG
(仏谷山<△1503.6m>附近にて・・・)

おかげでいい週末を過ごすことができました。
みなさん、ほんとうにありがとう。(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.02.09

久しぶりの安倍奥・・・十枚山 (02/07)

b040207a.JPG
(中の段から。ここからでも雪はまったく見えません)

低山帯ながら奥多摩と同じ感覚ようなで行くと痛い目に遭うのが冬の安倍奥のシビアなところ。が、十枚でも雪は先週の鍋割山より少なく、六郎木からの1300m近い標高差も二時間半であっけなく山頂でした。安倍奥ってホントに急峻だわ~。

b040207b.JPG

歩き出しは汗をかくぐらいだったのに登るにつれ曇ってガスりだし気温は急降下。強風にも吹かれて山頂の気温は-5℃でした。
おかげでパンを食べて写真を撮るのが精一杯で、十分ほど居ただけでで早くも下山開始(笑)。十枚峠経由で一時間とかからずに中の段へ降り、ほりばさんの出迎えを受けました。(^^)

◆直登コース・・・中腹に雪はありませんが、道筋に沿ってシッカリと凍っており通過には慎重を要します。(特に下りは)
 

詳しい?REPはこちらにUPしました。よろしかったらご覧ください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

◆ カテゴリーのご案内 | 【その他の山域 2004・2005】 | 【その他の山域 2006】 | 【その他の山域 2007】 | 【その他の山域 2008】 | 【その他の山域 2009】 | 【その他の山域 2010】 | 【その他の山域 2011・2012】 | 【その他の山域 2013】 | 【その他の山域】 | 【前道志・道志・丹沢 2004】 | 【前道志・道志・丹沢 2005】 | 【前道志・道志・丹沢 2006】 | 【前道志・道志・丹沢 2007】 | 【前道志・道志・丹沢 2008】 | 【前道志・道志・丹沢 2009】 | 【前道志・道志・丹沢 2010】 | 【前道志・道志・丹沢 2011】 | 【前道志・道志・丹沢 2012】 | 【前道志・道志・丹沢 2013】 | 【前道志・道志・丹沢】 | 【大菩薩・権現山稜 2004】 | 【大菩薩・権現山稜 2005】 | 【大菩薩・権現山稜 2006】 | 【大菩薩・権現山稜 2007】 | 【大菩薩・権現山稜 2008】 | 【大菩薩・権現山稜 2009】 | 【大菩薩・権現山稜 2010】 | 【大菩薩・権現山稜 2011】 | 【大菩薩・権現山稜 2012】 | 【大菩薩・権現山稜 2013】 | 【大菩薩・権現山稜】 | 【奥多摩 2004】 | 【奥多摩 2005】 | 【奥多摩 2006】 | 【奥多摩 2007】 | 【奥多摩 2008】 | 【奥多摩 2009】 | 【奥多摩 2010】 | 【奥多摩 2011】 | 【奥多摩 2012】 | 【奥多摩 2013】 | 【奥多摩】 | 【奥秩父・秩父・奥武蔵 2004】 | 【奥秩父・秩父・奥武蔵 2005】 | 【奥秩父・秩父・奥武蔵 2006】 | 【奥秩父・秩父・奥武蔵 2007】 | 【奥秩父・秩父・奥武蔵 2008】 | 【奥秩父・秩父・奥武蔵 2009】 | 【奥秩父・秩父・奥武蔵 2010】 | 【奥秩父・秩父・奥武蔵 2011】 | 【奥秩父・秩父・奥武蔵 2012】 | 【奥秩父・秩父・奥武蔵 2013】 | 【奥秩父・秩父・奥武蔵】 | 【御坂・天子・富士 2004】 | 【御坂・天子・富士 2005】 | 【御坂・天子・富士 2006】 | 【御坂・天子・富士 2007】 | 【御坂・天子・富士 2008】 | 【御坂・天子・富士 2009】 | 【御坂・天子・富士 2010】 | 【御坂・天子・富士 2011】 | 【御坂・天子・富士 2012】 | 【御坂・天子・富士 2013】 | 【御坂・天子・富士】 | つれづれ | つれづれ 2004・2005 | つれづれ 2006・2007 | つれづれ 2008・2009